1
/
5

本気で仕事に向き合い急成長。「人情味あふれるこの会社は心地いい」

コンサルティング事業部 係長   姫村 圭悟(Keigo Himemura)

「こんな男になりたい。」
パートナーズメンバーに惹かれ、入社を決意。

――これまでのキャリアについて教えてください。

新卒でアミューズメント業界にてホールスタッフとして就職しまして、約6年半働きました。

その間にグランドオープンの立ち上げや、接客業に必要なノウハウを色々学びましたね。元々接客が好きという気持ちがあったので、就活の際にも接客という軸で選んだのですが、6年間働いたところで、自分のキャリアについて真剣に考えるようになって「このままで大丈夫かな?」と思い、その半年後にパートナーズに転職をし、今に至ります。


――不安の要因は何だったのでしょうか?

パチンコ業界は規制が厳しくなってきていて、業界全体的にも厳しくなってきていました。
お世話になった上司の収入も下がっているのを間近で見ていて、自分が上に立った時に同じような状況になると考えたら怖くなりました。


――どんなきっかけでパートナーズを知り、なぜ入社したのですか?

転職サイトに登録した後に、人事の音羽からスカウトメールをいただいて知りました。
その後、自分でパートナーズの事を色々と調べて、すごく楽しそうだったのですぐに興味を持ちましたね。
前職では社員旅行もなかったので、会社全体で仲が良いと言うのはすごく魅力的に感じました。
組織としてお互いを深く知っている方が、良い組織であることは間違いないと思っていましたので。

また、調べていく中でパートナーズの男性陣を見た時に「かっこいいな」と感じました。
顔ではなく、オーラがすごくかっこよかったんです。

前の職場にはこの会社にいるようなカチッとした人は少なかったので、純粋に男としてかっこいいなというのが印象に残っていますね。自分もこんな男になりたいと思い、入社を決意しました。


――もともと不動産業界に興味はあったのですか?

自分の周りには不動産業界で営業をやっている友人が多く、話を聞いていくうちに興味を持つようになりました。自分の転職の中で指標になっていたのが年収UPになっていたのですが、不動産営業であれば、仕事はきついけど成長もできるし、高い年収も見込めると分かったので、この業界で探そうかなという想いはありましたね。


未経験者への徹底教育。
【 熱く 】仕事をできる喜び。

――入社後のギャップはありましたか?

いわゆる「営業」というのは未経験で入社し、最初はある程度我慢が必要だということは分かってはいたのですが、それでもきつかったですね。

実は、初成約が決まるまで3ヶ月もかかってしまいまして、それまでは本当に辛かったです。営業はこんなに厳しいものなのか、とずっと思っていました。正直、かなりメンタルはやられていました。

ただ、社内でのサポートはすごく手厚かったですね。

入社前の面接で「教育」に力を入れているとは言われていたのですが、本当に助けられてばかりでした。


――「教育」に関して、具体的なエピソードはありますか?

毎日教育は受けているのですが、初成約の時の話ですかね。

私が10月20日入社だったのですが、そこからほぼ3ヶ月成約が決まらなくクリスマスに差し掛かかろうとしていた時に、部長と男2人でアポイントに行きました。

その次の日、私は休みだったのですが、部長からいきなり電話がかかってきまして「話がまとまりそうだ」と言われました。自分以上に部長自身も「決めたい」と思われていて、私の知らないところでお客様に働きかけをしていたそうです。その時は純粋に凄いなと思いましたね。

お忙しい中ずっと研修もして頂いていましたし、くすぶっている人たちを何とかしようという気持ちが伝わってきていたので、辞めるという発想は全然なかったですし、むしろ恩返ししなきゃいけないなという気持ちが強かったですね。教育を飛び越えて、人情味あふれる感じがすごくありました。

前職でももちろん上司や先輩に良くしてもらっていましたが、仕事で熱くなるような場面はあまりなかったです。ただ、パートナーズの場合、組織としての目標達成に対してチーム一丸で取り組む姿勢や、その中で生じる人間的な熱い部分が感じられるので、教育に力を入れているのも納得の環境ですね。


――姫村さんにとって「熱い瞬間」はどんな時ですか?

チームの目標をみんな必死で追っている時ですかね。
月末になり、目標までもう少しとなった時のみんなの追い込みはすごいですよ。

特に決算月は、「どこからそんなに案件持ってきたの?」となるぐらい、みんな絞り出しています。その雰囲気が私はすごく好きですね。

達成できない月もありますけど、みんなで目標に向かって走っていく戦場のような感覚が、私にとっては熱いですね。


――前期は「年間2位」とお聞きしましたが、好調の要因はなんでしょうか?

実は前期の最初の5か月ぐらいは全く成績が良くありませんでした。
ただ、昨年の11月に課の編成が変わり、その時の新しい上司に「努力の仕方が間違っている」と言われたのが、好調のきっかけかもしれないです。

上司に目標を聞かれて「年間トップになりたい」と答えたのですが、その時はもちろんトップなんて狙える位置に全然いませんでした。そして上司は「本当にトップになりたいなら全部捨てて仕事だけのことを考えろ」と言われたんですよね。

振り返ってみたら確かに、与えられた休みを存分に楽しみ、仕事は忘れるようにしていました。もちろん案件状況にはよりますが、前までは休みの日も仕事してやろうという気持ちはありませんでした。

本当に年間トップ取るならそれだけ向き合わないと難しいと言われ、本当に仕事のことだけを考えるようにしました。そしたらやっている中で徐々に「決める感覚」が分かるようになり、良い成績を残せるようになりました。

それまで手を抜いて仕事をしていたわけではありませんでしたが、とにかくやり続ける、努力し続けることで、たまたま良い結果につながったのだと思っています。


――その頑張りは、苦には感じなかったですか?

きついというよりは、「これが仕事をするということか」と感じていました。
今まで自分がどれだけ甘かったか、思い知らされましたね。

成績を残せていなかった時期、ホワイトボードに数字を計上できないというのがすごく悔しかったのですが、毎月書けるようになってきてやっぱり嬉しかったですね。

そういう意味では成長実感を感じられたので、苦しくはなかったですね。


――この仕事にやりがいを感じた案件は?

5ヶ月ほど前に成約した案件ですね。

他の営業も以前にそのお客様とお話をさせていただいていましたが、その時はお話がまとまりませんでした。そこで改めて、私がお電話をかけて話をしてみたのですが、預かった物件がうまく進まなくてですね・・・。ただ、個人的にそのお客様のことがすごく好きだったんですよ。九州の方ですごく熱い方だったんです。情が熱い人が好きなので、この案件は絶え間なく追っていました。そんな時たまたま、この案件が進むことになり、そのお客様から「ずっとこんなに連絡くれていたのは姫村くんが初めてだよ」と言われました。

ただ、お客様は「次の世代が出てこないと絶対日本はダメになる」ということをよくおっしゃっていて、娘さんと同世代の私のそれまでの頑張りを評価してくださり、期待も込めて任せてくれました。

そのお客様とは今でも毎日のように連絡を取り合っていますよ。

福岡のお客様なので、コロナの関係もありまだお会いできていないですけど、落ち着いたりしたらどこかのタイミングで是非お会いしたいですね。

今後も忘れることのない案件になると思います。



目指すのはやはり「年間トップ」。
前よりはイメージできるようになった。

――パートナーズの好きなところはどこですか?

みんな個性が強いので、一緒にいて楽しいですね。ずっと一緒にいても飽きないです。

仕事も遊びも、一緒にいる時間が長いですが、知れば知るほど味が出てくる感じです。

休みの日にも、予定を合わせて釣りに行ったり、川に行ってバーベキューしたり。
プライベートも含めて充実していますよ。


――今後成し遂げたいことはどんなことですか?

やっぱり年間トップは取りたいですね。

当時想像もできていなかったので、正直2位でも自分の中ではすごく嬉しかったですが、ここまで来たらやっぱり1位になりたいですよね。

結果を残せるようになって、1位になる具体的なイメージができるようになりました。

もちろん数字をやっていれば役職も上がります。少しでも管理職に近づけるように、まずは数字を積み重ねて活躍していきたいですね。


――最後に一言。

未経験からの転職でもちろん辛い時期もありましたけど、やり続けて良かったなと思います。
パートナーズという会社はとにかく面倒見がいいです。
やり続けていれば絶対に見捨てられません。

くすぶっている方!
大きなチャレンジをしてみたい方!!
是非一緒に働きましょう!

お待ちしております!

株式会社パートナーズ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more