This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

大学生とアートの民主化プロジェクトを考えてみた結果・・・

メリークリスマス。今年のクリスマスはどんな大切な人と一緒に過ごしますか!?はたまた「クリスマス!?別に普段と変わらんし!」なのでしょうか。僕はちなみに後者です。

さて昨日、大阪府さんからのお誘いでインターンとして企業で仕事をしてみたい大学生とお見合いするようなイベントに参加させてもらいました。


ほんと、大阪は最近めっちゃスタートアップ支援が手厚くなってきていると肌で感じます。めちゃくちゃありがたいことです、もう頭が上がりません。

さてぼくはこうした大学生と一緒になるイベントに参加した経験がなかったので正直緊張してました。もう35歳になったオッサンが相手にされるんだろうか・・・・・って。だからビビってうちの頼れるイケメンデザイナーとCS美女の2人を引き連れて行きました。(まじありがとう)


▼ 最初こんな感じで5社のベンチャー企業が事業内容をプレゼン

のび太くんがなかなか頑張って事業内容を紹介してます。

ちょっと気になったのが、Casie以外の4社さんがレベル高すぎる件。

「社員数は200名を超えました」
「もちろん無借金経営です」
「営業利益率は30%以上です」
「今期で創業15年を迎えました」
「弊社のインターン生は120名を超えます」


ちょいちょい・・・・待て待て・・・・・www

Casieさん去年生まれたてのホヤホヤなんですけど〜。借金めっさあるし〜社員数8名やし〜営業利益率マイナスやし〜インターン生とバイトの境目分からへんし〜。

まぁ、Casieさんこういうビハインドな状況があまりに多すぎてメンバー一同メンタルがウルトラタフなので笑い話です。

事業紹介が終わったらすぐに、特定のお題をテーブルに集まってくれた大学生とCasieメンバーでグループワークします。

他の企業さんのお題がロジカルでクールなのに対し、Casieさんのお題は、

「ユーザーを増やすためにはどうすればいいか」

はい、リアル〜

あわよくば大学生からGoodなアイディア出してもらって使いたい感出しまくり〜。てかこんなお題出す企業はユーザー開拓にめっちゃ困ってるの見え見え〜乙〜。


でも逆にね、こんなまっすぐなお題を出してみたからなのか大学生とかなり近くなれた。そしてみんなで真剣に考え、いいアイディアが出てきたの。まじありがとう(涙)


▼同じテーブルの前田くんTwitterでUPしてくれてる〜


もうね、前田くん含め同じテーブルの大学生たちが、


まずいくつか課題を挙げていきたいのですが皆さんどうですか!?ハイ!「そもそも日本人には原画を飾る文化なんてない!」ってことが課題でしょう。


ってグループワーク始まって3分くらいで痛恨の課題出てきて、それ解決するの無理ゲーじゃない!?って改めてCasieのチャレンジ領域を認識できた。


結果的には、アートを気軽に飾ってもらう文化を創り出すためには、モノで勝負するのではなく体験型のコンテンツをたくさん出すこと。芸術や芸術家に直接触れ合うイベントをCasieがもっと積極的にやれボケ!

って話で落ち着きました。

ってことで2019年3月にアートのライブイベントやることにします。

アートオークション、ライブペイント、ミュージカル・・・・・会場だけ決まりました。梅田です。スケジュールはオフィシャルサイトでリリースします。お楽しみに(^^)

ほんで嬉しいことに数名の大学生から「Casieさんでインターンしたいです!」って言ってもらえました(^^)もうこの企業メンツの中でCasie選ぶあんた、ぶっ飛んでるよ!!その代わり、ぼくらCasieメンバーもあんたに最高の経験とお土産用意するから期待しといて〜。

株式会社Casie's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more