1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー#4 〆木崇至】入社半年で新規事業責任者!?自らの転職経験から生まれたサービス

こんにちは!アクシスインターン生の重冨です!

本日も、アクシス株式会社で働く社員についてご紹介していこうと思います。

第四回では、アクシス中途入社9ヶ月の〆木さんにインタビューしていきます!

〆木さんはアクシスの新サービス『マジキャリ』を立ち上げ、Callingoodの事業責任者や会社の経営メンバーなどを担当しています。



では早速インタビューしていきましょう!

入社わずか半年で新規事業責任者に

―〆木さんは入社半年で新規事業責任者を担当されていますよね。どんなサービスを立ち上げられたのか教えてください!

まず、サービス名は『マジキャリ』といいます。マジキャリは、転職活動をする人はもちろん、転職活動をしていない人でも、自分のキャリアに悩んだ時にキャリアのプロに自身のキャリアについて相談できるというサービスです。

相談者の悩みの深さによって2つのコースに分けられており、本気で60日間徹底的に自分のキャリアと向き合うコースと、ちょっとした悩みの相談や選考対策をする時間単位のコースがあります。

サービスが生まれたきっかけは自らの転職

―キャリアの悩みを相談できるに特化したサービスということですね!そのサービスを思いついたきっかけは何だったのですか?

このサービスが生まれたきっかけは自分の転職活動でした。自分は前職で営業・企画・新規事業開発・社長秘書・経営企画など幅広い業務を経験させていただいていたのですが、もうすぐ20代が終わるというタイミングで、前職で培ったスキルがどこまで通用するのか試してみたいということで転職を決意しました。

転職するにあたり一番困ったことが、エージェントさんは第三者ではないので、どうしても信用しきれない自分がいたことです。エージェントと顧客という関係性がある限り利害関係が発生しているので、多少なりとも忖度があるのではないかと疑心暗鬼になってしまったんですよね。

そんな中、私は信頼できるエージェントさんに出会えたので、安心して相談しながら転職活動を進めることができました。アクシスとの出会いを繋いでいただいたエージェントさんには本当に感謝しています。

転職活動は不安なことが多く、頼りになる相談相手が必要ですが、私みたいに運よく信頼できるエージェントさんに出会える人は少ないと思います。そういう状況でフラットに相談できる、中立的な場所があればいいなと思ったことが「マジキャリ」を作ろうと思ったきっかけです。


マジキャリに込められた想い

―なるほど!これからマジキャリをどんなサービスにしていきたいと考えていますか?

マジキャリは、社会人3年目から5年目くらいの20代後半に差し掛かったくらいの人へ向けたサービスです。その中でも特に、就活優秀層と呼ばれる、新卒で誰もが知っているような企業に入社するような人をメインターゲットとしています。

やりたいことが漠然としていてわからないまま、とりあえず会社に入社を決めた人は、多くの場合入社3年から5年すると自分のキャリアを振り返る瞬間がふと来る傾向があります。そういう人たちに対して、自分のキャリアの軸を探せるようなサポートをマジキャリで実現していきたいなと考えています。

一度大手に入社を決めた人などは特に、自分で自分の生き方をガラッと変えるのは難しいと思います。そんな時に一緒に親身になって考えてくれて、そしてそれをサポートしてくれる人がいるのは大事なことだなって思います。

一人では決断できないような道への第一歩をサポートできるようなサービスにしていきたいです。

ゴールから逆算するキャリア設計を当たり前に

―確かに、キャリアについての大きな一歩を自分の足で踏み出すのはとても難しいことだなと思います。元々キャリアについて考える習慣や機会がないのも原因の一つかもしれませんね。

本当にそうなんですよね。

特に日本人の感覚として“見えないものにお金を使う感覚”ってあまりないと思っていて、例えば、コップを買う時に500円と言われると500円を払うけれど、キャリアについての相談料と言われると払う人はぐんと減るんですよ。

生きていく上で“働く時間”ってすごく長いので、その“働く時間”に向き合うために時間やお金を費やすことが一般的になっていけばいいなという想いがあります。

『今』、働いている人だけがキャリアについて考えるのではなく、小中高というような、働く前の層にもそれを広げていきたいです。

私たちアクシスが目指す「誰もが自分なりの軸を持ち、まっすぐに生きられる社会」を実現するため、転職だけではなくキャリアについて様々なサポートができるサービス展開を目指しています!

―ありがとうございます!とても素敵な目標です!!では、アクシスで一緒に働く仲間「成神さん」に〆木さんのことを聞いてみましょう!

一緒に働く仲間から見た〆木さん



―では早速ですが、成神さんから見て〆木さんの魅力や、〆木さんがいてよかったと思う瞬間を教えてください!

〆木さんは人に合わせてコミュニケーションを取るのがうまくて、組織に一人はいて欲しい存在です。

〆木さんがいて一番ありがたいなーと思う瞬間は、経営メンバーでの会議のような、重要な意思決定をする場において〆木さんが進行してくれる時です。〆木さんはただ進行するのではなく、会議中に出た意見をまとめてくれたりもするので、〆木さんが進行してくれると意思が整理されるというか、何を解決すればいいのか・何を議論すればいいのかという優先順位がはっきりと分かるようにしてくれます。

経営メンバーの会議となると、そこでの会議の内容とか結論の意思決定とかが会社を動かすので、課題設定と議論を整理してくれる事は会社にとってすごくありがたいです。

―ありがとうございます!会議におけるファシリテーションはとても重要な役割ですよね!では〆木さん、最後に、〆木さんが一緒に働きたい人物像を教えてください!

本質的な顧客価値って何だろうと常に考えて働くことができる人と一緒に働きたいです!私もそうだったように、キャリアや転職で悩む人は多いと思います。ユーザー目線になって課題に気づき、自ら行動できる人と働けたらいいなと思います。

あと、事業責任者を目指す人ですね!今後、アクシスはプロダクトを複数展開することで会社として成長していきます。そのため、私が担当しているプロダクトも軌道に乗ってきたら他の人に役割を任せたいと考えています。高い志とチャレンジ精神を持った人は大歓迎です!

ありがとうございました!インタビューを進める中で〆木さんの仕事への熱い思いがすごく伝わってきました!

アクシス株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more