This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【社員紹介Vol.6】Seize the day! Life is a show!

Background

Q. OYO LIFEに入社するまではどんなキャリアを積んできましたか?

基本的には自分の意の向くままの人生を歩んできました。

大学を2年で中退し、アメリカへ渡米。NPOのパフォーマンス団体の一員として、世界中を飛び回ってダンスと歌の魅力を子供たちに伝える活動に従事していました。

4年ほど経ち、そろそろ地に足をつけた生活をしようと思い、帰国。それからは、外資系ホテルや小さいころから大好きなディズニーランドのクルーとして、接客業務に従事しました。お客様に幸せな時間を過ごしていただけるよう、尽力していました。

ちょうど前職での仕事が一段落して次の挑戦を考えていた時、OYO LIFEに出会いました。OYO LIFEには、本当に多種多様なバックグラウンドの人々ばかりなので、そんな環境で働いてみたい!と思い、入社を決めました。

Team Diversity

Q. OYO LIFEで働く環境について教えてください

本当に多様性があり、色々な考えやアイディアが飛び交っているのでとても面白いです。年齢や国籍に関係なく平等に意見が言える環境で、優秀な人も多いので、そういった仲間とディスカッションする日々は常に刺激に溢れています。

以前働いていた外資系のホテルはすでに強いブランド力を持っていましたが、OYO LIFEはまだ日本での認知度は低いです。さらに、「おもてなし文化」が大事にされる日本で、前衛的なOYO LIFEのサービスが受け入れられるのかという懸念はありましたね。

しかし、だからこそ挑戦のしがいがあると思いますし、メンバーも自社のサービスを通じて社会をより良いものにする!と気概を持って働いています。

OYO Culture: IMA

Q. 入社してから最大の「今」エピソードを教えてください

カスタマーサポートチームの立ち上げメンバーに決まった時のことです。

日本には、OYO LIFEのようなサービスの前例がないので、すべてのお問い合わせやリクエストがイレギュラーでした。チームの皆でマニュアルや対応プロセスのフローを1から作成し、少しずつブラッシュアップしていきました。

フラットに意見をぶつけ合えるOYO LIFEのカルチャーがあったからこそ、あのスピード感でチームを確立することができたのだと思います。

On Your Own Life

Q. ライフスタイルのこだわりは何ですか?

休日は筋トレとカラオケをよくしています!もともとパフォーマーだったので、筋力は維持したいし、歌を歌うことも大好きなので、一人で6時間カラオケで歌い続けることも珍しくありません(笑)

また、週に1度はディズニーランドに行っています!1人で行くこともあれば、友人と行くことも。アラジンのジャスミンが大好きなので、部屋はジャスミングッズで溢れかえっています!

Profile

Sena Imai (27)
Customer Support
Since 2019/3

Customer Support

OYO LIFEの利用者様に新感覚の住まい体験を提供するためのサポートを行なっています。

OYO LIFE's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more