1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

BeGlobalが「会社を拡大する理由」とは?代表の現時点の考えを書きます。

※このヘッダー写真は札幌のモエレ沼公園ですね。フリー素材なので、写っている人は僕ではないですw

こんにちは、BeGlobal代表の今(こん)です。

まだまだ採用は積極的に行っています!

2018年8月には代表1人・社員0名の会社だったのですが、
2019年8月には社員13名の会社に、
2020年4月には社員38名の会社になりました!

優秀かつ良いメンバーが多く、感謝感謝です。良い方だと思ってもその方にジョインしてもらえるかどうかは、僕らがコントロールできるものではないです。

良いメンバーが集ってくれたのは、自分個人の実力でもなんでもなく、ただただ感謝しかないですね。あえて言うなら、運が良くてよかった!という感じです(笑)

で、最近も面談させて頂く際に、
・社員何人まで拡大するんですか?
・なんで急に会社を大きくしようと思ったんですか?
・何を目指しているんですか?
みたいなことを聞かれることが増えてきた気がします。

ということで、なぜ代表として、会社を大きくしたいのかを書きますね!

まず、会社を拡大する理由は?

拡大しよう!と思ったのは、2018年12月です。それまでは自分だけの会社の方が気楽かなーくらいに思ってました。

ただ2018年9月に1人、12月に2人、ご入社頂いた際に、すごく喜んでもらえて嬉しかったんですよね。

例えば
「通勤ゼロで働けるの最高ですね!」とか
「忙しいけどノンストレスです」とか
「夏だけ北海道に住みたいので、1ヶ月くらい行ってきますね」とか
「いままでの無駄な会議とか、エレベーターを待つ時間とか、何だったんだろうって思います」

とか。

僕はお客さん(顧客企業)を喜ばせたくて頑張っているだけなのに、なぜか社員からも感謝されるという不思議な体験をしました。

お金を頂いているのはお客さんなので、お客さんファーストであることが大事だと思っています。お客さんファーストの会社なのに、社員からも喜ばれる、ってすごいなと。

なんだ、お客さんも社員もwin-winやん。

お客さんと社員のどちらも喜んでいる状況が起きたんですよね。で、そんなに最高な状態なのに、小さく運営していくのってなんで?って思いますよね。もっとお客さんも社員も増やすと喜んでもらえる人が増えるのに、小さく留めているのはなぜ?

いや、これはシンプルに「代表の器の大きさ」と「覚悟が無いだけ」だと感じました。もう覚悟を決めて、自分の器も大きくしながら、会社も大きくしていこうと思ったわけです。それによって、喜ぶお客さんと喜ぶ社員を増やしたいと思っています。

結局はこれだけです。自分が死ぬ時までに「自分に関わる人が何人幸せになったか?」の数を増やしたいだけ。

イノベーションより「目の前」志向。

僕自身がいま現在、すでに幸せ満点なので、あまり社会を変えようとか思っていないです。社会を変えるような破壊的創造(イノベーション)とか、あまり思っていなくて、むしろ破壊しないでいきたいレベルです(笑)

ただ、既に見えているお客さんの困りごとや、もっと良い仕組み、提供したいサービス、はめちゃくちゃあります。新規事業のアイディアは常にあります。それらは時間をかけてでも、実現できれば嬉しいですね。

まとめ

ということで、会社を拡大する理由は、お客さんも社員も喜んでくれたから、ということです。その良いサイクルを小さく留めてしまうのは、もったいないと思っただけですね。

目の前のお客さんと、目の前の社員と向き合いながら、着実に大きくできればと考えてます。もし採用を極めたい人事経験者の方や、自宅で働きたい方がいればお気軽にご応募ください。

おかげさまでご応募も多数頂いている関係で、全員と面談できているわけではないので恐縮なのですが、当社とマッチしており、うちの環境がお力になれるのではないかと感じた方にはご連絡をお返ししています。

引き続き、宜しくお願い致します!

株式会社ビーグローバル's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more