This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「いい会社」をひたすらに考え抜く #カクテルメイクな人たち

はじめまして。カクテルメイクのCFO山田です。カクテルメイクではコーポレート全般を担当しています。

コーポレート全般と言われてもピンとこないかと思いますが、会社全体に関わる色々なことをやっていると思ってもらえればと思います。

2017年の7月にカクテルメイクにジョインして約2年が経ちましたが、本当に色々やったなあと思うと同時に、今も色々やってるなあ、これからももっとやることあるなあという感じですが、どんな流れでカクテルメイクにジョインしたのか、思い出しながら書いてみたいと思います。

実家は町工場、新卒で入社した食品メーカーからスタートアップへ

簡単に自己紹介させていただきますと、東京出身、昭和最後の年生まれ、3人兄弟の長男です。

転んだだけで骨が折れたり、ヘルニアですでに手術を2回していたりと、貧弱な体とガラスのハートの持ち主です。

中高では体育会の部活に入ってはすぐ辞めてを繰り返し、大学では人に誘われるままにバンドを始めてみたりと、適当に生きてたなあと振り返って思います。(楽しかったけど)

そんな私のファーストキャリアですが、実家が町工場だったことも手伝ってかなんとなくメーカーに興味があり、「食べるのが好き」という100人いたら95人は同じこと言いそうな理由で、食品メーカーに入社しました。文系だったので営業職、という思考停止っぷりで入社したところ配属はまさかの人事でした。

個人的にはいわゆる採用担当の方々のキラキラした感じが苦手だったので、元から高くもないテンションがダダ下がりしたことは覚えています。とはいえ人には興味がある方だったので、研修・採用・ダイバーシティ推進といった感じで経験も何もないなか色々やらせてもらえたことは感謝していますし、大企業で色々トライしてみたことは自分の志向に大きな影響があったと思います。

いい会社を自分の手でつくりたい


そんななかカクテルメイクを知ったきっかけですが、カクテルメイクの代表の松尾さんはもともと大学の同級生で一緒にバンドやってた友達でして、普通にちょくちょく飲みに行ったり遊んだりする仲でした。なのでもともと知っていたんですが、ぶっちゃけ当時は特に興味があるわけでもなく、スタートアップとベンチャーの違いも知らない私にとっては関係のない世界だと思っていたというのが正直なところだと思います。(ごめんなさい)

改めてカクテルメイクという会社を認識したのは、福岡に拠点ができた!という話を聞いた時です。「すげー、ちゃんと会社になっていくんだ」と思ったのが興味を持ったきっかけでした。そのあとすぐ飲みに行って、「スタートアップのこと知りたいから、タダでいいから何か仕事させてくれない?」と言ったのを覚えてます。

そのあとは流れるままにカクテルメイクにジョインすることになったわけですが、単純に楽しかったことがジョインした一番大きな理由だと思います。

後悔しない選択を常にしたいと思っているんですが、カクテルメイクを選ばない理由が「この先どうなるかわからない」という漠然とした不安だけでした。ここで選ばなかったら後悔するなと思った時にはジョインすると決めていたような気がします。(本当は「大手辞めてベンチャー行くなんてもったいない」と色々な人から言われてちょっと腹が立っていたのもあるかもしれません)

実際リスクがある選択だとは認識していましたが、松尾さんは賭けてもいいと思える友人でしたし、いい会社を作りたいという思いは同じだと思っていたので、ジョインして後悔する可能性は1ミリもないと思っていました。

カクテルメイクに入社する時は「人事で」と言われてましたが、スタートアップなので人事だけのわけはなく、経理・財務・法務などのコーポレート全般を今はマネジメントしています。


担当する領域が変わろうと思いは変わることなく「いい会社」ってなんだろうかをずっと考え続けています。スタートアップは成長速度が著しく速いので、取り組まなくてはならない課題も日々変わっていきます。ステークホルダーが増えるに伴って社外に対して気を配ることも必要になりますが、「いい会社」であり続けていくために何が必要なのか、これからも考え続けていきます。

これからの1~2年も目まぐるしく状況は変わり続けて行くかと思いますが、そんななかでも社員が「これを頼りにすれば大丈夫」と言えるような、会社の背骨になるような仕組みを作りたいと思っています。たとえばそれは人事制度であったり、もしくは労務管理の制度や、サービスの利用規約かもしれません。アプローチはなんでもいいですが、「これがカクテルメイクだよね」と全メンバーが、そしてカクテルメイクに関係する方々が思ってもらえるような仕組みを作りたいと思っています。

最後に

ということで、私はカクテルメイクをいっつもいい会社にしたいと思っているので、会社づくりに興味のある方と「どうしたらもっといい会社になるか?」というテーマでお話しできると嬉しいです。

「いい会社」って捉え方が人によって全然違うと思います。捉える目線や感じ方の根幹にはその人の原体験が大きく影響していると思っていて、どんな原体験を持つことでいい会社の定義が変容するのかにも興味があります。結局なんだかんだ人事出身なので人に興味があるというのは変わらないんだろうと感じています。

極論、会社はただの箱でしかないと思っていて、何がしたいんですっけ?それどうやってやりましょうか?を熱持って一緒に話せるのが一番良いなあと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。とりとめなく色々書きましたが、なんか普通にいろんな方とお話ししたいなぁと思いますので、ご興味を持っていただければ嬉しいです。


カクテルメイクのことをもっと知りたい方はこちらをご覧ください!

カクテルメイク株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more