This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【就職までの期間、どう過ごす?】内定先ありの僕が大学4年の夏からインターンを始めた理由


今回は、現在大学4年生かつ入社先も決まっている状況で、卒業までの約半年間をCandleで過ごすことにしたという期待のルーキー、八十科 隼さんにインタビュー!

就職までの残された大学生活を、Candleインターンとして過ごすことにした理由や、入社したてのリアルな感想(なんと取材したのは入社して4日目!)などを聞いてきました。

現在大学4年生、就職先も決まっていて「あと約半年どうやって過ごそう…」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【八十科 隼の前略プロフィール】

・就職先は確定済み&卒業も安心の理想的な大学4年生

・大学時代はゴルフ部所属

・好きな食べ物はたまごやき

・お笑い大好きマン(特にくりーむしちゅー)



将来の夢は昔からずっとない(笑)

目の前のことを着実にこなしてきたタイプでした。


小中高は野球部に所属していて、大学進学時にどうせなら新しいことにトライしてみたいと思い、ゴルフ部に入りました。小さい頃からとくに大きな夢があるタイプではなく、どちらかというと「今やるべきこと」「今やっていて楽しいこと」に集中してきたように思います。野球はチーム競技ですが、ゴルフは個人競技。練習時間の融通が効くところや、自分が打ち込んだら打ち込んだだけ成果がでやすいところがゴルフの魅力ですね。アルバイトもこのゴルフ部関係でキャディーをしていて、大学4年の9月頭まで所属していたくらいに打ち込んでいました。

就活もわりとスムーズに終えて…

就活は3年の冬くらいから考え始めて、4年の夏前には内定をもらうという、よくある就活パターンそのままで、とくに問題なく終えることができました。めちゃくちゃ大変だったという思い出はそこまでなくて、ありがたいことにスムーズに終わったなあという印象です。

周りの友達は、就活が終わったと同時に「遊ぶぞ〜!!!」と、ストレスの元から解放されたような雰囲気でしたが(笑)、僕はわりとそういうのもなくて。だからこそ「この残された大学生活、どうやって過ごそう?」と考え始めたのだと思います。



“これから”に対して一番プラスになる選択肢をとりたい

就活後の過ごし方を考えた時に、「普通にバイトをして過ごして、そのお金で海外旅行に行って…」という生活は楽しいかもしれないけれど、少し違和感を感じました。社会人になるまえの余裕のある期間を消費してしまうのはもったいないですし、「今この瞬間がたのしければそれでいい」という考え方は好きではなくて…。だからこの就職までの猶予期間も、これからに対して一番プラスになる選択をしようと決めていました。

そこで高校・大学の先輩の丈善さんに、就職の報告と、これからの過ごし方に迷っている話をしたところ、Candleのフルコミ制度を教えてくれたんです。ルーティン業務ではなく、裁量権をもって仕事ができること、同じ世代の人が多く働いていることなどを聞き、「ここでなら確実に社会人になるまえのいい経験になる!」と感じたため、フルコミとしての入社を決めました。


実際に入社してみて…「毎日知らないことばかりで、刺激的な日々です」

入社してまだ4日目(インタビュー当時)なのですが、自分のできなさを痛感するとともに、一緒に働いている方々の頭の回転のはやさや、知識の豊富さに刺激をもらっています。サークルや普通のアルバイトをするだけでは、絶対に出会うことのできなかった人たちと一緒に仕事ができることは、まさに僕が望んでいた環境です。もちろん能力の高い方々と仕事をしている分、落ち込むことも多いですが、落ち込める環境にいれることに対する感謝のほうが大きいです。とにかく今は、知識はもちろん思考の組み立て方などを、すべてインストールする気持ちで、やっていこうと思っています!

 目標を立て、そこにむかうプロセスをどう組み立てていくのかを考える能力は、どこにいっても、そしてこれからの人生でいつでも必要になってくるスキルだと思うので、身に付けたいですね。これから、たくさんのことを吸収して、はやく活躍できるように頑張ります!



入社4日目にしてすでに社内の雰囲気によく馴染み、事業部のメンバーとも和気藹々と話していた八十科さん。その秘訣を聞くと「とにかく自由でフランクな雰囲気だったので、馴染みやすかったです」との回答が。かしこまった雰囲気ではなくカジュアルな雰囲気だからこそ、分からないことが分からないと言いやすい。Candleのフルコミ生の成長スピードが速い理由は、この社内の雰囲気にもあるとも言えそうです。

・入社まで時間が余ってるけど、普通のバイトをするのはもったいないと思う!

・働くということを、よりリアルに経験にしてみたい!

・将来やりたいことはまだ分からない!でも分からないなりに模索したい!

という学生さん、ぜひCandleで一緒に働きませんか?

ご応募お待ちしております!

株式会社Candle's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more