1
/
5

面接官から見た「アフターコロナ」の変化とは?

就活について、コロナの前と後でどんな変化があったのか?

オンライン化によって見ている点がどのように変わったのか?

アフターコロナで就活生が特に意識するべき点は何なのか?

ネクステージ新卒担当の橋本にインタビューしてみました!!この記事の筆者もインターン生で、今後就活をするうえで大変参考になりましたので、それをぜひ皆さんに公開したいと思います。


インタビュースタート!!


さっそく質問です!

ーー新卒担当人事が感じる就活の変化って何でしょう?



一番は直接会えなくなったことかなぁ・・・

画面越しだから、学生の細かい表情や反応がかなり見にくいし、相手にちゃんと伝わるように、伝え方にもこだわってるよ。

たまに学生のパソコンからめちゃめちゃ顔が遠かったり暗かったりで全然表情見えないなんてこともあるから、それで印象悪くなっちゃうのがすごくもったいないなって思うこともあるなぁ。

就活イベントとかも、画面越しだと一度に見れる人数が限られてるから、大人数でやりにくくなちゃったし・・・

ただ、今まで会えなかった地方の学生さんと会えるようになったのはオンラインのいいところかな!





ーー画面越しでも、きちんと相手に伝わるくらい大きく反応をした方が良いということでしょうか?


うーん、もちろんある程度きちんと反応を見せることは必要だけど

「一番は素を出すことかな!」

こういう本当に大切な部分は、コロナ前とは変わらないんだけど、就活っていう場で、自分の素を出せる人は円滑なコミュニケーションができるし、自分が本当に生きたい会社に行くためには必須だよ!

素を出せれば、面接官が「この会社に入ることが、この人にとってメリットになるのかな?」ってのも考えられるし、良いことばかりだから、絶対に練習して!!ってお願いしたいくらい笑笑


とにかく、

「面接で素の自分を表現できるようになる」

ってことを忘れないようにしてほしいかな。



ーーおすすめする会社の選び方とかってありますか?


私の持論だけどあるよ。

「今やりたいこと」よりも、「自分のなしたいことは何か」とか「自分の理想の生活」から逆算して会社を選ぶのがおススメ!!

私も理系出身で初めは大手の薬品業界に行こうとしてて、その時は「とにかく大手に行きたい!」って感じだったんだけど、その業界に入ってからどうするかとか考えてなかったんだよね。

「大手の薬品メーカーに入れればよい!」って考えて、そのあとどうするのかを全く考えてなかったなぁ。


「自分の理想の生活と現状の自分とのギャップが、その会社に入れば埋められそうか?」

もしくは

「その会社であれば、理想の自分を見つけられそうか?」

っていう視点で会社を探してみて、できないことは成長してできるようになる!っていう気持ちで就活したほうがいいよ!その方が仕事も楽しいし!

そのためにも、いろんな企業をみて、就活力をきちんと鍛えて、ここだと思う会社を見つけるべきだと思うよ。





ーー就活力を鍛えるって、どんなことをすればいいでしょう?


さっきも言ったけど、やっぱ素を出す力だね。

正直に「自分はこんな人間です!」って表現できる人は、就活でも強いよ!

そのためにもやっぱりいろんな会社の面接受けて、いろんな人の話を聞いて、社会人慣れをすることが大事になってくるよ。

何度もやってくうちに自分が本当に行きたい会社も見えてくるし、面接も慣れてきて素が出てくるようになるから。




ーーなるほど、ありがとうございます!





ーーネクステージではどんな人を採用していますか?

ーーこのストーリーを読んでくださる方のために、改めてお願いします笑


ネクステージは、フィロソフィー「チャンスなら、まだある」っていう理念を本当に大切にしてるから、何度でもチャレンジし続ける「あきらめない」メンバーを増やしています!

ただ、さっきも言ったけど、自分の理想から逆算して、「ネクステージなら理想の自分を見つけられるな、近づけるな」って思う人にも来てほしいです!!




ーーちなみに、逆にどんな人はネクステージには合わないと思いますか?

まずは、現状に満足していて、安定を求めている人かな。成長したい、あきらめない人たちが集まってくるから、そういう人にとっては居心地はかなり悪いと思う。

あとは、あきらめない!って人でも、チームで動くのが苦手な人は向いていないかな。チームとして成長させ合っていく風潮があるから、誰かを蹴落としたり、自分だけ利益があれば良いって人には向いていないかも。



チームの全体最適を意識できて、それでいて自分も成長したい!って人の中で、

「あきらめない人と、次のステージをつくる」

という理念に共感してくれる人と、一緒に働きたいと思っています!






あとがき

まず、「コロナ前との違いは?」という疑問に対しては、「就活をするうえで本当に大切なことは、コロナ前とはあまり変わっていない」ということがわかりました。

自分の理想から逆算して、「どの会社なら自分の理想にたどり着けそうか?」という視点は今まであまりなかったので、インターン生の筆者もとても学びになりました!

僕も、この記事を読んでくださったみなさんも、「就活力」を鍛えて、「ここだ!」と企業に入りましょう!!





今後も有益な情報を発信していくので、ぜひフォローお願いします。

後半のネクステージが求める人物像に対して「自分のことだ!」と感じた方は、ぜひ詳しい話を聞きに来てください!

ネクステージ株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more