1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

リモートワーク下におけるコミュニケーションの変化。『オンラインランチ補助制度』はどう使われている?

こんにちは! auコマース&ライフ採用広報担当です。

リモートワークが続く中、当社では社内のコミュニケーション活性化のため2020年8月から『オンラインランチ補助制度』を開始しました。実際この制度はどのように活用されているのか?その様子を今回はあるオンラインランチ会に密着しながらお届けしたいと思います。

『ニューノーマル』に向けて、働き方改革を

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた当社の対応

 auコマース&ライフ(以下、auCLと記載)では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年2月中旬より随時リモートワークを開始、同年3月からは(雇用区分・職種に限らず)全社員に対して原則リモートワークを推奨することとなりました。2020年5月25日には緊急事態宣言が全面解除となりましたが、現在も引き続き原則リモートワークを推奨しております。

 このリモートワークは感染拡大防止策という名目だけでなく、今後のWithコロナ/Afterコロナ社会における『ニューノーマル』に対しても必要なものだと考えています。そのためauCLでは『リモートワークの選択制』を今後導入していく予定をしています。

 しかしながらリモートワークを続けていくうちに、オフライン(対面)で仕事をしていた時よりも立ち話やデスクでの雑談がなくなり、コミュニケーションが希薄化してしまうという課題がちらほらと社内で上がってくるようになりました。

リモートワークでこそ、より強固なチームワークが必要

 そこで2020年8月から取り入れられたのが『オンラインランチ補助制度』です。これは従業員間コミュニケーションの促進を目的として、リモートでオンラインランチを行う時に、昼食費が補助対象になるというものです。実はauCLにはこれまで、それぞれの部で親睦会や慰労会などが開催できるような『部内レクリエーション補助制度』というものがありましたが、リモートワーク化が進む中で上手く活用できなくなっていました。今回の『オンラインランチ補助制度』では、この補助対象の範囲をリモートワーク同様【全社員(雇用区分・職種に限らない)】としました。もちろん日頃共に業務を行うチームの親睦を深めるのも吉ですが、こういった状況だからこそ『隣の部署は今〇〇に力を入れている』『リモートワークでのコミュニケーションのコツは〇〇らしい!』など横の繋がりを持ち、会社という一つのチームで繋がって欲しいなと思っています。

人事グループ初のオンラインランチを密着レポート!

 早速この『オンラインランチ補助制度』を活用し、人事グループで開催されたオンラインランチ会の様子をお届けしたいと思います。今回のオンラインランチ会は、オンライン通話サービスの「Google Meet」を使って実施しました。オフィスに出社している社員も含め、参加希望の社員11人がランチを持ち寄り、オンライン上で集合します。

 ちなみにオンラインで会議や食事会などしていると、「大人数になればなるほど自分が話すタイミングを失ってしまう」「自分ばかり話しして、他の人の意見聞けなかったな」なんてことありませんか?対面だと大人数であっても、その中で少人数で話せたりだとか、同時に会話しても何とか聞き取れるということがあると思いますがオンラインだとなかなかそうはいかないもの。今回メンバーを召集してくださったのはAさん・Sさんのお二人なのですが、こういった悩みを解決すべく、みんなが平等に話せる機会を作れる企画をご用意いただきました!

『りもらん。~夏の陣~』、初っ端からワクワクしてしまいますね!開始前には、まさかこんな企画が用意されているとは予想していなかったので、筆者も驚きでした!

①始めに、親が『トークテーマ』を1つ選ぶ

まずは、始めに親となった人が誰かに聞いてみたい質問を1つ選びます。「コロナ終わって自由の身になれたら、一番なにしたい?」といったタイムリーな話題から、「人生の中でいちばんきゅんとした恋愛エピソード」など、ジャンルはさまざま!

何が選ばれるのか、それは自分が答えるのか、まだ分からないのでドキドキです。

②『誰が話すのか』をくじ引きで決定!

※りもらん運営に協力してくれたAさんの息子くんです(可愛い!)

さまざまな国旗マグネットの後ろには、参加者の名前が記載してあります。親は好きな国旗を選んで、その裏に名前が書いてあった人が『トークテーマ』を話す人です!

国旗を捲られる瞬間はドキドキ…!!

③トーク開始、その後話は膨らんで…!?

 当てられた人が、その前に決めたトークテーマに沿って話します。都度メンバーが質問したり、突っ込んだり、はたまたスピーカーが誰かを当てて話を振ったり。トークテーマを中心に話が展開されていきます。
 参加者の中には2020年8月に入社したばかりのメンバーもいましたが、スムーズに話に交じることができており、話題の共通認識が取れているのはとてもいいなと思いました。「最近泣いたことは?」といった質問では、意外な一面が垣間見えてかなり盛りあがりました!

④話をした人が、新たな親に

 先ほどスピーカーだった人が親となり、①②を繰り返していきます。順番に回っていくと、限られた時間の中でも色々な話ができてとても面白かったです!

※最後締めのひととき。みんな笑顔で楽しかったのが伝わってきます!

 今回は人事グループのオンラインランチの様子をお届けしましたが、『オンラインランチ補助制度』は導入後、社内のあちらこちらで続々と利用されている模様です。この制度を口実に集まる理由になるのはもちろん、普段は食べないようなお弁当やデリバリーを食べることができるのも魅力です。

今回も参加メンバーは各自美味しそうなご飯を購入した様子でした♪

 離れて仕事を進めることが多い今こそ、縦横どちらの繋がりも大切にし、より団結力の強いチームを目指していくことが大切です。今後もauCLではリモートワーク下におけるコミュニケーション促進や、働きやすさの向上に向けて、積極的に施策を行っていきます。

4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more