This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

≪Vol.2≫ 学生時代 “ 平凡 & 無個性 ” だった男が、クリエイターとして活躍するまでの軌跡 ~ 佐藤諒の進化論 ~

就活生の皆さん、就職活動はいかがでしょうか?
企業によってはそろそろ早期選考がはじまっており、面接を控えている方もいるのではないでしょうか?

面接前に、不安に駆られる学生の中でこんな声をよく聞きます。
「大会で優勝した経験なんてないし、何アピールしよう・・・」
「何かの選抜に選ばれたことなんてない」

そんな華やかな経歴を持っていなくても心配する必要はありません。CDCでは、“広告制作がやりたい!”というあなたの意欲やポテンシャルを評価し、「学部不問」「経験不問」で広告制作職を募集しています。

今回は、前々回のブログで紹介にあずかった190㎝という制作部一大きな身長が特徴の高橋が、「学生時代は平凡で全くの無個性だった」と自分のことを話す同期の佐藤諒にインタビューしました。

(※本ブログを更新していくデジタルコミュニケーション推進チームの紹介は下記の記事をご覧ください)


インタビューを通して、
「なぜ、広告制作への興味が芽生えたのか?」
「広告未経験からCDCで実績を掴むまでの軌跡」をご紹介していきます。

【インタビューの前に、まずは軽くプロフィールを】
名前: 佐藤諒(さとう りょう)
社歴: 入社2年目
出身: 宮城県仙台市
三度の飯より好きなもの: 安室奈美恵
もし世界が明日滅びるとしたら何をする?: 安室奈美恵のライブDVDを見る
最近感動したこと: 2018年5月の安室奈美恵 東京ドームライブ

・・・・・・・・


■ウェイウェイとは無縁な平凡男子

学生時代のりょうってどんな感じだったの?

あんまりいい答え出てこないなぁ。ほんといたって平凡。まず高校時代は、地元仙台のそれなりに強いサッカー部にはいたんだけど、補欠だったし。大学では上京して神奈川大学に進学したんだけど、キャンパス自体の規模が小さくて、どの授業に出てもだいたい一緒の顔ぶれ。だから、何か特別なコミュニティに属さなくてもそれなりに喋る人はいて、、結局サークルにも部活にも入んなかった。たまに気のおける学部の友達と遊んだり、バイトしたり、決して華やかではなかったね。

       (大学時代のりょう)

■たまたま始めることになったインターン。そこで芽生える“モノづくり欲”

あれっ?でもFacebookでイケてる風の写真を見たような…

長期インターンの時の写真かな。3年生の春に知り合いに紹介してもらって、リノベーション事業をやってるベンチャー企業で働いてたんだ。それまでの大学生活でこれといって何もしてなかったから、とりあえず社会見学みたいな感覚で色々学んでみよって。

あと、学生時代から一企業の社員として働けるってなんか面白そう!っていう単純な好奇心もあった。

インターンではどんなことしてたの?

その会社が別事業で、雑貨屋を運営してたんだけど、主にはそこの雑貨全般の管理担当って感じかな。仕事の中で、時々POPとかポスターとかを作ったり、こんな雑貨あったらいいなっていう商品を企画したりする機会もあった。

自分の作ったPOPの影響で商品の売り上げが上がったり、お客さんが「このポスターかわいい」とか言ってる姿を間近で見たりしているうちに、モノづくりって楽しいかもっていう気持ちが日に日に大きくなっていって、いつしか“これを仕事にしたい!”って思った。

       (インターン先での写真)

■「未経験×広告制作」との出会い

就活は広告業界で見てたの?

そうだね。広告業界に絞ってたからリクナビとかマイナビよりも、広告業界に特化した新アド、マスナビを使って探してた。でもさ、「 新卒 クリエイター 」でググってみてもどの求人も「ポートフォリオをお持ち下さい」 「美大卒業生限定」とか、はなから対象外のところばっかじゃん。

未経験から“広告制作”って不可能なの...?そんなこと思いながらも、たまたま参加した広告業界のイベントで、目に飛び込んできたのが「 未経験 × 広告制作 」を語る企業。それがCDCだったんだよね。

話聞いてみたら、取材もライティングもするし、デザインも写真撮影もする..?!

1番鮮明に覚えているのは、選考途中に安井さん(CDCクリエイティブディレクター)と話したことかな。安井さん自身、学生時代はバンドに明け暮れていて広告とは無縁の学生だったらしいんだけど、話を聞いてみたら学生時代の俺でも知っていた大手企業の社長さんに取材したり、電車広告やパンフレットも作ってたり・・・この人すげえ。。っていう話がいっぱい。未経験からここまでカッコいいクリエイターになれるんだって感じて、入社を決意した。

■新卒時代に感じた“できない葛藤”と“できる幸福感”

CDCに入社して、ギャップ感じたこととかあった?

会社に対してというか、自分に対してはあったかも。出来ない自分と向き合うことが一番辛かったかな。まがりなりにも学生時代からインターンで会社に属していたし、多少、周りの新卒よりもリードしているんじゃないかなって思ってた。でも、実際働いてみると、全然良いキャッチコピー浮かばないし、だっさい画像しか作れないし。広告制作って思ってた何倍も難しいことだって痛感した。でもやっぱり、自分がずっとやりたかった広告制作に毎日没頭できる環境が嬉しかったし、だからこそ頑張れた。


   (普段のミーティング風景)

■“実績”という名の“個性”

CDCに入社して、1番印象に残ってることってなに?

制作ポイント(※)で1位を目指したことかな。
(※)制作メンバー一人ひとりがどれだけの仕事に取り組んだかという制作量を可視化するために、制作部内で定めた指標

元はといえば、2年目がはじまってすぐに当時のマネージャーとミーティングした時に、「佐藤って何歳までに、どんな存在になりたいの?」って聞かれて、一番最初に思い浮かんだのが、選考中に安井さんが話していた電車広告パンフレット制作の話。そこから、蛯原さんと話し合ったうえで「20代のうちに、Webも紙も扱えるマルチなクリエイターになる」っていう将来像を設定したんだ。でも、そのためには、誰よりも経験を積んで、誰よりもスキル磨かないといけないよねって話になって。だから誰よりも多くの経験を積むために、先輩を含める全メンバーの中で制作ポイント1位になることを目指した。

自分が担当する案件だけじゃポイント足りないから、毎日先輩に「仕事ください!」って貰いにいって、貰ったら貰ったで、全部の案件を時間通りにやり切るために今までと同じようなスピードじゃいけないし、「どうすれば効率良く仕事に取り組めるか」を考えて、超高速でPDCAを回したわ。

そのしんどい時期を乗り越えられたモチベーションって何だったの?

石坂(17新卒の同期)に負けたくないって気持ちかな。俺と同じであいつも「制作ポイント1位取ります」って公言してたから絶対負けたくないなって思ったし、一度決めたからには「2位でいっか」って逃げたくなかった。だからこそ、がむしゃらに最後までやり遂げることができた。

最終的に何ポイントだったの?

1255ポイント。(これは制作部内1位。しかも歴代の制作部の中でのギネス記録タイ)

嬉しかったね。人生で、実績って言える実績残したの初めてだったし。

ポイントギネス記録取ったことで何か変わった?

CDCって何か達成したとか、実績残したって人をこれでもかってくらい讃えてくれるじゃん。色んな人の前でポイントのこと表彰されたから、いつのまにか佐藤諒=ポイントギネスの人みたいな感じで、ブランディングされてて。

周りには、学生時代150人規模のよさこいサークルでバリバリやってました!ってやつとか、高校も大学もずーっとラグビーやってました!ってやつとか、個性があるやつがいっぱいいる中、俺は、大学じゃサークルも部活も入ってなかったし、高校はサッカーやってたものの補欠やったし。とにかく個性がなかったからさ、佐藤諒=誰よりも制作量をやった人っていう個性が生まれて嬉しかったね。

(激動のポイント争いを終えた後のりょうと石坂)

■一度きりの実績は二流。積み重ねてこそ一流

じゃあ最後に、今後の「佐藤諒」について教えてよ。

やっぱり、実績をコンスタントに積み重ねられるようになりたい。1回だけじゃ、いずれ忘れられるだろうし、コンスタントに実績残してるよね、佐藤。って言われたい。だから、制作部の採用1dayインターンの運営メンバーにもチャレンジしたし、AD-1(アドワン※)でも絶対1位を取って、誰よりも早く昇進するっ!(※)先輩・後輩が入社年次に関係なく競い合う社内の広告コンテスト

・・・・・・・・

1年と半年苦楽を共にしてきた同期でしたが、「学生時代どんなことをしていて」「どんなことを考えながら制作部の仕事に取り組んでいるか」まじまじと聞いたのは初めてでした。

(俺も負けてられないなあ)。口にはしていないが、率直に今回の取材でそう感じさせられました。

「履歴書に書ける実績もなかった」と語っていたりょう。

ですが、今回の記事でお伝えしたように「やつ」は他を圧倒する実績を成し遂げました。
過去の実績などCDCには関係ありません。これからを力強く生き抜く、こころの強さがあれば。


■インターンシップを開催中

https://www.wantedly.com/projects/248971#_=_

~CDCの広告制作職の仕事をぎゅっと凝縮して体験できる1dayインターンシップを開催中!~
20卒 / 未経験大歓迎の広告制作 / 学部不問 / 私服OK
課題解決力、思考力、表現力、プレゼン力などビジネススキルもクリエイティブスキルも磨ける
濃密なプログラムをご用意してお待ちしています。

+++---【コンテンツ】---------------------------------------------------------------+++
■キャッチコピー考案のグループワーク。広告作りの一端を体験
■現場マネージャー層から直接フィードバック。思考力や企画力を試せる
■広告業界・求人広告制作の講義。業界・職種研究もできる
■現場社員や内定者との座談会。広告制作のリアルを聴ける
+++---------------------------------------------------------------------------------------+++

≪あの青学陸上部を支えるマネージャーとして活躍していた新卒1年目の紹介記事もあるので、ぜひご覧ください!≫

株式会社キャリアデザインセンター's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings