This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

芸能プロデューサーの僕が、IoTスタートアップに入った理由

株式会社CAMI&Co.に入る前

CAMI&Co.若手社員のプロデューサーの小川広貴さんにインタビューさせて頂きました。 昔はアイドルプロデューサーとして活躍していたそうですが、なぜIoT会社への入社を決められたのか、会社のこととともにお聞きしたいと思います。

アイドルプロデュースとIoT、一見関連性がないように思えますがなぜ興味をお持ちになったんですか? 昔からロボットを触るのが好きだったし、パソコンも自分で組んでいました。そういったことからIoTに興味を持つのは自然な流れでした。面白いものを生み出すという意味では両者は共通していると思います。

現在

主に小川さんはどんなお仕事をされていますか?

IoT製品のプロトタイプ製作のプロジェクトマネージャー、企画、コンサル、広報や人事など幅広く行なっています。

やることは多いですが、会社の骨格を担っている自覚もあり、とても仕事は楽しいですよ!

株式会社CAMI&Co.について

若手が多くとても賑やかな環境です。 実際に入社してみて想像より華やかではないと思いました。アイディアだけで進んでいくわけではなく、裏でのコツコツとした努力や技術の積み重ねがあるからこそ成り立つ仕事だと思いました。驚いた反面、見習わなくてはいけないと感じました。

また、エンジニアと私のような企画が同じ場所で机を並べて仕事をしているというのも楽しい部分です。日々学べることがたくさんあり、技術好きの私にとっては最高の環境です。

今後どういうことをしていきたいか

今後目標は何か一つ自分たちでIoTの製品を世に出したいと思っています。やはりモノづくりの企業に入った以上、自分で作ったものを世に出すというプロセスは一度踏んでみたいと思っています。

実は他の企業様のサポート等で自分が作ったものが既に世に出てはいるのですが…言い方が悪いですが、人のお金で作ったものを自分で作ったとは中々言えないですよね。なので胸を張って「これは僕が作った!」と言えるようなものを将来的に作りたいです。

就活中の人に一言

就活中は夢を抱くものです。自分は将来こうなりたい、これをやりたいと言ったことが必ずありますが、残念ながら、ほとんどの人が就活を進めていく途中で夢ばかり語っていても仕方ないことに気づいてしまうでしょう。

でも、それはとてももったいない。現実を見ることも確かに大事かもしれませんが、夢を見ることを諦めてしまっては何も成し遂げることは出来ません。

是非、夢を叶えてくれるようなメンバー・サポートが揃っている企業に出会って下さい。そして、夢を叶えるために、新しい環境に飛び込んでみてください。

いつでも相談や面談など受け付けていますので、気軽にメッセージくださいね!

株式会社CAMI&Co.'s job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings