This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

チカクの社員がパパママになるとき

こんにちは!株式会社チカクです!

私たちはプログラミング一つにしても、まごチャンネル本体のこととか、iPhoneやアンドロイドのアプリのこととか、サーバーのこととか、他にももっとやらなくてはいけないことがあって、それを少ない人数で全て管理して、お仕事をこなされています。

全く妥協せず、出来る限りの力を尽くして最高のものをお届けしようとする社員の方々をみていると、
社会に何かを届けることのプレッシャーを感じるのと、このまごチャンネルはどんな人に届くんだろうととてもワクワクします!

白熱会議の様子。

(まごマガジンより転載 https://www.mago-ch.com/magazine/?p=513

チカクで働く、お母さん!

そんな、とても忙しいチカクの社内に、たまに社員さんのお子さんがやってくることがあります。
お子さんが来られると、チカクの社内でもちょっと仕事があいてる人が様子をみているようで、
いつもは真面目な顔でパソコンに向かっている社員さんも一気にパパやママの顔になります。

先日遊びに来られた際、ニンテンドーラボをオフィスに持ち込んで遊んでいました。
一番パパっぽくないな〜と思っていた社員さんがお子さんと仲良しで遊んでいるのをみて、びっくり!
めちゃくちゃ優しいパパでした。

ニンテンドーラボの釣り。あまりに面白そうで、この後社員さんも遊んでいました(笑)

お子さんが来るだけで、オフィスが一気に楽しくなるので、お子さんが来る時が楽しみの時間になっています。

お母さんってすごいなぁと思った経験

チカクの社員さんのお子さん以外は、ほとんど赤ちゃんや子どもとは縁がない筆者ですが、
人生に二回だけ、お世話になった方の赤ちゃんを抱かせてもらったことがあります。

抱かせていただいたのは、産まれてすぐの赤ちゃんでした。

赤ちゃんは、とてもふわふわしていて、柔らかくって、
ちょっとしたことですぐに壊れてしまいそうで、
怖いくらい儚い生き物に見えました。
抱き方を教わって恐る恐る抱かせていただくと、
しっかりと力強く動いていて、あたたかくって、
生きたいという強さも感じました。

お母さんが赤ちゃんを再び抱くのを見たとき、
強さと弱さの矛盾を抱える生命をしっかり抱いているお母さんが、
とても強く見えたのを覚えています。

お母さんという存在がすごく大きく見えたと同時に、しっかり赤ちゃんを抱いている自分が想像つかなくて、ただひたすらに全てのお母さんを尊敬する日でした。

もし、赤ちゃんを産んだら、両親と、彼氏側のご両親にまごチャンネルを買って、
まごを見てもらいながら子育てのいろはを教えて貰えるといいなぁ。

おばあちゃんにも、ひまごチャンネルを買ってあげたい!
住む場所の距離はあれど、身近で人がみててくれる安心感は
きっと大きいんだろうなって思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
また次週!

株式会社チカク's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings