1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

若手SE × 代表入江 対談「社長の一言が背中を押してくれた!海外留学記」

こんにちは。ITインフラ事業本部 人事の石田です🤔

今回は、コクーのイケメン担当のOさんが
会社を3ヶ月休職して海外留学されていたので
留学しようと思ったきっかけをはじめ、留学時のことなど色々聞いてみました!

題して、「社長の一言が背中を押してくれた!海外留学記」

なんと社長初登場!!もう登場していると思っていましたw
Oさんは、前職は営業職でしたが、
当社の技術研修VeXUS(ベクサス)を受けて、エンジニアへ転身。
現在は、期待の若手エンジニアの一人として活躍しています!

「飲みにケーション」を発信しているのもOさん!
この対談の後も、社長と飲みにケーションしに行かれてました w

プロフィール
氏名:O
入社日:2018年3月1日
年齢:26歳
所属事業部:ITインフラ事業本部
職種:エンジニア
   ・Windows10マスターイメージ作成
   ・VDI端末増設
   ・クライアント端末入れ替え156台
留学先:カナダのバンクーバー
留学期間:3か月間

留学をしたい!と思ったきっかけは?

「一度きりの人生、狭い世界で知らないことがたくさんあるままで過ごしたくない。」と考えたときに、
日本を出て、文化も言葉も違う外国で生活をすることで見るもの触れるもの全てが新しい環境となり、自分にとって一番刺激となると考えたからです。

人生の終わりを迎えるときに、「あれをやっておけば良かった。これをやっておけば良かった。」と考えたり、後悔をしたくなかったというのが大きかったですね。

留学することをどのように会社に伝えたのか。

「やりたいことを残したまま、歳をとりたくない。」
社会人になってから仕事に追われる毎日で、狭い視野のままで生きていることに気づきました。
まだ若い今だからこそ、一度視野を広げ、モノの考え方や捉え方が変えられるような体験をしたい。
そして、新たな視点を持ち、前向きに業務に取り組みたいと説明しました。

社会人になってから留学するって結構勇気がいるのでは?

入江社長から、会社を休業して留学に行くという行為に引け目は一切感じず、
会社の新しい働き方として「ロールモデル」になるつもりで堂々と行ってこい!
と背中を押してもらったので。
(石田の心の声:よ!社長!かっこいいぞw)

留学するにあたり大変だったことは?

まず、準備期間としては、約5ヶ月間でした。
留学が短期間の3ヶ月という事もあり、無駄な時間にならないよう
現地のことを事前に徹底的に調べ「やりたいこと」「行きたいところ」をリストアップしました。

基本的に現地調達でなんとかなる留学先だったので、
特別持っていった方が良いものなどはありませんでした。
あとは、エージェントを一切使わずに全ての手続きを自分一人で完了させて留学に行ったので、
自信にもなりましたし、費用面はかなり抑えられましたね。

留学中に大変だったことは、カナダからアメリカに遊びに行ったときに、
VISAをカナダの自宅に忘れてきたことです・・・。
かなり焦りましたね。
なんとかつたない英語で説明をして、信じてもらい無事に入国できましたが、
荷物を全てカナダに置いたまま日本に強制送還されるとこでした。

日本とカナダの違いや驚いたこと、改めて日本の良さに気づいたこと。

カナダは移民が非常に多く、いろいろな国籍の人がいる環境だったので
どこの国籍の人だから、といった偏見もなく、
言葉が通じないときも優しく教えてくれる場面がたくさんありました。

あとは、LGBTにも非常に寛容な地域で、みなさん個性丸出しで人生を謳歌しているように感じましたね。働いている人たちも、家族との時間を大切にした働き方を心掛けており、
疲れた顔をしている人がほとんどいなかったです。
日本のサラリーマンも見習わないといけませんね。笑

日本の良さは、なんといっても食事です!
海外にも美味しいものはたくさんありますが、日本食のクオリティに勝るものはないと思います。
吉野家の牛丼をバンクーバーで食べようとしたら、1杯1000円ぐらいしますよ。
安い値段で、美味しい食事を提供してくれる日本が当たり前だったので、
改めて日本の良さを実感できましたね。

留学先での生活はどうだったか。

語学学校に通いながら、現地の日本食レストランに就業して、住居はシェアハウスで過ごしていました。
ルームメイトは、日本人3人、韓国人2人の計5人で、
そのうち女性は2名でした。テラスハウスみたいですね。笑
高級マンションの1室の家賃をシェアして住むような感じでした。

私の居住部分はリビングスペースでした。
建物自体は夜間も警備員がいる環境だったので安心して過ごせました。
ちなみに家賃は、月6万円ぐらいでした。

留学して自分の”人生観”は変わったか。

自分自身の視野が広がったせいか、とても人に優しく接することができるようになりました。
色々な国の人と接し、考え方や文化を学ぶことで、
受け入れられる許容範囲が広がったことが理由だと思います。

留学の経験が、今の自分にどう活きているか。

留学の準備、現地での手続き、全てを自分自身で完了させた留学だったので、
「できないではなく、どうすればできるようになるか」という考え方が身につきましたね。
これは、現在の日々の業務にも活きていると思います。

留学して叶えたい、実現したいと思っていたことは達成できたか。

留学前に作成したやりたいことリストは、全て達成して帰国したので大成功です!!
ただ、留学中に現地のことを知っていくうちに、行きたいところが増えたので、
その場所に行けなかったことが心残りです。
オカナガンのワイナリーを周って試飲だけでベロベロになるとか、
イエローナイフでオーロラ見るとか・・・。
まぁ、そこには今度旅行で行くことにします。

留学先で知り合った方々と今でも繋がっているのか。

SNSで繋がってます。
現地で知り合った日本人はもちろん、韓国人、スペイン人、ブラジル人、カナダ人、コロンビア人など
色んな国籍の友達と今でも連絡をとってますね。
日本に遊びに来た海外の友達や、日本に一時帰国した友達とも連絡を取り合って空港に迎え行ったり、
何回か遊びました。

留学あるあるは?

留学生は若い子(18~22歳)が多いということですかね。
若いうちにこんな素晴らしい事を経験できるなんていいなぁ。
なんて思いましたが、そこに引け目は感じる必要はないと私は思いました。

この年齢、そして社会人だからこそ、留学に行って考えることや感じること、
自身で稼いだお金で無駄のないように過ごすようになれたと思います。
留学のタイミングが学生だからいい、社会人だからいいではなく、
どのタイミングで行っても必ず得るものはあると感じました。

これから留学を考えている方にメッセージを!

自分がやりたいと思っていることは、やるべきです!
誰かの為に生きるのもいいですが、疲れませんか?
自分のために好きなことだけをやる時期があっても良いと思います。
だって自分の人生なんですから。
一度きりの人生、楽しく生きましょう!!

P.S. 留学は費用が高いイメージがあると思いますが、やり方次第で抑えることは可能です。少なからず相談には乗れると思うので、気軽にお声がけください!

イケメンOさんと社長の対談は以上です!
若手社員との対談に社長もニヤニヤでした。
Oさんも言ってましたが、社会人になったこのタイミングで留学に行ったことが
彼の中で大きかったのかもしれません。
今期とても主体的に活躍しているOさん!今後の成長がとても楽しみです。

みなさん!一度きりの人生、楽しく過ごしましょう!!

コクー株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more