This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

就活はしたものの辞退。Candleを通して知った“自分で裁量権をもって主体的に働いていく楽しさ”

キャンドルOBインタビュー第3回目は、リサーチャー、メディアの立ち上げなど幅広い業務を貪欲に担ってきた愛されキャラまさくぼ(窪田大樹)さん。

取材日、久しぶりにまさくぼさんがCandleに来たということで、社員たちからかなりの大歓迎を受けていました(笑)そんな愛され(いじられ?)キャラのまさくぼさんですが、取材時はベンチャーの仕事論、Candleが大切にしているマインドを深くお話してくれました。

「起業に興味がある!」「インターンを始めたものの、なんかうまくいってない…」という方にぴったりのインタビューとなっております。是非最後までお読みください!

【窪田大樹の前略プロフィール】

・現在大学4年生

・大学入学までは進学校でレールにのった人生

・Candleフルコミ在籍期間は約1年!

リサーチャーからマネジメントまで幅広い業務を担う

「市場選定、戦略決め、マネジメント…」

ビジネスの基礎を全て経験できたのはCandleの器の大きさがあったからこそ

ーCandleでの業務について教えてください!

入社後は動画メディアのリサーチャーとして、中国で流行っているライブコマースを日本で再現するにはどうしたら良いのかのリサーチをしていました。「今流行っている既存のものを踏まえて、それをどう自分たちで再現していくのか?」という、その掘り下げ方を学ぶことができたと思います。また社長直下でリサーチを進めていたので、入社したての頃から細かいフィードバックをもらえていたのは大きかったです。

その次は「そもそもどんなことをやっていくのか」という市場選定のためのリサーチをしたり、別部署でメディアを立ち上げることになり、その際には営業、コンテンツ制作、ライターマネジメント、戦略……など全てを担うこともありました。

「これからどんな事業を始めるか」という市場選定や、その事業を伸ばしていくための戦略決め、マネジメントまでもを経験できたのは、やはりCandleの器の大きさがあったから。

裁量権が大きいからこそ間違えることもあるけど、そこでしっかり思考レベルのフィードバックをもらえ、それがあるから成長すると思うんです。“考え方”に対するフィードバックがあることは、Candleの大きな特徴だと思います。

Candleフルコミ出身の起業家が多いのは、こんなところに理由があると思います。

Candleからは仕事の全てを経験させてもらえ、そして教わったと言っても過言ではないと思います。運良く色々なことを体験させてもらえ、事業を始める前〜その事業を伸ばしていくフェーズの考え方などを学べたのは、本当に財産ですね。

ーCandleに入ったきっかけは?

スタートアップ・ベンチャー系のイベントで金さんと話し、そこで感化されてその2日後からCandleのオフィスで働いていました(笑)

高校までは進学校に通い、わりとレールに乗っているだけの生活。なんとなく「このままいけばこういう大学に入って、こういうところに就職して……」という将来に対しての道筋も見えていたように思います。

ですが、色々あって今の大学に2年遅れて入りレールから外れました(笑)


今までもっていたコンパスを失い、どういう風に働いていこうか、どういう風に生きていこうかと真剣に考え始めたのはこの頃からです。

大学1年次に大学受験生の家庭教師をやっていたのですが、とにかく生徒を第一志望校に合格させるという目標の元に、様々な工夫をして主体的にそして裁量権をもって働く経験をしました。このアルバイト経験などもあり、完全に自分の自由と責任の元に結果にコミットできる究極系である起業に興味を持ち始めました。

とはいえ、当時は起業をしている人が周りにいなかったこともあり「起業って一か八かの世界なのかな〜」とぼんやり思っていました。そんなときに先ほどお話した金さんとの出会いがあり、そこで「一か八かなんていうものではなく、きちんと市場選定をするなど、ロジックを詰めて思考すれば成功確率って違うんだ」ということを感じます。そこで起業を学ぶにはちょうど良い機会だと思い、Candleフルコミ入社を決めました。

成長のための背伸びをさせれくれるビジネス学校でもあると思う


Candleはビジネス学校のような一面もあると思います。

たしかに起業しようと思えば、今すぐにでもできるものですが、その成功確率を高めるためには様々な要素を実践する必要があります。これらは口で言うのは簡単ですが、実践するのはまるで難易度が違います。Candleでは現場レベルでそれを体験し、フィードバックをもらうことができます。

そこで僕がCandleで一番に学んだことは「逆算思考」。そしてその逆算思考の要素としては思考体力と思考スキームは欠かせません。

思考体力とは、実現したい目標のための小さな目標を徹底的に考える体力、その目標を達成するためにスケジュールをしっかり組むための体力です。「なんとかなる」で物事を流していくのは楽ですが、それを突き詰めて考えていくために思考体力が必要であり、それがあるからこそ大きな目標を達成できるのだと知りました。

思考スキームとは「優先順位と生産性」。目標を達成するために達成可能性の最大化を意識することが優先順位をつけるうえで大切なこと。目の前のタスクに追われてしまうと「今のやるべきこと」からの延長線上で目標を達成しようと考えてしまいますが、それでは目標達成に対してのスピードは落ちてしまうと思います。ですから、トップからおろして、今やるべきことはなにかを長期的に考えることが欠かせません。

僕も入社したてはタスクをこなすことに精一杯になってしまい、優先順位を考える余裕がないことも多々ありました。そのようなときに金さんや笠岡さん(副社長)との会議で、こんがらがっていることを紐解いて「こっちだよね」と軌道修正してくれたのは本当にありがたかったです。答えを教えてくれるというよりも、考え方の修正をしてくれる、それができる圧倒的に優秀な上司がいる環境はすごく希少だと思います。

生産性に関しては、自分の生産性というよりも組織としての生産性の高め方を学びました。Candleでは元々「自責して改善する」という風潮があると思います。「部下のアウトプットは上司の責任である」そんな風に誰もが全ての問題を自分ごととしてと考えています。

ライターのマネジメントをしていたときに、ライターさんたちに「それはできません」と言われてしまったことがありました。そのときはその「できません」の言葉に引っ張られて、思考が停止しそうになっていました。しかし、そんなときにミーティングで「本当は変数なんだけど、定数と自分が思い込んでいるものはたくさんある。だから今の状況を打破できるポイントを探せ」と言われ、マネジメントする上での自責の考え方をあたらめて考え直せたきっかけになったと思います。

このように自分がとらわれている思考の枠を外してくれ、思考回路の修正をしてくれる場が、ビジネススクールとかではなく実際に働きながらあるのはCandleに入るからこその強みだと思います。成長には高い目標をおっていることが大切で、もちろん自分が成長するにも背伸びをすることが必要です。その背伸びをCandleがさせてくれ、アシストしてくれる上司がいる。ITベンチャーの中でもCandleには圧倒的に良質な成長環境が揃っていると思います。

就活はしたものの辞退。“自分で裁量権をもって主体的に働いていく選択”を




就職をするという選択もあり、ありがたいことに他の会社から内定を頂くこともありました。しかしCandleで自分で裁量権を持って働く楽しさを知ってしまったので、今は自分で事業を始めようとしています。

高校生の頃のように「レールにのって、これから想像できる人生」も幸せでとてもいい人生だと思います。ですが今の僕は、自分で切り開いていくような道の方が想像できず、自由でわくわくするのでそちらの道を全力で突き進もうと思っています。自分と縁のあった人や社会の問題に対して自分ができることを増やしながら全力で向き合っていきたいと思っています。

「Candleフルコミ入社は、想像できないくらい成長すると思うので自分の視野を広げたい人や、人生の選択肢を増やしていきたい人にはこのうえない環境だと思います」とお話してくれたまさくぼさん。

「本気で高い目標をおっていて、本気で実現しようとしている人のそばにいれる環境は今までの価値観が覆るようなこと」そんな風にCandleマインドを表現し、自分のこれからの人生でもCandleで学んだ思考回路は役立てていきたいとのことでした。

・本気で事業を伸ばしたい!

・起業には興味があるけどなにから始めたらいいのかわからない!

そんな方はぜひ私たちと一緒に働きましょう!

ご応募お待ちしております!


まさくぼさんのように働ける!

社長直下インターンの募集はこちらから▼

https://www.wantedly.com/projects/261702

株式会社Candle's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more