1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

こんな人と一緒に働きたい! !チームリーダーが語る「#キッズラインが今一緒に働きたい仲間」とは ~開発チーム~

メンバーの募集要項には、役割、歓迎スキル、求める人物像などがありますが「こんな人に仲間になってもらいたい!」という思いは、まだたくさんあります。ということで、チームリーダーが「#キッズラインが今一緒に働きたい求める仲間」について語る企画をスタートしました!第一弾はエンジニアの経歴をもつ開発チームリーダーの森田さんです。

ー開発チームリーダー:森田利春さん
7年ほどソフトウェア開発の会社で様々なシステムの仕事を経験し、その後サーバーサイドからアプリまで開発を経験。2016年10月キッズラインのアプリ担当として入社後、現在は開発・デザインチームを統括。カレーの食べ歩きが趣味。

プロダクトへの裁量が大きく、多様な働き方も

ーキッズラインの開発チームはどんな組織ですか?

サービスとプロダクトを最速で成長させるための「自立型組織」です。

完全内製開発の上、ビジネスチームとの距離が近いので、スピード感を持ちながらプロダクトの成長に必要な業務を幅広く進めています。

また、プロダクトに対する意思決定をメンバーの裁量に任せているので、成長とやりがいを感じながら働ける場所だと思います。

ーチーム体制や具体的な業務を教えてください。

開発チームはデザイナーとエンジニア部門があり、私を含め14名在籍しています。エンジニアは10名体制で、サービスの規模とやりたいことを比較すると、まだまだ仲間を増やしていきたいフェーズです。勤務体系に関しては、比較的個人のワークライフバランスを考慮しているので、柔軟に働くことができると思います。

また、チーム内は役割に関係なくフラットに意見が言いやすいので、システムについても丁寧に認識を合わせることができます。

主な業務は、webアプリケーションの設計や実装、ビジネスチームからの開発要望の把握、サービスの改善です。業務を通して、キッズラインのサービスを成長させてくれるエンジニアに、仲間になってもらいたいと思っています。

ー開発で大切にしていることは何ですか?

キッズラインには13のチームがあり、それぞれのチームが開発案件を企画し、開発チームに依頼します。チーム数が多いので開発案件は種類も数も多く、エンジニアは複数の案件を兼任しながらスピード感を持って進め、各施策で本質的にやりたいことを理解することが求められます。

また、相手の課題背景、課題解決に至るまでの道筋を「自分だけでなく相互に理解しているか」ということが重要なので、本当の要求を見つけて課題解決していくためにも、丁寧なコミュニケーションが大切だと思っています。

IT以外のスペシャリストとの協力

ー「一緒に働きたい人物像」の1つとして「相手の個性を尊重しながら仕事ができる人」というのがありますね。

はい、募集要項に記載しています。社内には教育、マーケティング、会計といった様々な分野のスペシャリストが集まっていて、その人たちと一丸となってサービスの向上を目指しています。

私たちエンジニアは、ITスキルや知識を超えてコミュニケーションをとる必要があり、そうすることで職種目線では気づかない新しい視点で仕事をすることができます。

ーなるほど。

例えば、スタッフが抱える課題やアイデアというのは、現場を1番よく知っているから出たリアルな声だと思うんですよね。もしそのスタッフが、ITの知識をほとんど知らない業界出身だとしても、私たちエンジニアが「ITっぽくないから」と跳ねてしまうと、せっかくの改善ポイントを見逃してしまいます。

課題やアイデアに対しては、本質的なことを見極め、それをどう仕組みに落とし込むか、相手の立場になって考えることが重要です。

そのため、誰とでも隔てなくコミュニケーションが取れるということは、サービスの向上にもつながりますし、全体のパワーをあげることになります。

スピード感と粘り強さ

ーどんな方に仲間になってもらいたいですか?

エンジニアは板挟みになることもあります。そんな時「どう乗り越えて解決するか」という場面が出てくるので、粘り強く課題に向き合える人は、この仕事に向いていると思います。

また、技術はもちろん必要ですが、物事を見る視点を広く持てるかどうかも大切だと思っています。「どういうしくみなのか」という業務知識、「本当はどうなのか」という洞察力、そして顧客視点から生まれる発想も求められるので、得意な技術に没頭するというよりは、判断スピードと忍耐力も必要になってきます。

ーキッズラインで得られることはどんなことだと思いますか?

広い視野と経験を実装する、といった応用力が磨かれます。また、単に言われたことを実装していくのではなく「サービスに必要なモノは何か」ということを考える力も養われます。

例えば、依頼をそのまま受けるだけでなく、背景となる顧客や関係者への理解、計測する数値、バックオフィスのオペレーション、安全や法令遵守、コンプライアンスなど、これらをトータルで検証分析し、推進とサポートをしていく必要があります。

こうしたことが結果的に、事業を推進できるエンジニアとして、技術以上の価値につながっていくと思っています。

それには適切な意思決定とバランス感覚が求められるため、経験者の方は今までの人生経験が事業に生かせると思いますし、若いメンバーの方は多角的視点をもった経験が積めると思います。

技術面とビジネス面の両方からアプローチしていける

ー最後に、仲間になってくれる方へメッセージをお願いします!

エンジニアの中には、技術のスキルを高めたい人、その技術をビジネスまで発展させたい人、というように大きく2つのタイプがあると思っています。キッズラインの開発チームには、この両方のタイプが在籍していて、技術で解決することにやりがいを感じている人もいれば、さらに踏み込んで数値や評価を捉えて達成感を得る人もいます。

キッズラインの開発チームでは、ひとりひとりの得意なことを軸に人員配置をしているので、それぞれの得意なことを伸ばし合いながら切磋琢磨していける環境です。

新たに仲間になってくれる方と、キッズラインの開発チームだからできる取り組みに挑戦し、自慢できるようなサービスを一緒に作っていきたいですね。


ここまで読んでくださりありがとうございました。キッズラインのエンジニアの仕事や開発チームの情熱が伝わったでしょうか?

これを見てキッズラインのエンジニアとして経験を活かしたい!経験を積みたい!一緒に働いてみたい!という方はぜひご応募お待ちしております。

現在募集しているポジションの「求めるスキル」「主な業務」は下記のとおりです。

■求めるスキル

・Railsでの開発経験(2年以上)またはRails以外での開発経験3年以上で言語に拘り無く実装できる
・同言語・フレームワークを用いたバックエンド・フロントエンド開発
・MySQLを用いたアプリケーション開発
・Gitのバージョン管理を利用した開発
・テストコードが書ける、または書く文化で業務をしている
・顧客や関係者へヒアリングでき、要求を聞き出し要件にまとめられる

■主な業務

・マッチングサービス「キッズライン」の開発
・Railsによるシステム設計・実装
・ビジネスチーム、デザイナーと協調したチームでの開発

株式会社キッズライン's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings