1
/
5

アバナードがDX時代に目指す「進化的マイクロフロントエンド開発組織」の構築とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代においては、システムの必要性を含め、そのシステムによってどんな体験価値を提供するかが重要になってきている。一方で、フロントエンジニアの技術領域や責任範囲が多様化し、フロントエンド開発のエンジニアリング組織をどう作るか悩む企業も多い。アバナードはいかにしてフロントエンド開発組織を形成してきたのか。エンジニアリングマネージャー&アプリケーションアーキテクト菅原允氏が、顧客体験を提供できる組織作りのエピソードを明かした。

動画及びイベント記事の詳細はこちらから。

アバナードがDX時代に目指す「進化的マイクロフロントエンド開発組織」の構築とは?|TECH PLAY Magazine [テックプレイマガジン]

アバナード株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more