This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

初開催の座談会で感じた、アイディアをかたちにする大切さ

※KDDIコマースフォワード株式会社 、略称「KCF」は2019年4月1日、同グループ会社の株式会社ルクサと合併し「auコマース&ライフ株式会社」として再設立いたしました。本記事は2019年3月31日以前に書かれた記事のアーカイブとなります。

こんにちは。外は寒いのに花粉は飛びまくり。
そんな二重苦で、頭も体も混乱している人事の壱岐です!

突然ですが、
KDDIコマースフォワードには、「ジブンゴト」というフィロソフィ(≒クレド)があります。


チームワークで組織のゴールと「コト」に向かおう、という考えかた。
社内でもこのワードは浸透しており、「それってちゃんと『コト』に向かってるかな?」などの議論もよく耳にします。今日は、そんなジブンゴトを体現したプロジェクトをご紹介します。

■ 出店店舗さまをお呼びした「Wowma!座談会」

渋谷のとある会議室に集結した、Wowma!に出店いただいている店舗さま


今回の試みは、当社の運営する総合ショッピングモール「Wowma!」にて出品いただいている店舗さまとサービスについて意見交換をする、ということ。
ユーザーの意見はもちろんですが「出店店舗さまと共に歩む」ことを大切にしている私たちにとって、店舗さまの意見は何よりも貴重なものです。



座談会では、各トークテーマに沿って、ディスカッションを重ねました。
「こんな機能があったらいいな」にとどまらず、
なかには「UI的にはこのページに、こんなアイコンがあった方が・・」などかなり具体的な話も。



通常、店舗さまとお話しするのは営業メンバーのみ。
でも今回は開発サイド、クリエイティブサイドのリーダー陣も参加し、
ショッピングモールを「つくる」側としても店舗さまの意見を吸収できる貴重な機会となりました。



会の途中からは、社長の八津川・副社長の矢野も参加。
店舗さまからの具体的なお悩みや要望、今後の展望などについても語っていきました。


最後には、記念撮影も!


実際にイベントに参加して感じたのは、

・小規模でも、新しい試みを繰り返していくことの重要性

・モールの成長のため、通常業務もあるなかイベントを開催するメンバーの「ジブンゴト」感

・「まずは、やってみよう」の試みについてきてくださる店舗さまのあたたかさ、チーム感

・店舗さまと一緒にモールを成長させていく!という営業メンバーたちの強い意志


小さな改善、小さなチャレンジを重ねて
大きな成長に結びつける。そんな未来を感じさせる出来事でした。
主催のみなさん、本当におつかれさまでした!

auコマース&ライフ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more