This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

元々は大企業志望…「でも、たとえ金を失っても、こっちのほうが楽しそうだと思えた」

Candle入社時から期待のフルコミ生と囁かれ、バイタリティと吸収スピード、そして貪欲さがずば抜けている田口直生さん。しかし元々はかなりの保守派で、大企業勤めを目指していたのだとか。そんな田口さんが何故、ベンチャーでインターンを始め、今ではフルコミットで働いているのでしょうか?



【田口直生の前略プロフィール】

・現在大学4年生

・毎日のようにオフィスにいて、朝から晩まで働く人

・Perfume大好きお兄さん

・元々は大企業に勤めようと思ってた

・二郎ラーメンの早食いが得意

▶︎大企業に入って40年勤め上げるのが正義⁉︎

僕元々、めちゃくちゃ保守派なんです。だから大企業に勤めて、40年間一つの会社で働くことが正義だと思っていたし、それ以外のリスキーな選択肢を取る奴とか、ぶっちゃけ頭おかしいと思ってました(笑)

世間体で自分の人生を決めるのが嫌になった

その思考回路のまま、大学3年のときにわりと大きめの企業のインターンに行ったのですが、どうしようもないくらいにつまらなくて。今まで、なにかを選択するときに基準にしてきたものは「世間体」だったのですが、このままいくと本当に働くことがつまんなくなるなと、初めて危機感を感じたんです。

そしたら、ちょうどそのタイミングで友達が「Candleっていう会社でインターンしてみない?」と誘ってくれて、金さんと会うことになり、トントン拍子で入社が決まりました。それで今に至ります。それまではずっとは安定第一できたけれど、初めて「金を失ってもいいから、こっちのほうが楽しそう」って思えたんですよね。


▶︎入社前はアイドルに貢ぐ普通の大学生


(↑ちなみにこのときからマイナス20キロ達成中!)


1・2年は塾講師のバイトして、Perfumeのライブにいく日々。遠征もしまくってました。そんなかんじなんで、僕そんなに意識高い大学生じゃないんですよ元々。とにかくPerfumeが命。もやは命よりも大切かもしれないです。

働く=お金が貰える=そのお金で遊べる=楽しい⁉︎

必死にバイトして、稼いだお金でPerfumeに貢ぐ。だから僕は、将来も「働いたお金で楽しく暮らそう」という考えしか知らなくて。“働くこと”と“楽しい”がイコールでは結ばれていなかったんだと思います。働くときは辛くても、その対価としてお金がもらえるからまあいいか的な考えでした。

働く=楽しい!

でも大企業のインターンのつまらなさを知ったり、色々考えていくうちに、「人生において働く時間は長いのだから、その時間さえも楽しめるようなことをしよう!」と思い始め、そこからは仕事に対する考え方がガラッと変わりましたね。

▶︎もはやこれはインターンではないと思う(笑)

実際に働き始めてからは驚きの連続。まず思ったのが「こんなに裁量権を与えてくれるんだ」ということ。大企業インターンは正直、内容のないものだったり、就活生のお遊びのようなところもあったので、しっかり成果を追うために自分がすべきことを自分で考え、そして実践していくのは初めての経験でした。

思考回路レベルのフィードバック

基本的に主体性が求められる会社なのですが、ただの放任主義というわけではなく、自分の行ったことに対するフィードバックや、「これをこう考えて、こうした結果、こうなりました!」という思考回路レベルのフィードバックを受けれる環境なので、かなり本質的な成長ができると思います。



お互いに高め合える社内の雰囲気

この会社に入る前まで働くことは「Perfumeに貢ぐお金を稼ぐため」のものでしたが、今は「楽しいから働いている」という感覚。そして社内にも「楽しいから働いている」人の数が多いので、かなり居心地は良いですね。

頭の回転が早い上に努力家な人が多いので、そういう人を見ては「まだまだ自分甘いな〜」と反省することも多いです(笑)年齢が比較的若いベンチャーなので、「仲の良さ」が一歩間違えれば「馴れ合い」になってしまいそうなところも、「やるときはしっかり成果にコミットする」ことが当たり前にできているので、お互いに高め合える雰囲気があると思います。


▶︎早く上司に追いついて、追い抜かすくらいの勢いで!

今の目標としては、上司であるじょーさん笠岡さんを超えたいです。笠岡さんは死ぬほど頭の回転が早いし、知識も豊富で、じょーさんはもうストイックの塊。あんなに熱くて、仕事に打ち込んでいる人は見たことがないです。あとは対人関係が上手いところも見習いたいですね。僕、代理店との交渉とか結構苦手なんですけど、じょーさんはその場にいる人全員が良い気持ちで帰れる話の進め方をするんですよ(笑)チームで仕事をするときも全員に気を配っていて格好いいなあと、毎日のように思っています。

まずは全て吸収して、いつか超えたい。こんなこと堂々と言っちゃって大丈夫ですかね?(笑)


「働くことが純粋に楽しい」「自分の成長を感じられることが嬉しいし、成果が上がるとテンションも上がる」そうお話してくれた田口さん。上からおりてきた末端の作業をするのでは「働くのはお金を稼ぐため」となってしまいがちですが、自ら考え、実践できる環境であれば、「働くことが楽しい」というモチベーションに変わっていくのでしょう。

「つまらない会社員になりたくない!」

「グループワークをするだけのインターンよりも、もっと実践的に働きたい!」

と、思っている方は是非一緒に働きましょう!ご応募お待ちしております!

株式会社Candle's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more