1
/
5

人生を賭けた挑戦と、教育に対する熱い想い。コンサルティング事業部の部長が語るパートナーズ。

パートナーズに賭けた想い。
全力で仕事ができる環境を求めて。

――なぜパートナーズにジョインしたのでしょうか?

前職も同じ不動産業界で営業をしていたので、もともと知り合いである代表の吉村とは定期的に食事に行ったりしてました。しかし、吉村が独立して起業してからは会う度にジャブを入れるようにずっと誘われていました(笑)

最初はあまり転職を考えてはいなかったのですが、20代後半に差し掛かった時に、自分の人生を真剣に考え始めました。前職はいわゆる大企業だったので、考え方も凝り固まっていて、やりたい仕事を自由にできない環境、毎月のように多くの人が入社し、毎月のように多くの人が退職をしていました。そのような環境だったため、「もっと全力で仕事をしたい」と思うようになっていました。

また、そのタイミングで尊敬している人が他界したこともあり、別のチャレンジをしようと決断しました。

そして、昔から知っている吉村の下であれば、全力でできるのは間違いないと思い、人生賭けました。どっちに賭けるかを考えたら圧倒的にパートナーズでしたので。

今にして思えば誘い方も上手でした。決して「来なよ」とか「一緒にやろう」というクロージングは言わず、ずっと「一緒にやれたら楽しそうだね」というジャブがもしかしたら私の心を動かしたのかもしれません。


――どんな想いでパートナーズに入社されましたか?

私が入社した時は社員数5名の会社でした。まさに駆け出し状態ですね。

期待通り、全力でできる環境が整っていました。業界的には少しグレーな部分も残っている時代だったので、そういう汚い部分を一切無くして、クリーンな会社にしてトップを取りに行こうと本気で考えていました。パートナーズだったらそれを目指していける環境が整っていました。

あとは、8年も同じ不動産業界で営業をしていたので、結果を出さないわけにはいかない状態でした。知り合いとして入社するので社長の顔に泥を塗るようなことはできません。転職する時は、完全に逃げ道をふさいで入社しました。その覚悟だけは決まってたので、「パートナーズ内でNo.1になる。あとはパートナーズを業界でNo.1にする」という想いだけでしたね。


――事業部をまとめていく上で、意識していることはありますか?

まず、感謝ができない、礼儀が整っていない人は育たないと思っています。恩を仇で返す、筋を通さない、そういう人間は営業として大成しません。お礼の一言も言えない、感謝の気持ちも伝えられないような営業マンは数字が上がっていても、それはラッキーだと思います。波のない営業マンはそこの部分を徹底できています。そういう意味では、基本的な礼儀には結構うるさいですね。私含め、課長陣もそれは意識していると思います。

あとは、言われたことを素直に行い続けられるか。入社時は当然素直に多くのことを行いますが、数年たつと、素直さが欠ける人間は多いと思います。しかし、「素直でいること」は簡単そうで実は難しい。経験値が人を頑固にさせます。だから「素直じゃない」みたいな発言は結構多いかもしれないですね。(笑)


――教育に関して、特別にやっていることは何かありますか?

そうですね。例えば、全員参加の研修を今でもやっています。

最初の1週間、1ヶ月や3ヶ月とかはどの会社も研修をしていると思いますが、当社は毎週土曜日にずっと研修があります。曜日は変更する時もありますが。

1回教えてできるようになればいいですけど、そんなすぐにできるようにならないですし、営業は「100%完成しました」というゴールがないので日々成長が必要です。日々成長していくために、研修の機会を設けています。

毎回テーマを設けるのですが、私が全てをやるわけではありません。課長がやる場合もあれば、役職がないメンバーにも担当させたりしています。何十人もの前で話すことに慣れてもらう、研修の準備で頭を使ってもらうことが、主な目的ですね。「どうやったら伝わるのかな」という思考は営業活動にも生きるので、ルーティーンで担当を回しています。


――なるほど。それ以外にも何かありますか?

全体研修以外に、課ごとの研修も行っています。

野球でいうと素振りが練習になりますが、営業の場合はそれがロープレになりますので、ロープレは毎日やっていますね。

実務の時間を大幅にカットしては意味ないので60分以内としていますが、どんな時も毎日やってもらっています。成長が早い人はすぐ出来るようになりますし、出来ない人は時間がかかります。ただ、私の教育のモットーは「教育を諦めない」なので、できるようになるまでとことんやります。

あとは、お客様との会話内容ですとか、言い方、伝え方、スピードとかはかなりうるさいと思ってます。営業職は営業トーク、営業力が全てなので。


――「諦めない」というのは常に意識しているのでしょうか?

そうですね。

営業という仕事はそんなに難しいことではなく楽しい仕事と思っています。素直に努力していれば誰でもある程度のところまでできるようになり、そこまでいったら本当に楽しいんです。

ただそうならない理由は、どこか素直になれておらず我が出てしまったり、自分で勝手に解釈して聞き入れなかったり、上司は本気なのに本人が諦めているとか、そのようなことが原因になっていることが多いです。

一生懸命頑張っていて数字が上がらない人というのは、業界問わず世の中にたくさんいると思いますが、そういった人たちも諦めなければいつか必ず結果が残せます。

諦めず、努力し続ければ、100%結果出ます。結果が出てなければ、どこかで諦めてるか、努力が足りてない、努力が間違ってる、そんなところだと思います。

そして、何よりも自分で選んで、育てようと思い、採用してるので責任があります。仲間として入社してくれてますので絶対に諦めることはありません。


未経験を積極的に採用する理由。
「素直で」「謙虚で」「努力できる」がキーワード。

――業界や職種未経験の方が多いと思いますが、あえてでしょうか?

はい、あえてですね。

「素直で」「謙虚で」「努力できる」という私たちが大事にしている考えは、業界経験をしている人だと他に染まってしまっていて、体現が難しいのです。

全く未経験の人は、まっさらの状態で始めるので素直に全部吸収できます。そういう意味では、未経験者の方は大きく成長しやすいですし、私たちにとっても教育のしがいもあります。

あとは、異業種で働いていて、仕事へのモチベーションは高いけれども会社から評価されない、そもそも稼げないという人は世の中にたくさんいます。ただ、私たちの業界は、結果を出した分だけ評価されるので、この舞台があることを知らず、くすぶっている人たちに伝えたいですし、それを望んで異業種から来られる方がほとんどなので、定着もしやすいと思っています。順当に評価されることを生きがいにしている人も多いので、そういう思考の方はマッチしやすいです。


――部下と接していて、どんな時に嬉しさを感じますか?

部下の成長です。成長というか成長を実感したときですね。

私たちは営業なので、売り上げがいい時もあれば悪い時もあります。そして悪いときは、当然頑張ります。そんな中、数字が上がったりとか、昇格したりとかは本当に心の底から嬉しいですね。

あとは、稼いで良い物買ってる姿を見たときとか、少し高めの食事に行った話を聞いた時ときはすごく嬉しいです。

あとは、「部を達成させてパーッと行きましょう!」と言われると感動してしまいますね。

厳しい状況が続いていると、どうしてもオフィスの雰囲気も固くなってしまうので、ふとした時にそういったことを言われるとすごく嬉しいですよね。こちらとしても絶対に達成させてあげたいと思いますよ。

また、パートナーズは全社員に誕生日サプライズを行うのですが、プレゼントをくれる時にも

必ずみんな手紙を添えてくれます。絶対達成してパーっと遊びに行きましょうと言ってくれる部下が多いので、本当に恵まれている環境だと思います。

だからこそ、やっぱり教えることは諦めないですね。



――「教育への想い」もつながってきますね。

そうですね、つながりますね。

世の中には数え切れないほどの会社がある中でパートナーズを選んで、夢や希望を持って入社してくるわけです。若い子や異業種からの場合は特にそうですよね。

だからパートナーズに入って後悔をしてほしくないんですよね。

仕事なので厳しい時も辛い時もムカつく時もいっぱいありますけど、でもやっぱりこの会社に入って、この人たちと働いて、本当によかったなと。ずっとここで働こうと思ってくれる仲間にするべく採用しているので、教育というのは私の責任です。

「100人のチームにする」
その想いも、実は教育につながっている。

――コンサルティング事業部として、実現させたいことは何かありますか?

私たちの部署がサポートメンバーも入れると今は32人いるのですが、早く100人にしたいと思っています。

思い描いているのは、25人ずつで部が4つほどできて、ひとつの部に対して課が5つですね。

早く実現させたいです。


――なぜそこまで人数を増やしたいのですか?

面接では「人」を見ているので、入ってきた人たちはパートナーズカラーに染まる人が多いと思っています。そういう仲間たちをもっともっと増やして、感動もともにしたいですし、達成という快感も一緒に得たいです。

また、今いる30人のメンバーが、100人規模のチームになったときにはほぼ全員上司になるわけです。なってないと困ります(笑)今いるメンバーにはプレイヤーの楽しみ以外にも、マネジメントの楽しさというのも味わっても欲しいと思っています。

そのためにも、人を増やすというのは一つの方法論です。

今まで教育を受けてきたメンバーが、今度は教育することを楽しんでもらう。そういったマネジメントの難しさを味わうことも、一つの成長だと思っています。


――組織以外に、描いているビジョンはありますか?

私たちが現在やっていることは不動産業界の中で一部分にすぎないので、もっと広げていきたいですね。

例えば、扱っているものも今はマンションがメインですが、マンション以外の一棟もののアパートやビルなどを扱っていきたい気持ちもありますし、それこそ不動産会社なのでそれ以外の土地にも目を向けていきたいです。

あとは、今は東京にしか事務所がありませんが、ゆくゆくは福岡や関西にも本格的に手を出していくことも考えています。


――どんな人と一緒に働きたいですか?

コミュニケーション能力が高い人、とかよく言われると思いますが、そういうのは求めていません。

かっこいい言葉で言うと、「人生賭けられる人」ですね。そういう人は覚悟が決まっています。

話が面白いとか、コミュニケーション能力高いとか、そんなことよりも覚悟決めて人生賭けられる人がいいです。それが第一のポイントですね。

その上で、「素直で」「謙虚で」「努力し続けられる人」がついてくると思います。

あとは正直な話、年収2,000万や3,000万以上稼ぎたいという野心がやる人も大歓迎。

当社はホームページやブログで見るとすごく楽しそうに見えますし、現実的に楽しいことはかなり多いです。ただ一方、仕事も相当ハードです。想像しているよりきついと思った方がいいです。でもそれはやっぱり、業界で1番を目指しているからですし、厳しい環境じゃないと、当然トップなんて取れません。そういう厳しい環境で働いていれば楽しいことは100倍楽しくなります。感動することが本気で感動できるようにもなります。

その環境というのを勘違いしないで、厳しい中に飛び込んで全力でできる人。

共感できる人は、是非一緒に働きましょう!!!


株式会社パートナーズ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more