1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

IPOを●回経験した経理さんが年末の忙しい時期にテックタッチにジョインしましたよ

自己紹介

はじめまして、テックタッチでは経理、財務、労務、総務、時々法務とかバックオフィス全般を担当してる飯沼です。

社内でのあだ名は沼P
趣味はyoutubeで猫動画を見る事と筋トレ
外で猫と遭遇するとお近づきになりたくて距離を縮めるも逃げられがち
経理担当の独特な根暗なイメージを払拭すべく猫動画を沢山見て筋トレに励み、話しやすい雰囲気を出すように心がけています。

どんなことをしてきたのか

地方の専門商社で経理のキャリアをスタートするも、ただただ伝票を処理する毎日に疑問を感じ、営業したいとモヤリはじめる新卒1年目。
モヤリ続けて2年後に不動産会社に転職し、夜は大学に行き始めるという2足のわらじ生活スタート。
大学は無事に余裕で卒業(本当は単位ピッタリでヒヤヒヤしてた)。
営業は2年勉強のつもりでいたものの、接客や売る楽しさが性に合っていたらしく気づいたら5年経過。。。

(ここからスタートアップ業界へ)
そろそろ経理の仕事に戻りたいと考え、営業5年のブランクを回収するにはスタートアップで働くのが近道というのを某●●知恵袋にて情報を得て、株式会社エニグモに入社。
ブランクが長くほぼ経理素人というスペックでお茶くみ(こぼさず素早く熱々の状態でお茶をお届けする事には定評あり)や1日中コピーしてたり、IPO申請書類を意味も分からないまま作成したり、なんとか経理実務を開示まで担当。
エニグモでは今の私のベーススキルができ、何よりスタートアップのスピード感や仕事の楽しさを体感。

より高度な会計の経験が積みたいという想いでギークス株式会社に入社。
経理財務責任者として海外子会社含めた連結会計や組織改編、事業計画策定等に従事。
2社連続でIPOも経験しアグレッシブに働いてましたが、やっぱりこの仕事って楽しいなと再認識しました。

次に株式会社Hacobuで経理財務責任者として事業計画を一から作成したり管理会計整備に従事。

2020.12にテックタッチにジョイン。

なぜテックタッチを選んだのか

オファー会食の日、2次会に行った時にふいに代表井無田から「実は今日俺誕生日なんですよ」とサプライズを告げられ、なんともオファーを断りにくい雰囲気になってしまい入社を決めました。

というのは冗談ですが(本当はちょっとある)、決め手は人とカルチャーです。
もともとやる仕事にはこだわりが強いほうで、今回の転職ではアーリーステージの企業で資本政策など私自身成長できる環境がある所で働きたい希望があり、テックタッチでは特に部署がなく何でもやりたいことができるというユニークな組織が面白そうと感じました。

また、私の好きなテックタッチのバリューで「挑み続けろ 援護があるから」というのがあります。
スタートアップでは「挑み続けろ」というようなバリューはよく見られますが、「援護があるから」というのがまさにテックタッチだなと思っています。

入社前にこれを感じるのってなかなか難しいと思うのですが、meet upでは全員が採用の後押しを全力でしてくれて、この会社ならほんとに援護がありそうと感じ、何より「皆んな楽しそうな人ばっかりで感じいいな」と思いました。

自分が考えるテックタッチの魅力

もちろんプロダクトは最高ですがカルチャーについて話します。

テックタッチには「いつでもごきげん」というバリューがあります。
※頭の中がお花畑の人達の集団でありません。「チームとして最高のアウトプットが出せるように、お互いに尊敬・尊重しあい、いつでもごきげんでいよう」というものです。

仕事中はもちろん真面目ですが、その中で面白い事を言って必ず爪痕を残そうとしたり、全員参加のオンラインMTGでは大喜利が始まってしまったりとユニークな社風で、リモートワーク中ひとりでニヤニヤしてます。

でも、ただ単に面白いだけでなく相手を尊重したり感謝をしっかり表現できるメンバーが多く、全社MTGではそういったコメントがとても多いです。

そんなメンバーが多いので、現在コロナ禍で未だリアルで会ったことのない社員がたくさんいますが(むしろ会った人のほうが少ない)、メンバー間の距離感は近くてリモートワークの壁をあまり感じません。

これからやりたいこと

はい、なんでもやりたいです。
資本政策の策定や投資家と話をするにはプロダクトそのものの理解が必要ですし、市場でのテックタッチの販売戦略、実際にユーザーはどんな事に困っていてどんなサービスを欲しがっているのか等々、テックタッチをもっと知りたいです。
ベーススキルとしては経理や財務ですが、その経験もプロダクトに反映できると思ってますので、バックオフィスの仕事以外でテックタッチに価値を出せればと思っています。

テックタッチ株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings