This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

保育士はiPadで園児の情報を確認・記録
保護者は自宅や職場から園からの連絡をチェック
私たちは「コドモン」という保育園・幼稚園をはじめとする幼保施設向けの業務支援サービスを展開している会社です。 https://www.codmon.com/ コドモンは、「すべての先生に、子どもたちと向き合うための時間と心のゆとりを」というコンセプトの元、以下の3つの方針を軸にシステム開発・サービス提供をおこなっています。 ① アナログで負荷の高い業務をテクノロジーの力で軽減させる ② 現場に寄り添い保育・教育の質を上げるサービス設計を行う ③ 幼保施設・保護者・家族の連携を深め、利便性を高める 幼保施設にはそれぞれの課題・要望がありますが、中でも保育園の課題解決は急務です。 保育園は、共働きの夫婦に代わって子どもを預かり、保育士が一緒に遊んだりあやしたりする場所といったイメージを持たれるかもしれませんが、実際はその裏で、子どもの発育・発達を毎日細かく記録・観察し、それぞれ異なる個性に対して適切なプログラムを実施するための、膨大な量の記録や計画を書面に書き記しています。 一方で「手書き」が基本の業界であるため、せっかく作成した記録は多くの場合書きっぱなしになってしまい、分析や統計などをとって傾向を体系化するような事はなされていません。 保育園が「コドモン」を導入する事によって、園内のおよそ全ての記録物がデータ管理され、体系化された記録内容は、必要に応じて再利用することが出来るようになります。 また、欠席連絡や連絡帳など、保護者との電話や紙面を介した煩わしいやり取りも専用アプリを活用することで、飛躍的に利便性が高まります。 2015年2月よりサービスをスタートして以来、すでに2,000園以上の保育園に導入頂き、業界でのスタンダードとなりつつあります。 2018年度末までに3000園(シェア10%)、2021年に10,000園(シェア35%)の展開を目指し、開発及びマーケティングを進めています。 また、さらなる飛躍を目指し、2018年9月にはビジョンを新たに定めました。 ❶ 子育て支援施設の経営改善を実現する情報プラットフォームの確立 ❷ 働くパパママへの子育て支援 ❸ 子どもの発育情報のビッグデータを元にした社会的意義の高い革新的なサービスの展開 弊社が、ただの保育園向け業務支援システムの開発会社ではなく業界のスタンダードを創り変え、子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でより良いものにしていきます。

Why we do

エントランス
カフェスペース
「時代を一歩前に進める」 昨今、待機児童問題が社会問題となり、その都度足りない足りないと言われている保育園ですが、国内には既に約30,000園(セブンイレブンとローソンを足した数より多い)存在しているという事はご存知でしょうか? 一方で、一般的には遅れていると言われる介護業界や医療分野と比べても、保育業界はICT化が極めて遅れており、30年前と比べ、保育士の業務内容はほとんど変わっていないのが現状です。 園内で管理すべきほとんどの記録や報告書、計画書といったドキュメントは手書きで書かれ、膨大な数の書類が大きなキャビネットにずっしりと格納されて、過去の書類参照も大変です。 保護者連絡も、いまだに電話でのやり取りやプリント配布が主体で、緊急連絡をしようとするのも一苦労です。 それによって、保育士の事務負担は大きく、残業が恒常化し、且つ過去の記録がなかなか園内の知見として蓄積されないといった問題を抱えていました。 一方、当時から保育業務支援システムはいくつか存在していたものの、レガシーな技術や思考のシステムが多く、ビジネス的にも社会的意義を考えても当社が参入すべき事業分野であると判断し2015年より展開を開始しました。 保育業界の中で、当たり前とされてきた事に疑問を持てるのは、業界の事を全く無知で参入した私達だからこそ出来るものだと思っています。業界の不条理に気づき、IT技術を活用して一つ一つ改善していくことで、やがて業界が本来あるべき姿にイノベートされ、将来を担う子どもにとって、保育園がよりよい環境となると信じています。 せっかく人生の大事な時間を割いて仕事をしているのだから、世の中の為になる何かを成し遂げたい。 そんな想いでメンバーは日々活動しています。

How we do

カフェスペース打ち合わせ風景
MTGルーム打ち合わせ風景
もともとはプロダクトデザイン(UI/UX)までこなす代表や、様々な案件に柔軟に対応できるフルスタックエンジニアの少数精鋭でコドモンを作り上げてきました。 2018年に入り、事業の核ができたことで組織も急速に拡大しています。 社員・アルバイト・副業・業務委託・インターン・ボランティア・顧問といった様々な形での仲間が増え続け半年で6倍以上のチームになりました。営業、CS、開発、コーポレートにチーム分けをして、それぞれマネージャーも配置していますし、平均年齢は32歳ながらもとても落ち着いた組織で、40代前半から20代前半まで偏ることなくバランスが取れており、子育て中のメンバーも半数ほどいます。 ベテランは、豊富な経験を元に高いパフォーマンスと若手のフォローをしていますし、若手は学習意欲とチャレンジ精神を持って大きな裁量にひるむことなくチャレンジしています。 2018年7月に移転した新オフィスは、おしゃれなカフェスペースにティーサーバー・コーヒーマシーンのフリードリンクも付いています。 一部フリーアドレス制も導入していますし、今後はフレックスタイム制の導入も検討中です。(すでにトライアル開始段階) もともと、働くパパママを応援する企業でもあるため、社内の時短勤務者に対するフォローや制度設計も柔軟に行なっていますので、今後はさらに柔軟な働き方ができるようになります。

Page top icon