This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【採用内定を勝ち取れ!】ベンチャー企業の代表や面接担当者に聞いた、採用される人・されない人の違いとは!?

こんにちは株式会社ビヨンドボーダーズのマレーシア支社でインターンをしている塩口です。

3月についに就活が解禁し、私の友人も明るかった髪がすっかり暗くなり、授業中もSPIの参考書をずっと読むように…

そんな就活に挑んでいる友人を見ていてある疑問が頭に浮かびました。

「就活ではどういう人が採用されて、どういう人が面接で落とされてしまうのだろう…?受かる人には何か共通点はあるのかな?」そう思った私は、今インターンをしているビヨンドボーダーズで、採用活動を行っている方々に、採用に関するアンケートを行いました。

この記事ではその結果を皆さんと共有していきたいと思います。今回面接・採用に関するアンケートにご協力いただいたのはこちらです!

-------------------------------------【CEO 遠藤 忠義さん】-------------------------------------

ゴールドクレストにて不動産業を経験し、当時創業後1年経っていたエス・エム・エスに入社。年間最優秀賞等数々の受賞をし、営業・事業開発・人事マネジャーを歴任。その後マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立し代表に就任。メディカルツーリズムビジネスや医療・生命保険マッチングサイト立ち上げ等、海外で4年間の事業運営を経験。その後、自身の海外不動産業界やIT事業、海外での経験を活かし、海外不動産マーケットを事業ドメインに置くBEYOND BORDERSを2015年に設立。

-------【マレーシア支社長/General Manager 玉邑 憲一さん】------------------

【玉邑さん】東急リバブル株式会社で9年間幅広い分野の不動産売買仲介業に従事し、その後独立。神戸にて独立系不動産会社を設立し、不動産売買仲介をはじめ数々の開発プロジェクトや大型収益不動産案件等に携わる。その後、より自身が成長できる環境を求めて、拠点をマレーシアに移し、BEYOND BORDERSマレーシア現地法人に就任。

---------------------------【Executive Officer 小林 利光さん】---------------------------

当時社員数2名のベンチャーに新卒第一号として入社し、自社メディアの広告営業に従事。クライアント数4倍、利益5倍にまで成長させた。その後同社で、Webコンサルティングサービスの新規事業立ち上げを行い、事業統括を歴任。コンサルティング業務においては、大手上場企業のWebコンサルティングサービス、セミナー講演等を行い、Webサイトのパフォーマンス向上や、改善する文化の醸成に貢献。2017年9月にBEYONDBORDERSへジョインし、マーケティング業務を担当。


◆「面接をしていて、どのような人を採用したくなりますか?」

「採用したくなる人」について、一番多かったのが下記の2つの経験がある人という回答でした。

「努力をして壁を乗り越えてきた経験」
「何かに打ち込んでやりきった経験」

実際に、就職活動で必ず聞かれる定番の質問の中にも「今までの人生の中で一番困難だったことを教えて下さい。またその状況をどのように乗り越えましたか?」というものがあります。

では、なぜ面接担当者は「困難を乗り越えた経験」を聞きたがるのでしょうか?

私も気になったのでまずは、そもそも困難とは具体的にどういう意味かを辞書で調べてみました。

【困難】=【簡単には成し遂げられないこと。実現・実行がむずかしいこと】(大辞林より

調べてみて思ったのが、私たちが実現・実行が難しいことを乗り越える時は必ず目標があり、それを叶えるための努力していました。つまり「目標があるから困難があり、それを努力をして乗り越える」この3つはセットだったんですね!

そして、面接官は、あなたが今までの人生をどれだけ目標意識を持って生きてきて、それを叶えるために努力したのかを面接を通して知りたいのです。

反対に、もし何の目標も持たずに大学生活を過ごしていたら、困難だと思う状況にも遭遇する確率は自然と低くなります。その結果、面接で同じ質問をされた時、前者と後者の回答には大きな差ができてしまうのです。

企業の面接担当者は「成長意欲がある、会社に入ってからも伸びしろのある人材」を見抜くためにも「困難を乗り越えた経験」を質問し、それがある人を採用したいと思うようです。


次に多かったのは、

「明るく感じの良い対応ができて、笑顔の多い人」

という意見でした。

特に営業職などはお客様とコミュニケーションをとる機会が多い人は、会社の「顔」として表に出る機会が多いですし、社内でのやりとりについても、やはり気持ちよく明るく対応してくれる人は、周囲の気持ちも明るくしてくれ、話かけやすくいいコミュニケーションがとれますよね。

「明るく笑顔の多い人を採用したくなる」ことは当たり前のことのにように感じますが、面接という普段とは違う環境では、ついつい表情がいつもより硬くなってしまうものです。そのため、面接の際はいつも以上に意識して笑顔でハキハキ受け答えすることで相手に好印象を与えられると思います。

ちなみに、心理学的にみると、話す内容よりも視覚的な情報がその人の印象を決定づけているって知っていますか?

とても有名な心理学の研究「メラビアンの法則」によると、人の印象を決める要素は「見た目」「声」「話す内容」の3つ構成されていて、その中でも「見た目(視覚情報)」が全体の55%「声(聴覚情報)」が38%「話す内容(言語情報)」は7%しか影響がないそうです。

つまり、面接のような初対面の人と少ししか話す時間がない場面では、話す内容はもちろん大切ですがそれにプラス、自分の印象を操作するテクニックを身に着けておくと他の人と差をつけることが出来ます。簡単なテクニックだと「アイブロウ・フラッシュ」という技がとても有名です。

アイブロウ・フラッシュという印象操作テクニックは相手と初めて対面した時に眉をほんの少し上に上げるだけで「あなたに会えてうれしい」という気持ちを相手に届けることが出来ます。

あなた:「コンコン」

面接官:「どうぞ入って下さい」

あなた:「よろしくお願いいたします(アイブロウ・フラッシュ!!)」これでバッチリですね!

実は、この動作は【全世界共通】で人間の脳が「好意的な動作」だとジャッチしてくれるようです。面接官と対面したらすぐ意識的に0.5秒くらい目を見開き眉を上に上げてみて下さい。きっと面接官はあなたに良い印象を抱いてくれるでしょう。(やりすぎると逆に怖いので注意です!)

では逆に「どういう人は採用するのが難しい」と感じるのでしょうか?

◆「採用するのが難しいと感じるのは、どのような場合ですか?」

その中で印象的だったのがこの3つの条件です。

●必要以上に自分を大きく見せようとして、嘘をつく人や口だけの人
●チームワーク力やコミュニケーション能力がない人
●自分の軸が定まっておらず、自己アピールが出来ない人

面接で嘘をついてその企業に入れたとしても、入社後それはバレてしまいますし、会社とのミスマッチにつながりかねません。また、仕事は1人だけではできないので、チームワークや周囲とのコミュニケーション能力は必要ですよね。

そして、自分の軸(目標)がない人は上記の採用したい人の裏返しで「目的を持っていない=何かに向かって努力や壁を越えようとしてきたのだろうか?」と思われてしまうようです。


◆ビヨンドボーダーズに来てほしい人材とは!

では最後に、今後ビヨンドボーダーズにどのような人材が来てほしいかもお聞きしました!

「国籍や宗教や考え方など問わない、多様性ある組織にしたいと思っています。なので日本だけではなくいつか海外で働きたいという方は大歓迎です!」

「明るく前向きで、失敗恐れずチャレンジできる人に来てほしいです。あとは思考として、チームで何かを成し遂げる事に重きをおいている人、未来志向である人、論理的な考えができる人は活躍できると思います。」

「”不動産取引で生まれるHAPPYを世界中に”というミッションを掲げている成長中のベンチャーで、さらに発展していくであろうアジアや先進国の情報に触れることができる環境です。ですから、海外に強い興味があり、自身の成長を楽しめるような人で、仲間やお客様のHAPPYのために邁進できるような人にお越しいただきたいです。」


いかがでしたでしょうか?採用したくなる人・採用が難しい人にはこんな違いがあったのですね!今後、就活を控えている学生は目標意識を持って、それに全力で取り組み、困難を乗り越えた経験があると面接官に「この人は成長意欲がある、会社に入ってからも伸びしろのある人材」と評価される可能性が高まると思います。

また、次回の記事では社員さんにお聞きした学生の内に身に着けておいた方が良いスキルや読んでおくべき本についてもお聞きしたので、お楽しみに♪

★「BEYONDBORDERS」で一緒に「これを全力でやりきった!」といえる経験、手に入れませんか?

ビヨンドボーダーズでは只今STAFFを募集中です!

もっと詳しく「BEYONDBORDERS」について知りたい&エントリーしたい方は、各求人にエントリーください。

事業内容や仕事内容などはこちらの記事でもまとめています。

”不動産×IT×海外ビジネス”を行う「BEYONDBORDERS」ってどんな会社?仕事内容からやりがいまで、インターン情報をまとめてみました!

社員一同、皆さんと一緒にお仕事ができる日を楽しみにしています!ご応募お待ちしています!

<インターン募集>

<中途募集>も募集中です!


英語力を活かせる営業インターン
自分を変えろ!未来を変えろ!圧倒的成長がしたい海外インターン生募集
当社は「不動産に関わる『Happy』を世界中で生み出す」を企業のミッションとして掲げています。 ミッションを実現するために、今後自分達でもワクワクしてしまうような様々なサービスを展開予定ですが、現在は大きく2つの事業にフォーカスしています。 《海外不動産検索ポータルサイト事業》 世界各国の不動産を検索できるポータルWEBサイトを日本語・英語・中国語・台湾語で運営しています。2019年7月現在で、68452件の物件情報が掲載されており、世界中の人が自国以外の不動産を快適に探せるサービスを目指しています。 https://ja.sekaiproperty.com/ 《日本人向け海外不動産売買マッチング》 海外の不動産を売買したい日本人のお客様のために、物件の購入から管理・売却・海外での納税代行まで、日本語にてワンストップでサービス提供しています。海外の不動産情報をわかりやすくお伝えするために、WEBサイトでのコンテンツ提供やセミナー開催、実際にお客様の海外不動産視察に同行して通訳も兼ねてご説明することもあります。 単に、問い合わせを獲得する為の、マーケティング活動でなく、事業利益を最大化する為の問い合わせ獲得・マーケティング活動を行って頂きます。 デジタルマーケティグを活用した集客戦略の立案から実行、KGI・KPI管理はもちろんの事、雑誌掲載や郵送などのダイレクトメールのオフラインマーケティング施策をミックスして、ROIを最大化して頂きます。 事業戦略通りに問い合わせ獲得を実現できますと、オンライン・オフライン問わず、圧倒的な実績を構築できるかと思います。 2015年に設立されたばかりの会社ですが、既にシンガポールのベンチャーキャピタルから資金調達に成功しています。
株式会社BEYONDBORDERS
英語力が活かせるインターン
学生でも海外出張アリ!社長直下で働くインターン生Wanted!
当社は「不動産に関わる『Happy』を世界中で生み出す」を企業のミッションとして掲げています。 ミッションを実現するために、今後自分達でもワクワクしてしまうような様々なサービスを展開予定ですが、現在は大きく2つの事業にフォーカスしています。 《海外不動産検索ポータルサイト事業》 世界各国の不動産を検索できるポータルWEBサイトを日本語・英語・中国語・台湾語で運営しています。2019年7月現在で、68452件の物件情報が掲載されており、世界中の人が自国以外の不動産を快適に探せるサービスを目指しています。 https://ja.sekaiproperty.com/ 《日本人向け海外不動産売買マッチング》 海外の不動産を売買したい日本人のお客様のために、物件の購入から管理・売却・海外での納税代行まで、日本語にてワンストップでサービス提供しています。海外の不動産情報をわかりやすくお伝えするために、WEBサイトでのコンテンツ提供やセミナー開催、実際にお客様の海外不動産視察に同行して通訳も兼ねてご説明することもあります。 単に、問い合わせを獲得する為の、マーケティング活動でなく、事業利益を最大化する為の問い合わせ獲得・マーケティング活動を行って頂きます。 デジタルマーケティグを活用した集客戦略の立案から実行、KGI・KPI管理はもちろんの事、雑誌掲載や郵送などのダイレクトメールのオフラインマーケティング施策をミックスして、ROIを最大化して頂きます。 事業戦略通りに問い合わせ獲得を実現できますと、オンライン・オフライン問わず、圧倒的な実績を構築できるかと思います。 2015年に設立されたばかりの会社ですが、既にシンガポールのベンチャーキャピタルから資金調達に成功しています。
株式会社BEYONDBORDERS

参考にしたサイト「マイナビ転職」

株式会社BEYONDBORDERS's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more