1
/
5

新たに2名の取締役が就任しました!

■背景
現在弊社では、モバイルゲーマー向けボイスチャットサービスの開発及び、eスポーツイベント制作事業の拡大に伴い組織を鋭意拡大中です。今回の新たな取締役の就任に伴い役割を明確化し、組織の基盤強化と意志決定のスピードアップを目指します。

■新経営体制
・代表取締役CEO 吉村信平
・取締役COO 吉本砂月
・取締役CPO 高城良岳
・非常勤取締役 中島賢一


新たに就任した取締役メンバーの紹介


取締役CPO 高城良岳
■Twitter :
https://twitter.com/yoshitakagi

■プロフィール
1991年生まれ。福岡出身。2013年、西南学院大学在学中に福岡で起業。2016年にはサイバー・バズにジョインし、新規事業の責任者を務める。2018年よりメルカリにジョイン。メルカリではプロダクトマネージャーとして新規事業やグロース領域を担当。2021年5月にメルカリを退職後、フリーランスのプロダクトマネージャーとして複数のスタートアップを支援。同年9月より株式会社RATELに参画し、10月より現職。現在は株式会社RATELにてプロダクト部門の責任者として、VOLBOXの開発を担当する。

■コメント
RATELは日本でも数少ない、eスポーツの最前線を走るスタートアップです。eスポーツの可能性に熱狂し、日本のeスポーツを牽引してきたRATELのメンバーとともに、これからのeスポーツの盛り上がりを一緒に作っていけることを幸せに思います。eスポーツに携わる関係者の方々、eスポーツに熱狂するファンの方々、ゲームが好きで生活の一部になっている方々すべてに愛されるプロダクトを提供するために、全力を尽くしたいと思います。


非常勤取締役 中島賢一
■Twitter :
https://twitter.com/Naka2ndG

■プロフィール
民間IT企業を経て、福岡県に入庁。福岡県にてコンテンツ産業振興を活発に行い、福岡県Rubyコンテンツ産業振興センターを立ち上げる。2013年4月より福岡市に移籍。ゲーム・映像係長や創業支援係長として、ゲーム、映像などのクリエイティブ分野やスタートアップ企業のビジネス支援に奔走。その後、公益財団法人福岡アジア都市研究所にて都市政策をベースとした研究事業のコーディネータとして活動し、2018年9月に福岡eスポーツ協会を立ち上げ、格闘ゲームの祭典『EVO JAPAN2019』を福岡に誘致する。2019年2月に2019年4月『楽しい』でもっと世の中を良くしようとNTT西日本に移籍し、社会課題をエンターテインメントで解決するソーシャルプロデューサーとして活動中。プライベートでは、15年以上にわたってトレーディングカードゲームのイベントを開催し、子どもたちからデュエルマスターと称されている。

■コメント
楽しいという感情は様々な困難を乗り越える原動力になります。ゲームは楽しいものです。そしてeスポーツは楽しさに熱狂が加わったものです。eスポーツが文化になり当たり前になれば、世界はポジティブな感情にあふれ、多様な個性が輝く時代がやってきます。RATELは楽しさを増幅するエンジンです。RATELは熱狂を生み出す翼です。熱き魂で羽ばたくRATELにご注目ください。「楽しい」で切り開く未来を共に見たいと思っています。


取締役陣のコメント

代表取締役CEO 吉村信平
■Twitter :
https://twitter.com/Shin_esports

■コメント

この度 「宇宙一のエンタメをつくる」のミッション実現に向けた経営体制の強化を目的に、 高城良岳さんを当社取締役CPO、中島賢一さんを非常勤取締役としてお迎えすることとなりました。高城さんはスプラトゥーン2 ランクはS+、そして福岡の起業家の先輩としてメルカリでの活躍を一方的に存じ上げておりました。彼が福岡でのスタートアップシーンを活性化してくれたおかげで自分がスタートアップと出会えたのだと感謝しています。中島さんとは高校生の時からお世話になっている方と数年越しに一緒に働ける事を大変嬉しく思っております。そしてポケモンユナイトのランクはマスター、年齢からは感じ取れないゲームセンスに感銘を受けております。これまでRATELはeスポーツタイトルの大会運営事業やeスポーツ関連プロダクトを作ってきました。
今後はさらにeスポーツ市場を成長すべく、高城さん、中島さんとチームとなり、より一層テクノロジーを活用した宇宙一のエンターテイメントを創造してまいります。


取締役COO 吉本砂月
■Twitter :
https://twitter.com/Satsuki_exams

■コメント
「宇宙一のエンタメを作る」というミッションの下、我々の愛するeスポーツを宇宙一のエンタメにするべく大会制作やボイスチャット開発に挑戦してきたRATELも今年で4期目に突入します。eスポーツイベントの放送件数はのべ200件を越え、ボイスチャットアプリケーションの技術力も着実に蓄積されていっております。今回新たに仲間に加わってくださる御二方と共に、業界や市場に対してさらに大きなインパクトとクラッチを起こせるように尽力して参ります。

■その他のRATEL関連記事

株式会社RATEL's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings