This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Interning for CAB from Hawaii !!

残暑お見舞い申し上げます。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、猛暑が続いた先月7月の1週間、ハワイ・ホノルルから夏休み中の学生さんがインターンでキャブに入りました。

折角なので日本的なことをと意識し、来客時のお茶出し、日本のビジネスレター(送付状)の作り方を学んでもらいました。
ちょうど弊社が参加を予定していたビジネスイベントにも参加してもらい、その資料セットや当日のブースでのお手伝い等、とても素直に熱心に取り組んでいただきました。

若い日本人でも苦手な人が増えているのが電話の取り次ぎです。
インターン期間中1回電話を取るという目標で、電話をうけて取り次ぐというハードルの高いことにも挑戦してもらいました。
本人のホストファミリーから聞いたのですがお家でもホストファミリーやハワイのお母様を相手に熱心に練習していたとのことです。無事目標も達成できました。(ちょうど社長からの外線電話でした。)

最終日には、小さな頃からやっていらっしゃるプロ級の本物のフラダンスを私達に2曲プレゼントしてくれ、社内はガラリとハワイに変わっていました。
とても短い期間でしたが彼女の笑顔と純粋な熱心さに私達はとても癒やされ、刺激を受けました。ハワイのそよ風が吹いた素晴らしい1週間を私達も経験できました。どうもありがとうございました。

そのインターンの方に、英語と日本語で感想をかいてもらいましたので、ご紹介いたします。残暑は厳しですが、皆様もひきつづき素敵な夏をお過ごしくださいませ。
---総務部 青木---


                          ---弊社代表と。ビジネスイベント会場にて。---

Interning for Cab

  America and Japan have extreme cultural differences, and because of that, I was terribly nervous to intern in Japan. I came in on my first day worried out of my mind that I would come off as disrespectful since I do not have much experience with keigo, but even with my stumbles in Japanese, the whole company still welcomed me with open arms. Every single person that works in the office was so very kind and respectful towards me.

アメリカと日本の文化はとても違うので、私はとても緊張していました。最初の日から敬語の使い方があまり知らなくて心配でしたけど、少しまちがえても、CABの皆さんが私に優しくて歓迎してくれました。

Being in the Japanese office environment, I noticed how great of a deal it is to be respectful to every customer, coworker, etc. For example I learned how to, answer the phone, serve tea, write a business letter, and more. All of which helped me appreciate the importance of being respectful and professional when it comes to business.

日本のオフィスでインターンをしてきづいたことは、お客さんや同僚に対してもとても丁寧でいることです。例えば、私は電話の話し方やお茶の出し方や送付状の書き方を習いました。それらの全ては仕事をするときに相手に対して敬意を持つこととプロ意識を持つことの大事さを気がつかせてくれました。

This interning experience is something I've never been exposed to. I learned a great amount, and met many different types of people. By interning in Japan, realized that the Japanese prioritize hospitality. Especially with CAB, they have made the effort to express hospitality by customizing their websites to fit the customers' conditions, known as the Omotenashi Contents. I, along with many people, am very impressed with the hard work everyone has put in to this idea of hospitality. Thank you to Mr. and Mrs Nigata for welcoming me into their company, and gifting me a memory I will hold on to forever.

このインターンシップは私は感じたことない経験です。いろんなことを習って、いろんな人にあって。日本でのインターンをしたことで、おもてなしは日本にとても大事なことだと気づきました。特にCABではウェブサイトで顧客に合わせてカスタマイズして、すごく頑張っておもてなしの心をお客さんに表現し伝えられるようにしています。おもてなしコンテンツといいます。私はCABの皆さんはこのおもてなしの心をを伝える仕事をよく頑張っていてとてもすごいと思っています。

にがたさんご夫妻、会社のみなさんに歓迎してもらって受け入れてくれて、一生忘れない思い出をいただきました。ありがとうございました。

株式会社キャブ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings