1
/
5

私が一番意識しているポリシー教えます!

こんにちは!

ネクステージ人事部の高橋です!

梅雨入りをして、あまり天気が良くない日が続いていますがそんなことを吹き飛ばすぐらいネクステージでは元気に皆さんお仕事をされています!




突然ですが

私たちネクステージでは、人間力の成長にとても力を入れています!


それは、人間力を高めていく事で、挑戦や失敗から多くのことを学び仕事力にも繋がっていくと考えているためです。


そのために日々意識することとして、「10のポリシー」があります!

今回は新卒の高橋が僭越ながら先輩社員に「一番意識している10のポリシー」についてインタビューしました!
ぜひ、楽しんでご覧ください!


【総務部 源田翔希さん】



「行動無きものに居場所なし」

プライベートでも仕事でも常に行動することをとても心がけています!

自分が知らないことを知れたら嬉しいですし、どんなことにも挑戦することが一番の強みだと思っています。

僕が行動をする理由は主に3つあります。

まずは、動かなきゃ何も始まらない!そう思うからです。初めから上手くいくことはありません!失敗することの恐怖より、そこから学びを得ることに価値があるし、何より挑戦する事に意味があると思います。



2つ目は、信頼を得るためです。まだ、ネクステージに入って3か月目で業務的にはまだまだなところが多いです。だからこそ、自分から仕事を取りに行くこと、任して貰った業務に対して全力で取り組むことを意識しています。


このような行動の積み重ねをすることで、信頼を得ることが出来てより多くのことをチームに貢献出来ると思うんです!


3つ目は、コミュニケーションを広げることが出来るからです。例えば、僕は多くの趣味があってその一つでフットサルをやっています!

その相手チームにエージェントの方がいらっしゃり、ネクステージと出会うことができました。

こんな風に多くの繋がりを持つことで、新たな選択肢や考え方を身につけるられると思います!

今後も、総務部として働く社員が120%のポテンシャルを発揮できる環境作りをするためにどんどん行動していきます!



【情報システム部 下屋敷敬祐さん】



「常に学び、インプットせよ」

ネクステージに入社してとても意識するようになりました!

前職では、上から指示されたことだけをやっていて、あまり、やりがいとかも感じることが出来なくて…。なので、アウトプット前提のインプットという考え方をネクステージで学びました!
とても難しい事ですが、入社してから聞いたことをすぐアウトプットするという機会が多くあり、出来たらもっと成長出来ると思って意識しています!


業務の中で知らないことや初めて挑戦することも多くありますが、前向きに捉えインプットすることで任せられる業務も増えました。

今後は頼れる先輩社員やネクステージ全体を支えられるような人を目指します!(笑)



それから、このポリシーを意識したことで自分から積極的に動けるようになったと思います!
自分がやりたいことを提案する機会が増えて、すごくやりがいを感じられるようになりました。


もちろんきつくて「まじか…。」って思う時もあるけどその失敗や指摘を乗り越えたときに成長出来ていることが想像出来て、落ち込むより次の行動を考えられるようになりました。そう考えると・・・入社前よりすごくプラス思考になったな!


これからも、自分と関わっている人を喜ばせる行動をしていけるように学びの姿勢を意識していきます!!



【経理部 福地美沙さん】




「耳の痛いコトこそ、まっすぐ受け入れ、伝えよう」


私は、このポリシーの「受け入れる」という部分に着目しています!簡単そうに見えてすごく難しいと思うんですよね…。だからこそ、意識することで自分の成長に大きく反映していくという風に思って意識をしています!

入社し始めって、指摘などたくさんのことを言われることが多いですよね?その指摘を受け入れるためには「謙虚さ」や「素直さ」が必要だとおもいます。




指摘してくれる人は、「間違ってしまうことでどんな問題が発生してしまうのか」「その重要度」に気づかせてくれたり、「ゴールの方向」を私たちが自分で軌道修正出来るように言ってくれていると思うんです。


だからこそ、その指摘を感情で反応するのではなく、言ってくれた背景や未来に対してどう動けるかを考えながら受け止めることが大事だと考えています!!


経理部は日々指摘されることが多いのですが…。(笑)言われたことに対して、落ち込む姿を表に出さないことを心がけています。周りに悪い影響をもたらしてしまうと思うからです。
しっかり受け止めて、もし自分に原因がなかったとしても何か出来ることはなかったかな?、これからできることはないかな?と何事も当事者意識を持ち、前向きに受け入れることを意識しています。


これからも指摘する側も受け入れる側もお互いがしっかり向き合い、チームをより良くしていくために行動していきます!

ネクステージ株式会社's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more