1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【海外&世界史好き必見!】マレーシアが多民族国家になった驚きの理由を調べてみました

こんにちは株式会社ビヨンドボーダーズのマレーシア支社でインターンをしている塩口です。

皆さんは「マレーシアという国がどうやって現在の姿になったのか」知っていますか?

普段、KLに勤務しているのですが、先週末にマラッカに旅行にいった際、もう少しマレーシアの歴史について勉強しようと思い調べてみました。

実は、マレーシアには4つの国に450年以上も占領されていた激動の歴史があります。しかも、その4つの国の中に、「日本」も入っているのです。驚きですよね?!

今回は、ビヨンドボーダーズという不動産会社のマレーシアオフィスでインターンをしている私なりに【マレーシアの歴史について勉強したこと】を皆さんと共有していきたいと思います。(世界史好き必見!)

【マレーシアの主な歴史年表】

1396年 マラッカ王国建国
14世紀末 マラッカが貿易港として栄える
1511年 ポルトガル時代占領時代
1641年 オランダ時代占領時代
1896年 イギリス時代植民地
1942年~1945年 日本占領時代
1945年 再びイギリス領となる
1963年 ついにマレーシア独立
1965年 シンガポールが分立

◆マレーシアってどんな国?

マレーシアは東南アジアの中心に位置し、マレー半島とボルネオ島の一部・サバサラワク州から成り立っています。マレーシア全体の人口は3000万人、首都クアラルンプールには180万人以上の人が暮らしています。(私がインターンしている「BEYONDBORDERS」があるのも首都クアラルンプールです)

マレーシアは多民族国家であり人口は70%近くを占めるマレー人を中心に、中華系やインド系、その他の移民で構成されています。公用語はマレー語ですが、国民の大多数が英語を話すことができるため日常英会話が出来れば困ることもありません。

また、マレーシアの特徴はなんといっても住みやすいことです。一般財団法人ロングステイ財団の調べによると、マレーシアは12年連続で日本人が住みたい国ランキング1位に輝いています。

【マレーシアの概要】
面積 33㎞ →日本の0.9倍、日本より少し小さい国
人口 約3000万人 ※マレー系65%、中国系26%、インド系8%、その他1%
宗教 イスラム教 ※他に、仏教、キリスト教、ヒンドゥー教など
言語 マレー語(バハサ)

◆マラッカ王国の建国

1390年代、スマトラ島(インドネシア)パレンバンの王族「パラメスワラ王子」が新天地を求めてマレーシア南部の小さな港町へやってきました。この町が気に入った王子は1396年「マラッカ王国」の建国を宣言しました。

インド洋と南シナ海の中心に位置し、立地が良かったこともあって、多くの商人や旅行者がマラッカを訪れるようになりました。13世紀前半には、中国の明の商人がマラッカ港を香辛料などをヨーロッパまで運ぶシルクロードの中継地として利用し、マラッカ港は繁栄していきました。

◆ポルトガル占領時代

14世紀に入った後、ヨーロッパから初の貿易船がマラッカ港を訪れました。この時訪れたポルトガルの商船隊がマラッカ港の魅力を自国に伝え、のちにポルトガルによるマラッカ侵略が進められたと言われています。

その後大航海時代に突入し、世界各国が盛んに貿易を行うようになりました。そんな中、素晴らしい貿易港を持っていたマラッカ王国もそのあおりを受けてしまいます。1511年、ポルトガルがマラッカ侵略、「マラッカは陥落」してポルトガルに占領されてしまいました。

しかし、侵略はされたものの「マラッカ王国滅亡」という記述は見たことがありません。調べてみると、この時のマラッカ王国の王様は何とかポルトガルの軍隊から逃げ、マラッカよりさらに南に「ジョホール王国」を建国、現在も「ジョホール州」としてマレーシアの州の一部となっているようです。どうやら、国王やその子孫が生きている場合は滅亡という表現は避けられるみたいです。

ちなみに、ポルトガルがマラッカを占領した後、1545年に日本人にお馴染みのある人がマラッカへキリスト教の布教にやってきます。あの日本人に初めてキリスト教を広めたことで有名な「フランシスコ・ザビエル」です。彼はマラッカで布教を終えた後、日本の長崎・山口県へ布教に向かったのです。

まさか、ザビエルがマラッカ経由で日本に布教しに来ていたのは驚きですね!

◆オランダ占領時代

ザビエルがマラッカを旅立った約100年後の1641年、ポルトガルに占領されていたマラッカは今度はオランダ人に占領されてしまいます。その時代にマラッカの観光スポットとして有名なオランダ広場、スタダイス(市役所)などが作られました。

◆イギリス植民地時代

18世紀、大航海時代が終わりポルトガル・オランダの力が衰退するとともにイギリスが台頭し始めます。1786年にイギリスは東インド会社を作り、1824年には英蘭協定を締結しマラッカ海峡をはさみ東のマレーシアをイギリス領、西をオランダ領とします。

その後1896年にマレー半島全体がイギリスの植民地となってしまいました。この時、インドや中国から労働者を大量に雇ったことが今のマレーシアが多民族国家である理由の1つになっています。

◆日本占領時代

第二次大戦が始まると1942年、日本がパールハーバーへの攻撃を開始したころ、日本軍はマレー半島へも上陸し、占領しました。そこから日本が敗戦するまでの3年間マレーシアは日本の占領を受けた後、再びイギリスの植民地として返還されました。

◆マレーシアが他国支配からの独立

ここまで見て、マレーシアはポルトガル、オランダ、イギリス、日本、そして再びイギリスと約400年間も他の国に占領されは他の国に奪いとられを繰り返しています。それでは一体いつマレーシアに国の主権が返還されたのでしょうか?

それは終戦から約20年後の1963年でした。その後1965年にシンガポールが独立すると、現在のマレーシアという国がついに独立国家として誕生しました。つまり、現在のマレーシアはつい54年くらい前に今の形になったばかりなのです。

1511年にポルトガルに占領されてから、1965年に現在のマレーシアになるまで454年間他の国に占領されていたにも関わらず、マレーシアの人は他の国の人にも寛容で、親日家が多いことで有名です。しかし、もしマレーシアを訪れるなら日本がマレーシアを占領していた時代があったことを知っておくことは大切だと感じました。

まとめ

いかがでしたか?驚きの内容だったのではないでしょうか?マレーシアと聞くと日本とあまり関係のない国なのかな?と思いがちですが実は日本が3年間も占領していた時代があったんですね。

実際、私もこうして調べてみるまで、詳しくマレーシアの占領されていた歴史を知りませんでした。海外でインターンをすることは実際のビジネスの現場で働けることと共に、そうした歴史や文化に触れることもできるので特にこれから社会人なる大学生におすすめしたいです!

また、次回の記事ではそんな激動の歴史を持つマレーシアの経済成長についてお伝えしていきたいと思います

マレーシアでインターンしている大学生の休日レポートはこちらから

インターン生に1日密着取材【業務内容について】はこちら

ヨーロッパ、アジアの文化が混ざり合った不思議で魅力的な国にインターンをしてみませんか?

◆現在「BEYONDBORDERS」は一緒に働いてくれるSTAFFを募集中です。

もっと詳しく「BEYONDBORDERS」について知りたい&エントリーしたい方は、各求人にエントリーください。社員一同、皆さんと一緒にお仕事ができる日を楽しみにしています!ご応募お待ちしています!

<インターン募集>

<中途募集>も募集中です!


英語力を活かせる営業インターン
自分を変えろ!未来を変えろ!圧倒的成長がしたい海外インターン生募集
私たちが掲げているミッション。 【“幸せでつながる未来”を不動産の領域で、世界中で。】 Working towards a prosperous future, in real estate and across the world. 不動産が見せてくれる夢、未来、可能性。その想いは、私たちの見えないところで伝播し、世界中の人々に繋がっています。私たちは、その想いの連鎖が永遠につながる未来を、世界中で作りたいと思っています。 このミッションを実現するために、不動産領域で様々な事業をこれからさらに創造していきます。現在は、大きく3つの事業にフォーカスしています。 1)《海外不動産検索ポータルサイト事業》 世界各国の不動産を検索できるポータルWEBサイトを日本語・英語・中国語・台湾語で運営しています。現在、約68000件の物件情報が掲載されており、世界中の人が自国以外の不動産も快適に探せるサービスを目指しています。 https://ja.sekaiproperty.com/ 2)《海外不動産&インバウンド向け不動産売買エージェント事業》 セカイプロパティでの不動産情報提供のみならず、海外の不動産を売買したい日本人のお客様や、日本国内の物件を購入されたい外国人のお客様のために、物件購入の情報提供から購入サポート、管理・売却・海外での納税代行まで、日本語/英語にてワンストップでサービス提供しています。 不動産情報をわかりやすくお伝えするために、WEBサイトでのコンテンツ提供以外に、不動産セミナーの開催、実際にお客様の海外不動産視察に同行しています。 営業活動を効率化するため、問い合わせを獲得する為の、デジタルマーケティグも強化しています。 3)《不動産業界に特化した人材紹介事業》 不動産業界の人材採用難に対して、不動産業界に特化した人材紹介事業を2019年より開始いたしました。営業職のみならず、様々な職種、宅建取得者など、企業のニーズに応じた人材の提供を行っています。 2015年に設立されたばかりの会社ですが、既にシンガポールのベンチャーキャピタルから資金調達に成功しているなど、これからIPOなども目指しています。
株式会社BEYONDBORDERS
セールス&マーケティング
アジアを飛び回りながら、グローバルにインターンしたい方Wanted!
当社は「不動産に関わる『Happy』を世界中で生み出す」を企業のミッションとして掲げています。 ミッションを実現するために、今後自分達でもワクワクしてしまうような様々なサービスを展開予定ですが、現在は大きく2つの事業にフォーカスしています。 《海外不動産検索ポータルサイト事業》 世界各国の不動産を検索できるポータルWEBサイトを日本語・英語・中国語・台湾語で運営しています。2018年9月現在で45,000件の物件情報が掲載されており、世界中の人が自国以外の不動産を快適に探せるサービスを目指しています。 https://ja.sekaiproperty.com/ 本事業を担当するチームは、広告掲載をしていただく不動産ディベロッパーやエージェントさんへの法人営業、WEBサイトを訪れてくれるユーザーさんを増やすためのデジタルマーケティング・コンテンツメディアマーケティング、WEBサイトを使いやすくするためのシステム開発等を行っています。 《日本人向け海外不動産売買マッチング》 海外の不動産を売買したい日本人のお客様のために、物件の購入から管理・売却・海外での納税代行まで、日本語にてワンストップでサービス提供しています。海外の不動産情報をわかりやすくお伝えするために、WEBサイトでのコンテンツ提供やセミナー開催、実際にお客様の海外不動産視察に同行して通訳も兼ねてご説明することもあります。 本事業を担当するチームは、日本人投資家さんにとって魅力的な海外の不動産を仕入れてくる開発、東南アジアの大型都市開発プロジェクト等を手がけるディベロッパーと共に日本・シンガポール・マレーシア等で投資家さんへプレゼンテーションをしたり、個別コンサルティングセールス等を行っています。 2015年に設立されたばかりの会社ですが、既にシンガポールのベンチャーキャピタルから資金調達に成功しています。
株式会社BEYONDBORDERS
株式会社BEYONDBORDERS's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more