1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「現場が育つ組織」を目指すリーダーに聞いた、難しいからこそ面白い!CAD開発の魅力

こんにちは。採用担当の村中です。信じられないような暑さの日々が続いておりますが皆さんお元気ですか?私は夏バテに負けないように夏野菜カレーを作ったら、作りすぎて数日間カレーの日々が続いて罰ゲーム気分です。1人暮らしの方、自炊するときの量問題難しすぎませんか?なにはともあれ、外で息をしているだけで汗が溢れてくる異常な暑さ。皆さん、熱中症には気を付けてくださいね...!

さて、今回は村中のインタビュー記事第3弾です。BDユニットリーダー(以下:UL)の籠池さんにお話を伺いました!籠池さんはいつも技術的な部分の知識を教えてくださったり、採用関連の業務依頼を快く対応してくださるので何でもご相談しやすくいつも助けられています。組織づくりについてのお考えや、いつも完璧な籠池さんのお悩みなど普段はあまり聞けない率直なお話も伺えました!ぜひご覧ください。

Q.現在の業務は?

A.BDユニットのすべての案件を見ながら、お客さんへ提案して仕事を取ってくる受注業務やプロジェクトの交渉業務(できる/できない、いつまでにここまでやる等)を担っています。特にプリセールスで新しいお客さんとの打ち合わせが多く、7月以降は常に打ち合わせをしています。開発のコーディングは一切やっていませんね(笑)開発業務がとても好きなのでやりたいですけど、やらないでいられるこの状況が一番良いように思います。幸いにも設計業務やPM業務を任せられるメンバーが数名いるので、自分は管理業務に専念できています。開発も設計もしていないけれど現状では管理業務だけで手がいっぱいなので、メンバーに諸々と任せられているこの状況がとても有難いです。

Q.BDユニットの雰囲気は?

A.「真面目な人が多い」ですね。会社全体で言えることではありますが、BDユニットは特に勉強熱心なメンバーが多くて技術力がある、バランスが良いユニットだと思います。

Q.キャパに入社したきっかけは?

A.前職はシステム開発系の会社(SES)で金融系のシステムの運用保守業務を3年程やっていました。保守開発業務に飽きたことと、社内全体の案件を見たときに魅力を感じる案件がなかったので転職を考え始めました。キャパに決めた理由は2つですね。当時「会社の規模が似ていること(100名弱規模)」と「会社の強みがあること」を重視して転職先を探していたので、まず規模が似ていて働くイメージがつかみやすかったこと、そして当時から自社CADを持っていてCADという強みがある会社だったことが決め手となり決断しました。また、受託開発やSESをやっていけば良いというスタンスの会社ではなく、今後も他の自社製品を作っていこうとしていたり、当時から1億円規模の大きな案件があったことも魅力でしたね。

キャパへ転職して、保守開発だけでない他の開発業務も担えるようになりましたし、今まで携われなかったような様々な案件にも携われるようになりました。現在はお客さんとの打ち合わせが多いとお伝えしましたが、前職含めこれまでの開発経験があるからこそお客さんに「こんなことができます」と伝えることが出来るので、これまでの経験はとても活きていると日々実感しています。

Q.入社して9年を振り返って、これまで苦労したことは?

A.入社後は1年ちょっと社内エンジニアをして、6年弱SESでクライアント企業に常駐して、昨年に他部署の課長(現在のUL)として戻ってきました。今振り返っても入社後のGAPはなかったですし、入社後に苦労したことは特に浮かばないです(笑)

試行錯誤して周りに助けてもらった経験で言うと、見積書の作成ですね。ULになってすぐ社内の過去資料を参考に見積資料の作成を担いましたが、これまでSEとしての経験はあってもPMとしての立場の経験があまりなかったので、見積書を書いていても不安感があったんですよね。そんな時、藤田さん(元SI事業部長、現管理室長)から契約書関連の記載事項をアドバイスいただいたり、細川さん(現SI事業部長)から、ただ提案の文章としてまとめるのでなくお客さんが社内で稟議を通すために誰が見てもイメージしやすいような資料の作り方などを教えていただきました。キャパは本当に良い人が多いと思いますし、周りの人に恵まれたなと思います。

Q.理想のエンジニア組織とは?

A.「現場が育っている」組織だと思います。メンバー層が管理業務などの次のステップに挑戦して力をつけていける環境が良い組織だと考えています。

Q.組織づくりで大切にしていることは?

A.メンバーの育成です。今年の目標は岩渕さん(現サブユニットリーダー)がCAD系案件をすべて見て、森田さん(中途入社3年目)がForge系案件をすべて見て、自分はサポートに回るだけという形態を目指しています。まだ自分も手が回っていないところがあるのでそこまで任せられるようにしていけたら良いなと思っています。
現場を育てるのが自分の仕事であると思って動いてはいますが、僕自身は管理業務は向いていないと思っていて(笑)特に最近は、メンバーに強く当たりすぎて「なんでここができていないの」と指摘をすることが増えているのですごく良くないなと反省しています。1年目2年目の成長を考えなければと思い伝えていますが、ULの立場である自分が直接「あれもこれも」と指摘し過ぎてしまうことでプレッシャーを感じさせているのではないかと心配しています。。やればできると期待しているからこそ「直してほしい」という想いがあり厳しく指摘してしまいますが、言い過ぎには注意したいと思います。私は雑談が苦手で仕事の話しかしないので、仕事以外のことでもメンバーとコミュニケーションを取るように心がけたいと思います...。佐藤さん(CDユニットリーダー)を見習って冗談とか言ってみようかな...いや、難しいな(笑) 他の中堅メンバーを挟んでマイルドに伝える方法を考えます。

Q.メンバーの成長は感じる?

A.とても感じています。順調に若手が成長しているのが感じられて、嬉しいですし、本当に有難いです。例えば、今回新人研修はカリキュラム作成からメンバーがすべてやってくれて、本当に助かりました。
良いメンバーを持ったなと感謝しています。

Q.キャパの魅力と課題は?

A.魅力はCADの独自性でひとつの地位を確立できていることですね。案件が確実に入ってくる。そしてCAD開発って面白いんですよ。例えばWEB系とか金融系の案件ってシンプルな開発が多くて複雑なロジックがなかったりしますが、CAD系は難易度が高くて頭を使います。見た目でも動きが面白かったり、VRやIoTと繋がったり、いろいろな知識が必要だったりするのでとても楽しいです。そういう部分も一種、魅力だなと思いますね。

課題は...若手が多いので中堅層を増やして社内のバランスを良くしていく必要があるなと思います。若手を育てていくのはもちろんですが、やはりマネジメントができる層や案件管理業務ができる層に入ってきていただけたら嬉しいですし、中堅ポジションが空いているのでそういった業務に挑戦したい方にもご活躍いただけると思います。

Q.今後挑戦したい業務は?

A.ある程度知識がついてきたのでBIM系の自社サービスを作りたいです。そして展示会に出展してバンバン案件を取りたいですね(笑) あと、海外の仕事をやってみたいです。

Q.記事を読んでくれているエンジニアの方に一言!

A.難しい案件や、頭を使う面白い案件が多いです。
チャレンジングな仕事をしたい方、キャパに入ればあります!!!!

籠池さんの、メンバーの成長を第一に考えながら、ご自身の課題や反省などを包み隠さずお話ししてくださる姿勢を見て、籠池さんのような上司を持つメンバーはとても恵まれているなと感じました。そしてご自身がCAD開発を楽しんで行われてきたことが伝わり、これからも自社サービスの開発など次々と新たなチャレンジを見据えているお話を伺い、これからの籠池さんのご活躍とキャパの未来にわくわくしました!出社するようになりましたらぜひランチなどで、またお話しさせてください!(インタビュアー:村中)

▽キャパ社員インタビュー記事まとめ

▽募集

エンジニア
WEB開発の経験を活かして、希少価値の高いエンジニアを目指しませんか?
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ


Systems Engineer
開発経験に+α!顧客折衝やコンサルティング経験も積みたいSE募集
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
株式会社キャパ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more