1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

SUNNYSIDE日記Vol.18「挨拶と抱負」

SUNNYSIDEの日々を広報担当者が書き綴るSUNNYSIDE日記。会社のことを出来るだけそのままお伝えします。良いところも悪いところも、できる限りそのままオープンに伝える。等身大の私たちの様子を知ってもらうことで、共感する方や一緒に働く仲間と出会えたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

1月5日

新年あけましておめでとうございます。本年もこれまで同様、多くの方のお役に立てるように努力して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、1月4日に今年初めての全体ミーティングを行いました。「今年初めて」といっても、クリーン事業部やSunnyday hostelにとって年末年始はかきいれ時なので、「休み明け」な雰囲気はなく、それよりむしろ「繁忙期明け」な雰囲気。ですが、まぁ暦のうえでは節目ということで、新年の抱負を交えながらの全体ミーティングになりました。

「業務をもう少し整理したい」「体調管理を気をつけたい」「この事業についてもう少し力を入れていきたい」などなど、お仕事の話やプライベートなことまで、これまた個性豊かな抱負がみんなから飛び出しました。中には「もう少し漢字を覚えたいです」なんていう抱負まで(笑)。それぞれの抱負にきちんと耳を傾けて、優しい気持ちで受け入れる様子もまたSunnysideらしいなぁなんてほっこりもしていました。

バラエティに富んだ抱負の中でも、特に印象に残っているのは、多田さん(社長)の一言。「今年も色んな変化がある年だと思います。時には否応無く変化せざるを得ない時もあると思う。そんな変化をみんなで楽しめるようになろう」(正確な言い回しはちょっと違うかもしれませんが、主旨は捉えているはず!w)本当にそうだなぁと思います。昨年はとても大きな変化を強いられました。仕事のみならず、私生活にまで影響及ぼす大きな変化です。一人一人の力では抗おうにも抗えない、それはそれは大きな変化だったと思います。今年もそうした変化の波は続きます。これまでの常識が通用しなくなり、新しい〇〇様式が次々出てくるのではないでしょうか。目眩がするような激しい変化の中でも、それを楽しめるチームになっていたいなぁ。多田さんの言葉を聞いて、改めて強く思いました。

「早く行きたければ一人で行け。遠くへ行きたければみんなで行け」そんなスローガンと共に、昨年4月からスタッフ同士でミーティングする機会を定期的に持つようになりました。毎週のようにミーティングをするのは、正直に言うと「めんどくさいなぁ」とか「自分一人で決められたらもっと楽かもなぁ」とか思うことがあります。それでも、みんなで貴重な時間を共有しながら話し合いを重ねていくと、少しずつ状況が改善されたり、やれることが増えていったり、お客様から感謝されることが多くなったりしました。それは一人よがりでは、到底たどり着くことが出来なかった光景だったりします。そんな時、ミーティングの前に感じた煩わしさの大半は、勘違いだったなぁということに気付かされるのです。「やっぱりみんなで行こう」そんなふうに思えます。

そして、そうした「みんなで行こう」というスタイルが、変化を楽しめるチームになるためにはとても大切なのだろうなぁと思います。一人では行き詰まってしまうような状況でも、みんなで知恵を絞れば乗り越えられるかもしれない。一人では粘れない状況でも、誰かの優しい言葉に勇気をもらって踏ん張れるかもしれない。文字にすると綺麗事のような薄っぺらなものに思えますが、毎日の中では結構大切なことだったりします。そんな知恵や粘りが、変化を楽しむためのポイントになる気がするんです。Sunnysideは色んな個性と共に仕事をしています。色んな個性と一緒に仕事していますが、誰一人としてスーパーマンのような人はいません。みんなで補い合ったり、強みを生かし合ったりして、力を発揮しています。「個性が共生し調和が発展を生む」この理念はこれからも変わりません。むしろ、変化の多い時代を楽しむために、より一層この原点に立ち返り、「みんなで行こう」を大切にしながら歩みを進めていけたらと思います。今年が終わる頃には、どんなチームになっているのか。今から楽しみです。最後までお読みいただき誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いします。

株式会社サニーサイド's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more