1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ベンチャー × VC × 転職エージェントによる採用のベストプラクティス〈後編〉~リアルテック企業をグロースさせるコア人材の採用ノウハウ~

皆さま、こんにちは!広報・採用を担当している大曽根です。

前回に引き続き(リンク差し込みます)、株式会社ニューロスペースの北畠さん・小林さん、リアルテックファンドの藤井さんと、弊社の小林・相馬による3社対談インタビューの後編をお届けします。

#プロフィール

北畠 勝太
株式会社ニューロスペース 取締役COO
大阪府立大学工学部卒業。新卒でアクセンチュア株式会社に入社。その後、独立系コンサルティングファームに転じ、戦略策定・実行の支援、新規事業創出・実行の支援等に従事。2011年にエムスリー株式会社に入社。製薬企業・医療機器メーカー向けのデータ事業でリーダーを担い、6年間で売上数十億円規模の事業へと成長を牽引。小林・佐藤との出会いを通じてニューロスペースのミッションに共感、睡眠に関するサイエンス・テクノロジー・ビジネスの全てに大きなポテンシャルを感じ、2017年11月、取締役COOとして参画。2児の父【理想的な睡眠時間】7時間
小林 大三
株式会社ニューロスペース ビジネスデベロップメント
早稲田大学大学院機械工学修了。2008年に株式会社野村総合研究所に入社。製造業セクターで戦略コンサルティングに従事。その後NRI Singaporeを経て、日本に帰国後に独立し、中小企業やベンチャー企業のインキュベーション活動を行う。2016年にリンカーズ株式会社へ入社し、営業・マーケティング・事業開発全般を手掛け、事業責任者として従事。新しい機会を求めて2020年4月に株式会社ニューロスペースへ参画。
藤井 昭剛 ヴィルヘルム
リアルテックファンド チームデベロッパー
東京大学大学院修士課程修了。気候変動対策イノベーションのインキュベーション事業やアクセレレーターを運営するEIT Climate-KIC(株)に入社。複数部署の立ち上げに関わり、チーム設計・採用・チームビルディング・評価など人事業務に携わる他、2017年には全社の人事制度改革タスクフォースの責任者となる。2019年3月、チームデベロッパーとしてリアルテックファンドに参画。出資先ベンチャーの成長を加速するための採用・チームビルディング・人事制度設計等、幅広い人事業務のハンズオン支援を行う。
相馬 佳代
株式会社WARC WARC Agent事業部 キャリアアドバイザー
2010年、コンサルティング業界専門の人材紹介会社に入社し、大手メディア企業や戦略系コンサルティングファーム等を担当。その後、エンジニア特化型の人材紹介会社を経験。 2019年当社入社。WARC Agent事業部にてハイクラス人材、経理・監査役ポジションを中心としつつ幅広い職種のキャリア支援に従事。


小林 駿 (モデレーター)
株式会社WARC 執行役員
2012年、A.T. カーニーに入社。飲料・広告・製薬業界における事業戦略・マーケティング支援・ コスト削減支援に従事。2015年、ダンス・音楽等のエンターテイメントを事業領域とするオースタンスを共同創業し、取締役に就任。 2019年当社入社。Co-WARC事業部での経営・事業コンサルティングを経て、WARC Agent事業の立ち上げに従事。

▼目次

〈後編〉
3.求職者のキャリアを「自分ごと化」して考え抜いた採用
4.ベンチャー企業のホンネがわかる WARC × VCの転職支援

求職者のキャリアを「自分ごと化」して考え抜いた採用

WARC小林:当初、プライオリティが低かったニューロスペースに惹かれていったのはなぜですか?

ニューロスペース小林:北畠さんを始めとして、代表の小林孝徳さんやCTOの佐藤さんと会って話をするうちに、ニューロスペースのビジョンや企業カルチャーに興味を持つようになりました。

私からも、ライトヘルスに関するマネタイズの懸念点なども率直に聞きました。北畠さんは、私の体験談を真剣に聞いてくれた上で、今後の事業の加速のためにこういうポジションの人を求めているという話をしてくれました。

ニューロスペース北畠:大企業でのコンサルタントを経験した後に起業、その後にベンチャー企業で事業責任者として経営に関わった大三さんのユニークなキャリアは魅力的でした。ロジカルに上流レイヤーから戦略を考えられる上に、手足を動かして泥臭く汗をかいて現場にも立てる。今のニューロスペースのような10〜20名のベンチャーでこそ、大三さんのようなプロフェッショナル人材が活きると思いました。

WARC相馬:幸いなことに「大三さんに内定を出したい」という会社が他に6~7社ありました。それこそ名だたるベンチャー企業からVCまで幅広く揃ったので、どの企業のオファーを承諾するかは大三さんもきっと迷いましたよね。まさにデッドヒートでした。

ニューロスペース小林:この時期、ニューロスペースの経営メンバーと何度か食事を通じていろんな話をしましたが、率直な話がいろいろできて良かったです。

ニューロスペース北畠:大三さんとよく話しましたね。「他社のこういうところが魅力的」「ニューロスペースのこういう点が気になる」など率直な意見に耳を傾けるうちに、自分たちも気付かなかったことに気付かされたりもしました。

ニューロスペース小林:お声がけいただいた会社は、どこも魅力的な会社でした。ただ、自問する中で、「自分の特性が一番活きるのはニューロスペースのようなスタートアップだ」と自覚するようになりました。

WARC小林:最終的に、ニューロスペースさんを転職先に選んだ決め手はなんですか?

ニューロスペース小林:リアルテックファンド藤井さんの提案で、ニューロスペースに出資している担当のベンチャーキャピタリスト山家さんの話を聞く機会を頂けました。山家さんは、投資家向けのプレゼン資料をもとにニューロスペースさんの企業価値をプレゼンしてくれました。

投資家という客観的な観点から、転職先に考えている企業の説明を受けられるのは、VCであるリアルテックファンドさんならではだと思いました。

実は面談の前に、リアルテックファンドさんから直筆の手紙をいただいたのです。そこにはニューロスペースの魅力や今後の可能性が書かれていました。とても心のこもった手紙で、投資家目線でありつつも、私個人のキャリアを考えてくれた内容でした。選考途中の時期に読んだので印象深かったのを覚えています。

最終的に決め手になったのは、ニューロスペースの企業カルチャーが自分に一番合っていたこと。そして、北畠さんを始めとし「一緒に事業を盛り上げよう!」と語りかけてくれた経営陣のメッセージですね。この人達と一緒なら、自分が乗り越えられなかった壁を乗り越えられるかもしれないと思ったのを覚えています。

WARC相馬:大三さんから私に内定承諾のメッセージをチャットツール経由で頂いたのですが、嬉しくて嬉しくて、すぐに北畠さんと藤井さんに電話しました(笑)。

RTF藤井:僕もめちゃめちゃ嬉しかったです。その日は、嬉しさのあまりちょっとだけ良いワインをあけて飲んだのを覚えてます(笑)。

ニューロスペース北畠:あの当時、誰もが大三さんのキャリアで実現したいことに共感を持っていたし、大三さんのキャリアを「自分ごと化」して考えていた気がします。何度も会って本当にいろんな話をしましたが、いつしか同じ目線で悩んで考えていました。

相馬さんから一報を頂いたのは電話でしたが「ニューロスペースに来てくれてありがとう」と心から思いました。

WARC小林:ニューロスペースに入社後、大三さんのご活躍はどうでしょうか?

ニューロスペース北畠:目覚ましい活躍ぶりです。新型コロナウイルスの影響で、社内がリモートワーク中での入社でしたが、スムーズに周りとの関係性を構築したり情報をキャッチアップして、すぐに様々なプロジェクトに入ってくれました。

事業開発という全体戦略だけでなく、企業向け事業の戦略やマーケティング戦略などでもパフォーマンスを発揮しています。大三さんの参画によって、戦略やマーケティングをロジカルに進められる体制になったので、既存の営業チームが更に動きやすくなりました。

大三さんの良いところは、役割を問わず会社の課題に対して、積極的に自分の強みを活かそうとするスタンスだと思います。入社早々、事業における中長期的な戦略を練る会議に参加して、リーダーシップをもって議論や提案をするなど、まるで何年も前からニューロスペースにいるかのような動きです(笑)。

なんといっても、大三さんの人間性が素晴らしいですね。信頼関係構築がすごく上手ですし、ロジカルなだけでなくメンバーとのコミュニケーションが丁寧です。大三さんに協力したくなる巻き込みの力がありますね。ロジカルだけどウェット。普通に羨ましいです(笑)。

ベンチャー企業のホンネがわかる WARC × VCの転職支援

WARC小林: さて、今回のケースを振り返ってみて、どの点が「ベストプラクティス」と感じますか?

ニューロスペース小林:転職者の観点から私がまずお答えしますね。納得のいく転職にするために、最後の最後まで親身になって相談に乗っていただいた藤井さんと相馬さんには本当に感謝しています。当初は、案件を紹介される度に「ここは違います、ここも違うかも」と言い続けていたのに、いろんな可能性を探るかのように提案をし続けてくれました。普通の転職エージェントだったら、引かれてしまうくらいのわがままさだったと思います。

当初は転職活動をするにあたって、自分で企業を探して直接コンタクトをとろうと考えていましたが、結果的にWARCさんのような紹介会社に入ってもらって良かったです。まず、得られる情報が格段に違います。

なにより、企業側の温度感や面談後のフィードバック、先方の経営者が私のことをどう感じたのかなど、本音に近いところまで教えてもらえたのが大きかったです。自分ひとりで会社を見つけてアプローチしたとしても、先方がどう思ったのかといった本音まではわかりません。ましてや、他社との選考状況も含めて先方に伝えて調整してくれたりなど、とても個人ではできないことです。

RTF藤井:その意味では、他社の選考状況や求職者の情報を迅速にシェアしながら、各社で連携をとれたのがベストプラクティスにつながったと思います。求職者がどんな情報を求めていて、どんなことで悩んでいるのか、他社と比べて我々に何が足りないのかもわかったので、細かく擦り合わせることができました。

そしてなによりも、大三さんの「納得のいく転職にしたい」という想いに共感し、期待に応えたいという気持ちで誰もが当事者になって動けました。

ニューロスペース北畠:お互いの情報のやり取りが濃密かつ速かったですよね。企業側からすると、連絡が遅いと不安になるだろうし、求職者側からすると本音が知りたい。コミュニケーションの量と速度がラリーのように行き交っていてテンポも良かったです。

ベンチャー企業にとって、キーポジションの採用は会社の要になります。良い人を採用するために全力を尽くせたと思いますし、ニューロスペースにとっても良い採用のベストプラクティスになりました。

RTF藤井:WARCさんとの密な情報交換のおかげで「良い人を採用するために、他社さんはここまでやってるんだ」というマーケット感覚を得ることができました。最後まで大三さんが悩んだ企業も含め、トップレベルで良い採用をしている他社を知ることができました。確実にベストプラクティスとなったので、社内にノウハウを共有することで、リアルテックファンドの採用力も上がったと思います。

WARC相馬:大三さんは魅力的な人だし、「ご本人のこれからのキャリアを本気で応援したい!」と思いながら提案を進めてきました。提案した企業がマッチしなくても、次の提案を考え、どうしたらマッチするだろうかと考えながら、とにかくコミュニケーションを取り続けました。

諦めそうになる時もあったのですが、リアルテックファンドさんもニューロスペースさんもまるでチームのように協力してくれて、それぞれができることを全部やりきれました。

私自身、エージェントとして大きな学びになりましたし、リアルテックファンドさんともこういった形で協業の実績ができて良かったです。

これからのニューロスペースさんと大三さんの活躍を応援しています!

\WARCは事業拡大中のため採用を強化しております/

現在、事業拡大中につき新しい仲間を募集中です。弊社にご興味のある方は、お気軽にエントリー・お問い合わせをお待ちしております!

▶︎採用に応募してみる ※Wantedlyの各求人よりご応募ください
キャリアアドバイザー
数字ヅメの営業に飽きたあなたへ。新たな人材紹介業モデルを創るメンバーを募集
株式会社WARCは「想いをカタチに出来る世の中を創る」というミッションを掲げ、管理部門のハンズオン支援を行うCo-WARC事業、M&Aアドバイザリー事業、管理部門人材紹介を行うWARC AGENT事業、管理部門特化型の転職サービス「SYNCA」などのサービスを提供しています。 <事業内容の詳細> #Co-WARC事業(コンサルティングサービス) スタートアップ、ベンチャー企業を中心とした成長企業に向けた経営課題の解決から、IPO支援、タックスコンサルティング、人事・組織変革支援等、あらゆる領域をオーダーメイドで支援します。 #M&Aアドバイザリー事業 ベンチャー企業のみならず、グローバルに展開する大手企業やプライベート・エクイティ・ファンドまでも対象としたM&Aのフルラインナップ・サービスを展開しています。 #WARC AGENT事業(管理系人材紹介) 経営企画、経理、財務、人事、労務、法務、総務といった、コーポレート部門のプロフェッショナル人材の方に、急成長中のベンチャー企業の管理部門のハイレイヤーポジションを中心にご紹介を行っています。 #HR tech事業 「ヒト」「モノ」「カネ」全ての分野において、自動化・効率化されていない課題を、テクノロジーの力で解決します。
株式会社WARC
▶︎WARC MENTSで転職の相談をする
株式会社WARC's job postings

Weekly ranking

Show other rankings