1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

元ホテルマンがエンジニアへ転身したきっかけ

今回3月に入社したKさんにインタビューをしてみました。

前職は何をしていた?

外国人バックパッカーが安宿として利用する、ホステル・ゲストハウスという形態の宿泊施設で働いていました。自身がバックパッカーとして世界を旅することが好きで、世界のホステルを泊まり歩いた経験から、次は私が運営側となって日本の魅力を伝えていけるホステルを作りたいという思いがきっかけでこの仕事を選びました。

現場では支配人としてレセプションに立ちながら、レベニューマネージメントやスタッフの採用育成、ターゲットを絞ったマーケティング戦略まで幅広く行っていました。

エンジニアを目指したきっかけは?

お客さん目線でホテル選びをする際に、多くの人が予約サイトからホテルを探すという一般傾向に違和感を感じました。予約サイトのクチコミ評価だけを見てホテルのことを知るのではなく、リアルな声を知ることのできるSNSで人気のあるホテルや、ホテルの歴史や背景を物語風に知ることができる一覧サイトのようなものがあるといいなと感じていました。

また運営者側としても、予約サイト経由で予約が入ると手数料がとられてしまうため、少しでも自社のホームページから予約が入るような見せ方ができないかとも感じていました。

この両者の希望を合致させることのできるwebアプリケーションを自分で作成してみようと思ったことがきっかけで、エンジニアという職業が選択肢に加わりました。

どんな学習していた?

前提として、ただ閲覧をするwebサイト形式ではなく、会員登録ができ、会員になったユーザーのみが使用できる機能があるようなwebアプリケーション形式を構想していました。そのためHTMLやJavascriptだけでなく、上記の機能を実装するために必要なサーバーサイドの言語を学ばなければいけないと知り、初学者に優しいと評判であったRuby on Railsを学習することに決めました。

progateやrailsチュートリアルを主な教材として、毎日仕事が終わった後独学で開発を進めていき、数えきれないエラーと向き合いながらなんとか継続することができました。理想とするものが完成したときの喜びを今後何度も感じたいと思ったことからエンジニアへの転職を決意し、STAGEへの入社に至ります。

何でSTAGEに入社を決めた?

カジュアル面談から最終面接までの過程で、未経験でもSTAGEなら成長していけるという確信を得たからです。そう感じた理由として、今後の会社の方針はもちろん未経験である私の育成の方針を細かく説明してくださったり、技術面では自社で開発するアプリを持っていることから幅広い技術をいつでも聞くことができる環境があるという点から、自分の成長につながると考えたためです。

数年間は自社開発アプリではなく他社のシステム開発を行っていき、そこで得た技術やアイデアを自社に還元していきたいというモチベーションにもつながっています。

どんな研修受けている?

現在、研修課題として、以下の開発環境で社内の健康管理アプリを開発しています。

開発環境:docker, nginx

言語・FW:PHP, Laravel

DB:MySQL

コロナとの共存が強いられる世の中にあって、いつコロナが発生したとしても即時に全社員の健康状態が管理できるアプリです。

初めて使用する環境と言語に苦戦しながらも、メンターとして丁寧に教えてくださるベテランエンジニアの方や、状況を細かく気にして声を掛けてくださる人事の方の安心感の中で、日々新しい知識を得て成長できていると感じています。

エンジニアは一生学習していかなければいけない職業といわれますが、入社して改めて肌で感じているとともに、学べば学ぶほど能力の幅が広がる素晴らしい職業であると思います。応募を悩んでいる方がこの記事を見て、独学次第で未経験からでも安心してエンジニアキャリアをスタートできると感じ、応募してくださるとともに、STAGEで仲間として働けることを楽しみにしております。

STAGE株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more