This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

One World, Live Anywhere 【暮らすを自由に】 …そんなビジョンを掲げ、ホテル、民泊、旅館といった、 「住む」「暮らす」ことに関するさまざまなサービスについて、 建築から運用まで一貫して提供しています。 これまでに、 ☆海外機関投資家に向けた不動産市場サイト「Invest INN」 ☆IOTを活用した都心型サテライトミニホテル「AI Hotel」 ☆AIによる自動返信を活用した総合コールセンターサービス「CCC Sourcing」 などをリリース。 また現在、空室物件やホテルをアプリからすぐ利用できるアプリ「Now」をリリース予定です。 2021年にはアジアで10000室以上の遊休不動産を運営することを目標に掲げ、 国内だけでなく、グローバルな領域への展開を目指しています。

Why we do

「住む場所」は、人の暮らしに大きく影響します。 日本政府が2018年に行った調査によると、 東京都に住む人の平均月収は、およそ41万円。 それに対し、平均月収の最も低い宮崎県はおよそ25.5万円。 住んでいる場所が違うだけで、収入に15万円の開きがあることになります。 もちろん、物価や家賃も異なるため、ひとくくりにはできません。 しかし「住む場所」が暮らしに大きな影響力を持つことは、確かな事実です。 それなのに…。 私たちは自分の住む場所を、気軽に変えることはできません。 多額の敷金や礼金、引っ越し費用、契約手続や入居審査…。 そんなさまざまな制約があるからです。 「住む」ことは「暮らす」こと。 「暮らす」ことは「生きる」こと。 その選択肢を、技術の力を通じてもっと増やしたい。 まるで旅をするように、場所を選ばず豊かに暮らせる世界を作りたい。 ――その想いを私たちは「Living Tech」と名付け、実現に向けて動いています。

How we do

場所を選ばず、旅をするように生きる。 その考えは、弊社の働き方にも表れています。 ①旅をするように、常に新しい風景を描く ②他者とフラットに関わり、また違いをリスペクトする ③行き先は自由。しかしその行程には責任を持つ ①旅をするように、常に新しい風景を描く 《移動距離×新たな出会い=クリエイティビティー》 『移動距離』『新しい人との出会い』この2つに大きな価値があると私たちは信じています。 会社のメンバーもまた、どんどん移動し、たくさんの人に出会い、その中で心をたくさん動かすことで、常に新しい感性を磨き続けてほしいと考えています。 ②他者とフラットに関わり、また違いをリスペクトする 《個人の得意を理解しチームの力を信じる》 過去の偉人も有名人も私たちと同じ人間です。一人一人に得意なこと、苦手なことが必ず存在します。 だからこそ私たちは、チームを組みます。 各々が、自分の信念に沿って言いたいことを言い、 また同時に、自分と違う他者の意見を素直に受け入れる。 そんな常にフラットな関わりを通じて、 互いの得意なことを最大限に活かす組織を作ります。 ③行き先は自由。しかしその行程には責任を持つ 《仕事も遊びもプロフェッショナル》 Living Techは、世界一自由な会社を目指しています。 しかし、自由の裏側には、圧倒的な努力が存在しています。 ここでいう『努力』とは、ただ多くの時間を使って働くことではなく、たくさん頭を使うこと。何事に対しても全力で向き合うことです。 目標というゴールに、どのようにたどり着くかは自由。 その代わり、道中で起きる様々なことに責任を持って対処する。 物事の本質を見極め、効率的かつ能動的な姿勢を持った方を歓迎します。 現在進んでいるプロジェクトは、 ・空室物件又は空室のホテルをデイユース利用サービス ・自社ホテルの企画・建築・運営 ・サービスアプリ開発 ・自社の民泊物件の運営 ・民泊運営一括代行 ・コールセンター運営(海外拠点) ・不動産メディア運営 になりお任せする業務の幅も広がっています。 一人ひとりが自分の強みを活かし、 メンバー同士で協力して結果に繋げています。

Page top icon