1
/
5

PyCon JP 2021にスポンサーとして参画

こんにちは。

ご無沙汰しています。フィグニーの代表の里見です。

本日は弊社がPyCon JP 2021のGOLDスポンサーとして参画することになりましたので、それについて少し書かせていただきます。


私は本格的にPythonを会社の第一言語として採用してから4年ほど経ちますが、毎年PyCon JPへの参加をしており、「いつか、自分たちも開催側として少しでも関われたら」という想いがありました

それが今回叶うことになり、とても感慨深いものがあります。

テックカンパニーにとって、メインで使用している言語は、その会社の思想やスタンス、社風をよく表します。

現在最も普及している、安定した言語を選ぶ組織。 勢いがあるが、バージョン変更も活発で動きの早い言語を好む組織。 まだサービス環境での実用例がほとんどないが、一部のエンジニアには猛烈に愛されている言語を好む組織。


我々はサーバサイドの第一言語を「Python」、第二言語を「Rust」としておりまして、安定したシェアを取りつつも、まだ不安定だが将来性のある言語を選択していく社風です。


こういった社風の小さなベンチャーで、エンジニアとして成長したいという方がいれば、是非ご応募お待ちしています!

フィグニー株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more