1
/
5

社長が語る、パートナーズのこれまでとこれから。

「生き切るために」
震災をきっかけに、変わった想い。

――どういう想いでパートナーズを立ち上げたのでしょうか?

きっかけは、2011年の東日本大震災でした。

当時も東京で働いていて、現地のボランティアに行ったのですが、
テレビで流れていた情報よりも遥かに、想像を絶する状況に驚きました。

海沿いのエリアで家中の泥を出し、
掃除をするのが僕たちのグループの役目だったんですが、
ドアもない、窓もない、泥まみれ、そんな家に一人のおじいちゃんが住んでいました。

お昼ご飯を食べている時に、そのおじいちゃんに
「仮設住宅に行った方がいいんじゃないですか?」
って、なんとなく聞いてしまいました。

そうしたら、

「俺はここで死ぬんだ」

と、おっしゃいました。

理由を聞くと震災時に奥さんと息子さんとお孫さん自分以外のみんなが家にいて亡くなってしまったそうなのです。


――なんとも言えない感情になりますね・・。

そうですね、うまく表現できないです。

それで車での帰り道、6時間ぐらいですかね。
「生きる」ってことに対してリアルに考えました。

家もある、給料も結構もらえている、何不自由のない生活を送っていました。
でも、何かひとつ不満があるとすれば、
もともと決めていた「会社をつくって社長になる」ということをしていないということ。

社長にならない理由が、成功するか分からないから怖い、だけなら別にいいと思いますよ。
そうではなくて、自分でやれる自信はあったんですよね。
やれる自信もあるのにやっていないことに関して、「生き切れてない」って思いました。

そこで、起業の決心がつきました。

自分のキャリアの全てである投資用不動産を通じて、困っている人の手助けをする。
信じられない光景を目の当たりにして、何ができるのか考えていたら、
たどり着いたのがこの答えでした。

そんな想いで、パートナーズの立ち上げに至りました。


――なるほど。大きなきっかけがあったのですね。
創業当初、どんな会社にしたいと思っていましたか?

「教育」に力を入れようとは思っていました。

宅建ってありますよね?不動産の国家資格です。
医者って、医師免許がないと手術できないじゃないですか。

でも不動産って宅建取ってなくても仕事ができてしまいます。不思議ですよね。
一人持っていれば4人雇用できる。
つまり、その4人は持っていなくてもいい事になっています。
事実、持ってない人ってすごく多いです。

サラリーマンの時からずっと不思議に思っていました。

仮に僕が医者で、「あなたは癌です。」と言ったとするじゃないですか。
そしたら恐らく、「マジで?」ってなるじゃないですか。
でも、僕が医者じゃないって分かったとしたら
「え、どっち?」ってなるじゃないですか。

何が言いたいかと言うと、プロかプロじゃないかの差です。

だからそういったところから変えないといけない。
そういう業界ってことは元から分かっていたので、お客様が安心できるように、
社員には宅建含め他の資格もしっかり取ってもらっていますね。



他には見ない、一気通貫の事業展開。
まさにお客様の「パートナー」

――パートナーズの「会社」「事業」の強みを教えてください。

会社の強みで言ったら、間違いなく「人」です。

一人で出せる力がMAXで10だとしたら、10人いる場合は100になりますよね。
でもパートナーズ社員の場合は、10人いたら200の力を出せます。
個々の仕事って結局は個々に責任がありますけど、
そこをみんなでカバーできるというのがパートナーズです。

そういう意味でやっぱり人ですね。うちのカルチャーです。

事業の強みとしては、
仕入れと販売どちらもしていることですかね。

投資用不動産の販売をやっている会社は多いです。
仕入れをやっている会社も多いです。

一方で当社は、仕入れて販売もできます。
こういう会社はほとんど無いですね。

かつ、一気通貫で資産運用を完結できるレベルまで持っていける。
そこも強みですね。

一般的な資産運用のポートフォリオって
「現金」「株」「不動産」「保険」でだいたいは収まります。
パートナーズだけで、これを全てカバーできます。

クラウドファンディング、投資用不動産、インシュアランス。
インシュアランスに関しては、グループ会社を創りました。

そこの社長に置いたのが、プルデンシャル ジブラルタの元社長。
大物とも言える方も迎えて、
資産運用の総合アドバイジングカンパニーとして今やっています。


――完全にワンストップというのは、お客様としても嬉しいですよね。
昨年立ち上げたクラウドファンディング事業の狙いは?

投資リテラシーを高めてもらうためですね。

不動産投資は、無理してやる必要はありません。
ただ、何かはしなきゃいけない。
年金がもらえない、より一層の高齢化で世界第2位の長寿大国、そんな問題がどんどん加速しています。
しかもこの4ヶ月で国の借金が8兆円増えています。

ちなみに、日本の個人金融資産は1,800兆円ありますが、
そのうち1,000兆円が現預金です。
それぐらい日本人は投資を恐れているという現状があります。
これは、投資を恐れてしまうような教育、環境下にいるからだと思います。
預金が全てだと思ってしまっている。
それでもみんな年金がもらえないことに対して、「国が〜」とか言うじゃないですか。

それが嫌だったら何かしないといけない。

・本業で給料を上げる
・副業して稼ぐ
・資産運用で増やす

この3択しかありません。

本業・副業に関しては、自分の時間を100%使いますよね。
でも不動産は、当たり前ですが特に時間を使いません。
資産運用をいかにできるかなんです。
この半年間で、世界のお金が一番不動産に流れた国って、実は日本なんです。
ものすごいお金が入ってきています。
でも結局、外国人に買われています。
日本の人はずっと様子を見ているだけ。

まずは何か動かないと、変わらないですよね。

でも、数千万円の買い物がすぐできないのは分かります。大金ですから。

じゃあもっとカジュアルに、
「1万円だったら?」ということで始めたのがクラウドファンディングです。

まずは、
「投資リテラシー」と「行動してもらう」
ということを広めたいですね。




――日本人の考え方すら変えていく事業ですね。
将来的に考えている事業展望はありますか?

学校を作りたいんですよね。


――え、学校ですか?

はい。学校じゃなくてもいいですけど、教育の場ですね。

そしたらさっきの話もなお、分かりやすいと思います。

当社にいらっしゃるお客様でも、「やりたいけど何も分からない」という方はかなりいらっしゃいます。そういう人達にまず教えていくっていうのも一つだと思いますけど、資産運用の全体を通じて、パートナーズで根底から学べる形をつくっていきたいですね。


「ラーメン屋をやると言っても、一緒にやります」

あと、将来に関してのエピソードが一つあります。

たしか2019年新卒の会社説明会のときですね。
私と、人事と、広報と、他にも先輩社員が参加していたのですが、
学生さんから「会社が潰れたらどうしますか?」という質問が、
ふと飛んできました。

先輩社員が答える回で、なんと答えるのか気になりましたよ!

そしたら、
「不動産はもうだめだ、ラーメン屋やるぞ!って社長が言ったら、みんなでラーメン屋をやります。」
って。

「保険会社をやると言ったら保険やります。アパレルやるって言ったらアパレルやります!」そう言ってくれました。

その理由が、
「このメンバーだったら何をやってもできると思う」ということでした。

先輩社員3人が3人ともこう言ってくれて、けっこう嬉しくてですね。
手前味噌ですけど、実は僕も同じこと思っていて。

今、不動産の業態を剥がしてこのメンバーで別のことやっても、うまくいくと思っています。
そういう自負があります。

だからそれって、とどのつまり、人じゃないですか。
うちの「人」の強さを感じますね。


――素敵なお話ですね・・・!それだけ信頼し合えている証拠ですね。
実際に別の業態を考えてみるのも、面白いかもしれないですね。

実は、どんどん新しい事業を増やしていく中で
資産運用に留まらなくてもいいなって思っている自分もいます。

先ほど話した学校もそうですが、最近は「漁業」に興味があります。
不動産も学校も全然関係ないですよね(笑)

第一次産業は参入してみたいですね。担い手もいないですし。
例えば、無人の船。
テクノロジーを駆使すれば、リモコンで運転して沖合まで出て、勝手に網で釣って戻ってくる。
これって多分できるじゃないですか。

それで役員・部長のグループLINEに、
「漁業やりたい」って言ってみました。
そしたら一人の部長が「世界観が広がりますね」って言ってくれたのですが、
あとは全員スルーでした(笑)
さすがに飛びすぎた感じですかね・・。

でも面白いと思っているので、興味を持ち続けますよ、僕は。


――パートナーズには、どんな方に来てもらいたいですか?

我々が選考で重視している「三種の神器」

・素直
・謙虚
・努力できる

まずここを選考で見ます。


あとはポジティブな人が活躍しているので、そういう人にも来て欲しいですね。
別にネガティブが悪いわけではないです。ネガティブに思うことも必要ですけど、
ネガティブをポジティブに変換できる考え方が大事ですよね。
そのためには、やっぱり思考を止めないことですね。


――最後に。

うちに面接に来る人がよく「すごく楽しそうな雰囲気ですね」っておっしゃいます。
ブログや Facebook を見たら、そりゃ楽しそうですよね。
「仕事がきつくて泣いています」 なんてシーンをUPする訳ないです(笑)

何が言いたいのかと言うと、バックストーリーを理解して欲しいです。
なんで楽しいのか、なんで感動しているのか。

「きついことを乗り越えているから」
それ以外にないじゃないですか。

そこはきちんと理解してほしいですね。

このご時世に、そんなきついことしたくないって思っている人は、
うちには正直向いてないと思いますよ。

それでも『越えてみせる』とか『人生変えたい』とか
そんな方はウェルカムです!
とことん、付き合いますよ!!

株式会社パートナーズ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more