This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

10代で起業し、マネジメントで活躍するシニアディレクターが、RevCommにジョインした理由

こんにちは、RevComm(レブコム)広報担当です。今回は、当社のシニアディレクターを務める藤本兵馬(ふじもとへいま)のインタビューをお届けします。

10代で起業した藤本は、その後、システム開発会社のCOOとして収益増に貢献。のちに、フリーランスとして、NECビッグローブやリクルートテクノロジーズ、リクルートライフスタイルで、事業開発・プロジェクトマネジメントに従事しました。

そんな経験を持つ藤本に、なぜRevCommにジョインしたのか、どのようなところが魅力的だったかを中心に、話を聞きました。

「社会の負を技術で改善するビジネス」がしたい

―― これまで、どのような仕事を経験されたのですか?

10代の頃に共同起業して、法人向けと個人向けで展開するECの会社を立ち上げました。中高時代の周囲の環境が、当時まだ多くはなかったインターネットが使えるなど、起業に向いている環境だったんです。アフィリエイトのシステムを自前で組んでいたので、当時としては一番早かった部類だと思います。

20歳前半でシステム開発会社のCOOに就任しました。プロダクトやシステムを効率的に作っていくことで社会の負を解消できるような事業をしたかったんです。ビジネスサイドすべてと全社的なプロジェクトマネジメントをしていました。

その後はフリーランスとして仕事をしていましたが、案件単位でジョインするような形ではなく長期でコミットメントしていたのと、マネジメントワークが多かったのであまりフリーランスっぽさは無いかもしれません。NECビッグローブで大規模なシステム開発案件のプロジェクトマネジメント後、toBのサービス企画・立ち上げを手掛けました。リクルートテクノロジーズではクラウドインフラ系のサービスマネジメントを、リクルートライフスタイルではサービス基盤マネジメントと新技術適用検討を担当しました。

人のレベルの高さに魅かれスタートアップのRevCommへ

―― 仕事を選ぶ観点や自身の軸になっているものは何ですか?

事業の面白さや将来性、社会に対する貢献は大切な軸ですが、私が仕事を選ぶ上で重視しているのは、周囲の人です。頭の良い人と一緒に仕事をしたい。「一般的にこうだから」「うちの会社はこうだから」という軸ではなく、自分の見解できちんと物事を言える人。前例やこれまでのやり方をただ踏襲するだけでなく、なぜそのやり方が大事なのかというところで自分の見解がある人と働きたいと思っています。

―― 大企業に身を置きながら、なぜ、RevCommに興味を持ったのでしょうか?

大企業とベンチャーを比較して迷っていました。私の社会人歴は、シードからスタートした後、大企業でプロジェクトマネジメントをしてきました。そして、「この先どうするか?」と考えたときに、これまでのナレッジや経験を活かしつつ、安定的に大きな事業をハンドリングしていける大企業、もしくはシードからアーリーステージのベンチャーとして、社会にインパクトをもたらす勝負をしているような企業を選ぶかの二択があった中で、ベンチャーへの参画を選びました。

そのなかでも、RevCommを選んだ理由は、三つあります。一つ目は、平村をはじめとしたエンジニアの力量。エンジニアのレベルが非常に高く、とても魅力的に感じました。二つ目は、創業フェーズに近い状態でありつつも事業が成立している状況であったこと。三つ目は、プロダクトの強みです。最終的には、人のレベルの高さに魅かれたのがRevCommを選んだ理由です。

今後の勝負は「MiiTelの次のプロダクト」

―― 現在は、どのような仕事をしていますか?

ビジネスサイド全般とバックオフィスの一部を担当しています。特に「MiiTel」のサービス、そこに含まれる技術や要素をお客様にどう使ってもらうか、効率的にお客様にお届けしていくかを意識して仕事をしています。私自身は、営業でもマーケティングでもエンジニアでも、特筆する専門性はないと思っています。全方位に知識と経験はあってもスペシャリストでは無いジェネラリストなので、他のメンバーの力量を最大限発揮してもらうことで結果を出していきたいです。

―― ジョインしてから、何を実感していますか?

エンジニア一人ひとりの粒がそろっている。一人ひとりの力量の強さですね。いい意味で個人として独立していますね。それに加え、お客様に対して、「何を提供していくか?」を考える時に、お客さまの要望を理解し解決策を提示する、ということに対する意識の高さも魅力の一つだと思います。プロダクトアウトとマーケットインがいいバランスで成立しうる、技術力と思考力のレベルが非常に高い会社だと感じています。

―― では、現在の課題点はありますか?

今は速度感を持って進めていく必要があるフェーズです。事業を成長させつつも各ポジションでの業務フローをゼロベースで作っている最中ですし、高速でプロダクトを改善しているので、ビジネスサイド、エンジニアとも優秀な人に多くジョインしていただく必要があります。

―― 今後の展望を聞かせてください。

RevCommという会社は、音声における新たなコミュニケーションの在り方を創造する会社です。ただ高機能なIP電話を提供する会社ではなく、音声解析技術と可視化によって、コミュニケーションをいかに改善していくかが我々のビジネスです。今やっていることは、一部を事業化したに過ぎず、今後は音声解析をプラットフォームとしてPaaS化する、ミーティング・マネジメントを最適化していくプロダクトを作っていく。そのための事業モデルをどのように構築していくのかということが、今後の勝負であり、一番の可能性ですね。

「事業や組織を作っていきたい人」が活躍できる環境

――現在、どのような人材を求めていますか?

今のステージにおいては、個々人の専門性だけでなく事業に必要なことをなんでも手がける姿勢が必要です。プラスアルファ、自分がやりたいことをできる余地は十分にある組織でもあります。

業務スキル以外の面では、カルチャーを作る意識が強い人にジョインしていただきたいですね。会社の制度を作ったり、さらには企業文化まで一緒に作っていけるような人が活躍できると思います。

――エンジニア候補者に関しては、どのように考えていますか?

サービスを作りたい人、音声認識に関わりたい人、事業を回していくための開発をしたい人、といった各ポジションで、自由な働き方で力量を最大限に発揮できる環境です。

特にテクノロジーだけでなく、ビジネスに対する意識を持っている人、フルスタックエンジニアを志向する人は活躍できると思います。将来自分でサービスをや事業を作ることを意識している人にとっては、良い学びがある環境だと思います。

――最後に求職者の方へのメッセージをお願いします!

一緒に社会の負を改善したい方、一緒にRevCommという船を作っていきたい方をお待ちしています。ただ自分の時間を会社に捧げて船を漕ぐのではなく、いかに他の人が乗る船を作っていけるのかを考え、その成果を体感できるスタートアップの楽しさがRevCommにはあります。

株式会社RevComm's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings