1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

今だ!オンラインだ!バンザンで「働く」glowth リーディングカンパニーへ「教育」×「IT」

こんにちは、広報の岡です。

コロナウィルス感染の影響で、多くの学校が休校。集団で集まる形態のイベント・集いは自粛をと塾や予備校まで政府の要請で休校という動きになっていますね。子どもたちの環境だけではなく、私たち大人の社会経済にもかなりの影響が出ておりますが、皆さまはどのようなご様子ですか?

どんな時も変化に対応していくこと、それが成長の機会なのかもしれません。

私たちの「オンライン家庭教師事業」が「飛躍的に成長する!」と思う理由、一言でいえば「世の中に必要だから」ということ。教育業界の在り方と情報は、これからの日本を支える土台です。という事は、それらの教育方針を軸とした若手がこれから社会で貢献する、という事。みんな通過する「学校」というステージでどんな教育が行われようとしているのか、どなたも必見です!

なぜ「オンライン家庭教師」の評価が高まっているのか

そこには、現在の日本の教育に潜む、課題や時代の変化が大きく関係しています。

オンライン家庭教師の特徴には、2つの側面があります。

1「オンライン学習である」こと、2「双方向・リアルタイムの個別指導」ことの2つです。

「オンライン」インターネットがつながる環境なら、どこでも利用できるという、汎用性の高い特徴があります。お住まいが地方や離島、交通アクセスの悪い地域でも、手軽に質の高い教育を受けることが可能です。さらに「(双方向・リアルタイムの)個別指導である」こと。オンラインでつなぐことで、都心部を中心とした質の高い指導を全国に提供することが可能です。

▼トレンド・テクノロジー・経済の面から

今年は業界も大注目・教育改革の年
世界中で「オンライン教育」が発展している
日本のオンライン教育は遅れており、導入急務
まだ利用したことがない人が多い
5Gの時代が到来する

▼日本の学習指導の課題

子どもが少なくなれば学校・塾・予備校減る
学校・塾・予備校が減れば、講師の仕事が減る
優秀な指導者は仕事がしやすい都市部に集まる
地方の子どもにはリアルな情報が入りづらくなる
自分の条件にあった講師を地域で探すには限界がある

▼学校教育の現場と教員の課題

全都道府県・市区町村の公立・私立学校に教員確保が難しくなっていく
「学校教員」の希望者が減っている(忙しい・長労働・休みなし・個別指導・親対応)
指導要綱のみで全生徒に一定水準以上の学力向上を学習指導することは難しい
教育改革により新しい指導・カリキュラム・取り組みが行われる
多様性を重視した子どもの進路・進学に、一人一人向き合うのに限界がある

▼大学進学・入試の変化

大学進学が増えている現実(特に女性、社会進出が必要な世の中の流れ)
良い学生の確保が大学運営の課題(推薦枠が増える…対策するには一般入試以外の指導が必要)
より特徴を強調した選ばれる大学へ(英語に特化、産業に特化など…対策するには指導が必要)
未来が不確実・予測不可能な現代に対応できるよう教育が必要
グローバルな視点・経験・コミュニケーションが取れる人材が必要

▼「オンライン学習・指導」事業の可能性

日本全国の子供が対象だから(海外も可)
日本全国の講師が対象だから(海外も可)
日本全国の学校が対象だから(海外も可)
多様化に対応するための個別指導は減らず増えるから
持続可能な「質の高い教育をみんなへ」届けるには「オンライン活用」しかないから

▼ようこそ株式会社バンザンへ「あなたの成長」

社会貢献度の高い事業への取り組みと経験が持てる
全国(海外も)マーケット規模の教育事業に関われる
急成長中の企業でポジションを確立していける
進学情報・学校情報に関するリアルな最新情報をキャッチできる
学校教育の改革や方針から今後社会に求められていくスキルをキャッチできる

学校教育のやり方・在り方に改善の必要性や課題を感じる方、進学する子を持つ保護者の皆さま、伸びる事業・企業で活躍したい方、日本を守っていきたい方、社会に貢献したい方、ぜひチェックしてくださいね!私たちは、「質の高い教育を全国へ」志を共にできる仲間を求めています。

株式会社バンザン's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings