This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

教育で「やりたいことを見つけられる」時代へ。起業を目指していた私がエナジードに入社した理由

はじめまして、エナジードで営業企画マネージャーを務めている横山と申します。

私は、教育機関向けの次世代キャリア教育教材と企業向けの次世代型ビジネススキル向上の研修を拡販する営業組織のマネジメントをしております。

「起業」を軸に就職活動をしました。

大学生時代は、部員100人規模の英語研究部に所属し、全国の高校生のための英語弁論大会を主催したり、財務担当役員として財務体質改善に取り組んだりと本業の学業より部活動に励んでいました。

「いずれ起業したい」という思いが強かった私は、就職活動では、「経営観点を学べる」や「後腐れなく辞められる」ことを軸に企業を探しました。結果、とある半導体の会社の営業職として入社。そんな新卒入社した半導体の会社では、ビジネスの基礎やスタンスを徹底的に学ばせていただいたのですが、なんと私は「3年でこの会社を辞めます。起業のために勉強をさせて頂いています!」と、お偉いさんがいる懇親会の席で発言していたそうで、そこにいた同期全員がドン引きをしていたそうです(苦笑)。
私は覚えていないのですが。日本の伝統的な会社からすると、異端児だったのかもしれません。

夢を叶えるため、次のステップへ

仕事自体は楽しかったのですが、初心を思い出し「このままでは起業には近づけない」と判断し、リクルートの求人広告の営業に転職をしました。

起業をするには「経営者と会える」、「様々な業界を見れる」といった点が必要で、リクルートならそれを叶えられると感じたのです。

起業にまた一歩近づけると思い、意気揚々と望んだリクルートでの営業。いざ実務が始まると華やかなイメージとは裏腹に、めちゃくちゃデカいビルを上から下までアポなしで飛び込んだり、時には国会議事堂にまで飛び込んだりと、担当しているエリアの隅から隅まで泥臭く営業しました。さらには、全く結果が出ずに非常につらい毎日を過ごしました。

そんな血に汗滲む努力をして結果が出始めた矢先、にまさかの異動・・!求人広告がやりたくて入社したのに、なんと次の異動先は「住宅」領域の「リクルートの住宅カンパニー」(現:リクルート住まいカンパニー)でした。

望まない異動がきっかけで、人生が変わった。

ですが結果的に、ここでの経験が人生を大きく変えることとなります。事業戦略に入り込んだ提案営業なども非常に勉強になりましたが、一番は一緒に働く営業メンバーとともに営業戦略を考え実行し、チームで大きな目標を達成する喜びを感じたことです。

マネージャーの仕事は、戦略立案・戦略実行・人材育成の3つですが、この時に一緒に働くメンバーが成長し、3ヶ月前にできなかったことができるようになったことで、事業がぐぐぐんと伸びることを体験をし、「人材育成」の大切さを肌で感じました。

紆余曲折有り、リクルートを辞め、またリクルートに出戻ったりしながらも、「人材育成」こそが事業成長の根源であることを確信し、もっと世の中に貢献していきたいと感じました。元々は起業をしたいと思っていましたが、キャリアを通じて「もっともっと日本の国力UPに貢献したい」と感じ、その手段は起業でなくてもいいと思い始めていました。日本の未来を考えたときに、「人材育成」こそが国力UPだと思っていたところ、知人の紹介でエナジードと出会いました。

中学校・高校生への教育こそが直接的に日本を強くする

日本の国力UPを下支えする「人材育成」。
時間軸・規模を考えたときに、中学校・高校生への教育こそが直接的に日本を強くする、というエナジードの考え方に共感しました。

私自身、「自分のやりたいこと」を真剣に考え始めたのは大学の就職活動のときでした。
それこそ小学生までは漫画家になりたいと夢見てましたが、中学校以降は進路に関して何も考えず、「家から近い」を基準に学校を選んだりしてました。結果的にはよかったのですが、本質的に自分のキャリアに向き合うことをもっとしていれば、自分の選択肢の幅は更に広がったのではないかと思っております。

自分のやりたいことを見つけ、それを実現する。
そんな教育ができれば、もっと目を輝かせた若者が増える!そんなことを思っております。

こういった自分の考えと、エナジードの目指す方向性が完全にマッチしていることを、代表の氏家と出会い確信したため、エナジードに入社することを決意しました。


実際にエナジードに入社してみて

私の仕事は、営業組織のマネジメントです。様々なキャリアを積んできたメンバーと向き合いながら、全国の教育機関・企業に対して提案営業をする組織を運営しております。ベンチャー故に、ルールがあってないに等しい状況なので、日々判断し新しいルールを作っている気概を感じます。やらなければならないことはもちろんですが、「やりたいことはをすべてやろう!」という組織風土もあり、忙しいのは事実です。仕事が好きでないと務まらないとも思っています(笑)

一方で、実はまだ幼い娘がいるため保育園送迎や育児全般なども臨機応変にさせていただいております。

主体性を持って0→1を生み出せる、新しいことに挑戦したい人と働きたい!

不確実性の高い世の中を自社サービスで生き抜くには、自分で課題を見つけ、解決策を生み出し、それを実行することが大切で、それは一言で「主体性」だと思っています。そんな主体性を育むサービスを提供しておきながら、働くひとが受動的だと説得力ないですよね(笑)

また、新しいことに挑戦したいと思っている人には、とてもいい環境だと思います。やったことのない、新しいことに毎日取り組んでいる環境です。

教育業界への熱い想い、主体性を持ってたくさんの仕事に立ち向かえる気概、そして自身の成長に貪欲に向き合えるスタンスを持った人に、ぜひジョインしていただきたいと思います!

そして日本の教育を、子どもたちの未来を本気で変えにいきませんか?

株式会社エナジード's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more