1
/
5

What we do

在宅医療介護連携情報共有システム
今後も積極的に事業拡大していきます。
■社会保障分野特化型のクラウドサービス カナミックネットワークは介護事業所や病院、自治体向けの社会保障分野に特化したクラウドサービスを提供しています。http://www.kanamic.net 在宅医療の最前線で活躍する医師・看護師、日本トップクラスの介護事業者、他地域に先駆けてテクノロジーを活用する自治体をクライアントに日々成長を続けています。  今後、ヘルスケア分野でのサービス展開を検討中。 ■医療向けシステム http://www.kanamic.net/medical/ 「最期まで自分らしく暮らしたい」という1人の患者の願いを叶えるためには医師、看護師、薬剤師、ヘルパーなど多くの職種・法人がチームとなります。カナミッククラウドは業界に先駆けて患者情報をパーソナルヘルスレコード(PersonalHealthRecord)として医療介護のプロフェッショナルがチームで情報共有出来るクラウドサービスを開発しました。 ★開発事例★ ・「東京都多職種連携ポータルサイト」 地域の医療・介護関係者間や病院との連携を支援。 https://www.kanamic.net/topics/press-release/2019/press-release191028.html ■介護向けシステムhttp://www.kanamic.net/care/  2021年は介護DX元年。スマホ/タブレットでの業務記録は当たり前の時代になり、今後は膨大に蓄積された介護データを”活用”して、最適なケアをパーソナライズする仕組みが必要とされます。IoTやAIを組み合わせた次世代の介護システムを開発してます。 ★開発事例★ ・総務省「平成30年度予算 IoT サービス創出支援事業」に参画 http://www.kanamic.net/topics/press-release/2018/press-release180620.html ・「カナミックかんたん介護記録アプリ」QRコードを読み取るだけで介護記録をスムーズに http://www.kanamic.net/topics/press-release/2020/press-release20731.html ・弁護士ドットコム株式会社『クラウドサイン』とのシステム連携および販売で業務提携 http://www.kanamic.net/topics/press-release/2020/press-release20624.html ■子育て支援システム http://www.kanamic.net/child-care/ 子育て中の保護者と支援する行政機関をサポートするクラウドサービスです。 役立つ情報を「伝える/受け取る」、困っていることを「相談する/支援する」など地域ぐるみの子育てをサポートします。 ★開発事例★ 自治体向け「要支援要保護児童等リスクアセスメントAI評価システム」 独自開発のAIにより支援を必要とする児童を早期発見。 https://www.kanamic.net/topics/press-release/2020/press-release20709.html

Why we do

在宅医療の専門チームの為の情報共有ツール
近い将来、2025年に団塊の世代が75歳を迎え、多く方々が要介護状態になっていくと推測されています。 私たちはカナミックネットワークは“住み慣れた地域で自分らしく最後まで生きる”「地域包括ケアシステム」の構築を社会に広げるために「超高齢社会における地域包括ケアをクラウドで支える」というミッションを掲げています。 医療・介護・健康の情報をリアルタイムに「情報共有」して「コミュニケーション」「利活用」ができるICTプラットフォームを提供することで、患者・家族がより質の高い医療・介護サービスを受けられることを目指して事業展開しています。

How we do

■カナミックネットワークは2000年に創業 広告業界のクリエイターだった創業者が介護保険制度のテレビCMを制作したことをきっかけにして、 医療・介護従事者の方が日々活用するインターネットメディアを目指して2000年に創業しました。 (2000年はGoogleやAmazon.co.jpが日本でのサービスを開始した年でもあります。) ■社員数は約60名程。少数精鋭のメンバーで運営 事業拡大フェーズへ 「この技術でなにができるか」ではなく『この先の日本では何が必要か。』というビジョンからシステムとサービスの向上に努めており、国が主導するプロジェクトに参画するなど、公的な役割も担っており、社会的貢献度の高いサービスを提供しています。  2018年には医療・介護・子育て分野に特化したクラウドサービス専業メーカーとして東証一部上場しました。事業拡大に合わせて積極的にメンバー募集しています。 ■中国出身のエンジニアも活躍しており、中国の大連市には開発拠点としての子会社を設立しています。(※コロナ禍前は、社員旅行として大連市に行き、日本と中国の社員同士の交流も企画されました。) ■その他ポイント ★テレワーク実施中! ★最寄りは恵比寿駅。会社のある恵比寿ガーデンプレイスタワーまで雨に濡れません。 ★ZOOMランチ会やってます♪ランチ費用補助!好きなものを食べながら参加しています。