1
/
5

【エンジニア座談会】キャッシュレス社会を支援する「PCI DSS Ready Cloud」開発の裏側に迫る

皆さま、こんにちは!株式会社リンク採用広報です!

今回は当社のセキュリティプラットフォーム事業部で、活躍している3名の社員を招いて座談会イベントを開催しました。会社に対する本音や今後の展望に深く迫っていきます…!

<登壇者紹介>

傳田 直也(セキュリティプラットフォーム事業部/新サービス開発マネージャ)
技術者派遣で色々なプロジェクトの現場を経験していたが、実績を積むにつれ、プロジェクトの意志決定にも関わりたいという気持ちが強くなる。自社サービス運営に特化し、技術者主導でサービスを立ち上げられる大胆な意思決定ができる点を魅力に感じ、リンクに転職。現在は事業部の責任者と採用全般に関することに従事。
植村 拓弥(セキュリティプラットフォーム事業部)
2017年にITエンジニアになるまで、秋葉原の専門店でパソコンの販売員として稼働。ハードウェアの仕事をする中で、ソフトウェアの仕事に携わりたいと考えITエンジニアに転身。ネットワークエンジニアを経て、現在はリンクのセキュリティープラットフォーム事業部で「PCI DSS Ready Cloud」の改良やトラブル対応などの仕事に従事している。
窪内 魁(セキュリティプラットフォーム事業部)
文系の4年制大学を卒業後、派遣型のIT会社に就職。複数の現場を経験し、主に銀行系物理インフラ環境の維持・改修を担当。銀行系ということもあり比較的保守的な作業が多く、数年経った頃には各作業に慣れ切ってしまい、このままここにいて成長できるのかと違和感を感じ自社インフラサービスを持っているリンクに転職。

-まずは、リンクで働く魅力と現状のご状況について語ってください!

植村:
フラットな環境で意見が言いやすい会社ですね。
疑問点とか気になったこと、自分が今後展望していきたいものがあれば気兼ねなく発することができるのは他社にはないような解放感だと思います。
インフラ系の仕事はクライアント先に常駐して働くことも多いですが、リンクでは自社サービスを展開しているため客先常駐がなく、且つ上流から下流まで様々なフェーズに関わることができます。
メンバーはみんな自由に働いていて、オフィス内に堅苦しい空気はありません。

窪内:
やりたいことがあれば自分発信で何でもやらせてもらえます。
新規事業や目の前の仕事に際して新しいアイディアがあって、「それいいね!実現できそうだね!」ってなったらいつでもやらせてもらえる。やりたいことがいっぱいある人には向いている環境だと思います。
僕自身リンクに入ってVMやAWSを触りたいという思いが強かったので、そこに対してはドンピシャにやりたいことをやらせてもらってるような現状ですね。入社後のギャップは全くありませんでした。

あとこれはやろうやろうと思ってまだ実現できていないんですけど、技術者の負担を減らすためにAnsible(アンシブル)を導入しようかという提案もしています。

傳田:
窪内の言う通り、今は技術者(現場)の負担が大きくて「どうしたら業務が改善されるか」ということにリソースが割けていないのも事実ですが、自社サービスをいかに大きくしていくかであったり、日々の課題解決に向けた話し合い自体は2ヶ月に1回程度メンバー同士でしっかり行っています。

少しでも個人個人の負荷を軽減するような施策も練り直すためにも、今は採用活動を頑張っていこうという段階なんです!

窪内:
あと、今はリモートワークがメインになっていて直接顔を合わせることが少ない状況下ではありますが、毎日オンラインで朝会と夕会を開いて各々の日課の発信であったり、コミュニケーションはしっかりとるようにはしています。

傳田:
そうだね、SlackやBacklogは社内で活発に動いているからお互いの情報共有や関係性構築の部分はしっかりとれているかな。

-ありがとうございます!それでは、リンクに入ったら「こんなことを学べる」「こんなことに関われる」というものがあれば教えてください!

窪内:
クレジットカードの企画に特化しており最先端のセキュリティ技術に関わることが出来るという点はやはり魅力的ですね。今後もセキュリティは注目を浴びるコンテンツになりますし、そこの知識を会得できるのはリンクならではだと思います。
クラウド、物理ともにセキュリティに特化した自社のインフラサービスをもっており、インフラエンジニアとして成長したかった自分にとっては、非常にありがたい環境でした。

植村:
「PCI DSS Ready Cloud」のトラブル対応において、顧客からのお問い合わせ窓口は別であってそこで対応しきれないものを僕たちの部署で解決するんですが、直接お客様と繋がって問題解決能力やトラブルシューティングのスキルも伸ばすことができる点もリンクならではです。

傳田:
自分たちが作ったものをお客様が使い続けるので、ユーザーサポートの二次受けで動くことも多々あります。単純なSierでやっている方々からすると少し風変わりな雰囲気かもしれませんね。

植村:
直近で言うとうちのサービスとお客様の別環境を接続したいというお問い合わせがあったんですが、
お客様側の設定間違いで理不尽に怒られたケースもありますけどね(笑)
技術的にも案内的にもこちらの不手際はなかったんですが、どうしても二次受けのお仕事ではあるので…こういった問題にも度々直面します。最終的にはAWSのスクリーンショットを送ってもらって「ああ、これ間違ってますね」で解決したんですけど。。

-そうなんですね!お客様とのコミュニケーションも重要なお仕事であることがよく分かります。今後リンクでやってみたいことはありますか?

植村:
ゼロトラストネットワークは絶対にやりたいです!
これって決まったフレームワークは全然ないんですけど、テレワークが増えてきた昨今に流行っている新しい技術で、最近ではVPNの代用で使っている企業も多いんです。

傳田:
勉強会とまではいかないんですが、ゼロトラストを導入するにあたってウェブサイトのコラムを社内で共有したり、技術者以外の社員にも「こういった新しい技術に注目している」というのは伝播しています。そういった新しい取り組みをやるにあたっても今は技術者メンバーの採用からじっくり練っていきたいなって感じですね。

あとはクラウド型テレフォニー事業で「BIZTEL(ビズテル)」という社内で一番大きな部署があるのですが、そことタイアップで新しいコラボレーション商品が出せないかという話はしています。

-会社の評価制度などもあれば教えてください!

傳田:
事業部長やマネージャが年に1回程度人事に関することで面談をしていますが、ほぼ毎日何かしらの形で顔は合わせているので、日々の業務に対する評価であったり目的達成のために行動しているかであったりはしっかり見ていて、それが昇給や賞与に反映されてきます。

しっかり成果を出していただければ二人が言っている通り意見は自然と反映されていくので、非常に風通しのいい風土ではあると思います。

-いまのリンクの課題があれば率直に語っていただけますでしょうか?

傳田:
提供しているサービスの老朽化ですかね。これまで使っていたソフトウェアがバージョン終わるから新しいものに変えていこうとかは勿論致し方ない作業ではあるんですけど、いま提供しているサービスからガクッと質が落ちてしまうことは問題なので、細かく設備面を気にしながら検証して準備を進めていく必要はありますよね。

植村:
顧客への影響を汲みながら対応していかないといけないところではあるので、結構シビアですよ。バージョンや技術資産をどうアップデートするかはずっと付きまとってくる課題で、いかにしてPDCAを回して顧客に寄り添いながら解決していくか。日々試行錯誤しています。

-今回の採用計画にあたって、お三方が思う「こんな人と働きたい!」というのもあれば教えてください!

植村:
やったことがない技術でも積極的に触ってみようという気概がある方ですかね!(即答)

傳田:
グサッ(笑)僕、好き嫌いめっちゃ多いから、刺さっちゃうな~(笑)
適切な時間で必要な情報をしっかりインプットしてくれる人がいるといいですね。

窪内:
僕は偉そうなことは言えないですけど、ITの業界だからこそに認識の齟齬があるとダメなので、コミュニケーションを図って協調性を重んじてくれる人がいいかなって思います!

植村:
あとは僕自身が結構資格マニアで、勉強熱心な人には関心がありますね。付随して、やはりチームプレーでもあるので会話のキャッチボールはしっかりできている人が前提になりますかね。

傳田:
分からないことは有耶無耶にしないできちんと相談できる人。常に何かしらにアンテナを張っていて、情報をいち早く収集する能力に長けている方とは是非とも一緒に働いてみたいです。

-ありがとうございます。それでは最後に、今後のリンクの事業展開やミッションについて簡単にお話しいただけますでしょうか?

傳田:
SaaS事業の拡大を図っています。
今はインフラの事業が中心となっていますが、SaaSの担当者が1名しかいないので、採用活動は並行して行っている段階です。
もっと具体的に形になってきたときに、AWSとかだとアプリケーションのサービスといいつつインフラのテクニックはいっぱい要してくるので、そこでコレボレーションができたらと思っています。

植村:
アプリケーションのリリースはもっと楽にできるようになってくるといいですね。今やっているサービス自体はお客様にやっていただく工数もまだまだ多いので、そこをいち早く軽減できる改良が出来たらベストですね。

傳田:
セキュリティの技術の体制が整っていないと、どうクリアすべきなのか分かっていない企業が多いので、そこに入り込んでいって少しでも弊社のサービスの導入によって改善することができたら。それが僕らの会社の一番のミッションです。


ありがとうございました!

今回の座談会には、セキュリティプラットフォーム事業部に所属している3名の社員にお越しいただきました!

キャッシュレス社会のセキュリティビジネスに新しいインパクトを」がミッションである当社では、最先端の技術をに触れながら自社サービスPCI DSS Ready Cloudのインフラを整えるエンジニアとして大きな成長を遂げてみたいという仲間を募集しています。

皆さまのご応募、お待ちしております!

株式会社リンク's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings