1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

職人の技術が光る
2016年3月OPEN!初のリアル店舗「銀座店」
株式会社caramo(http://caramo.jp)は、日本をテーマにした逸品をストーリー形式で紹介するECサイト『藤巻百貨店』を主たる事業とする会社です。 藤巻百貨店(http://fujimaki-select.com)は、2012年5月 故 藤巻幸大氏のプロデュースのもと株式会社ザッパラス(東証1部3770)の新規事業として立ち上がったサービスです。 「日本には沢山いいモノがある、職人・クリエイター多くの人がいる、伝統的・革新的な技術・繊細なデザイン・・・これらの素晴らしさをもっと世にお伝えし、その逸品を手に入れてもらいたい」という想いを藤巻百貨店で実現してまいりました。 おかげさまで、リリース以降約4年半たちましたが様々な苦難も乗り越え、現在、会員は5万人・フェイスブックのファン数は23万人・取引先数も300社を超える一人前のサービスとなり、今なお進化し続けております。 そして、日本の逸品を取り扱うサイト、キュレーション型コマース、ソーシャルコマース、コンテンツコマースなど革新的なECサービスのさきがけとしてご評価をいただいており、そして、2015年8月に事業部から分社化し株式会社caramoとして晴れて一人立ちし、歩み始めました。

Why we do

色が元気な気分にしてくれます
お気に入りのアイテムに囲まれる幸せ
◆お客様の新しい価値・満足を創出する ~日々の暮らしに、ちょっとした豊かさを!~ 「モノ余り時代、それなりのものが安く手に入る・・・」 「モノをは道具としてのもの、使えればそれでいい・・・」 「そして、日々の生活もそれなりでマンネリ化・・・」 こんな光景よく見かけます。 「なにか楽しくない、元気ないな」と感じてしまいます。 私たちは、こういった時代だからこそ、「日々の暮らしがちょっと豊かになる」 「日本を元気に!」のお手伝いができればと思っています。 「本当にいいモノってどうやって探せばいいだろう?」 「友達へのプレゼント、喜ぶ笑顔が見てみたいな!」 「自分へのご褒美、一生モノの財布が欲しいな!」 「人とは違う、自分だけの自慢の逸品!」 「普段飲みなれたお酒、気分を変えて江戸切子のグラスで飲むとなんだかおいしい!」etc こういったことを思うときはちょっと気持ちがワクワク元気になりますよね。 私たちcaramoは、日本の逸品を通じて、ちょっとした豊かさや新しい満足・価値を創造する企業でありたいと考えております。

How we do

職人技が光るアイテム。熱い商品選定会議
すべてオリジナルコンテンツです
◆「業務を通じて自己成長」 私たちは、目的・ゴールの達成を目指して、それぞれの役割を担っています。 役割を全うするための手法・プロセスは各自に任されていますので成果につながるように PDCAを回しながら業務を進めていきます。 その結果、目標を達成することはもちろんのこと、業務を通じてスキルが上がっていき、 仕事はより早く楽しく進められることになります。 ◆「チームワークが重要」 私たちのサービスは、「オンリーワン・差別化」を図り、新しい価値や満足を提供していきます。 そうなると当然のことながら、他と同じことをやっていてもいい結果につながりません。 また、いいサービスを構築するには、サービスポリシー、考え方・想いなどチームとして理解し、 取り組む連携が特に重要になります。 コンパクトな組織ですので、必要であれば直ぐにミーティング、PDCAを回しながら業務を進めていきます。 ◆「お客様の笑顔・満足が評価」 そして「caramoらしさ」として当社の取り組み姿勢のひとつに、 「常にお客様のことを考えて行動する 」があります。 当社の社名の由来でもありますが、私たちのお客様とは、商品を購入してくださるお客様と、商品提供してくださるパートナーの職人さんたちです。私たちは、お客様からも、職人さんからも、愛される会社創りを目指して、caramo(からも)と名づけました。 なので私たちのへの評価は、「お客様の喜ぶ笑顔・満足」なのです。