1
/
5

マーケティング-豊田 雄平-




名前:豊田 雄平(トヨダ ユウヘイ)
大学:関西学院大学 経済学部 4年生
趣味:Twitter
好きな言葉:サッカー選手である本田圭佑選手の名言「成功にとらわれるな、成長にとらわれろ」という言葉が大好きです。
長期インターンを始めた理由を教えてください

自分の将来のビジョンを達成するために、学生のうちから長期インターンに取り組むことが最適な手段だと思ったからです。私自身、"市場価値の高い人間になる"というビジョンを掲げており、そこからキャリアの逆算を行った結果、学生のうちから実務におけるたくさんの業務幅を経験する必要があると結論づけたため、インターンを始めました。

アスナロに入社した決め手を教えてください

裁量」と「経営陣との距離感」ですかね。アスナロでのインターン面接の際、「裁量が欲しいです!」と思い切って言ってみたところ、アスナロの役員である東さんから「もちろん!おれ直下で働いてほしい!」と言っていただけました。私は経営層と距離が近く、かつ裁量を任せていただけるような成長環境はここにしかないと思えたので、アスナロに入社を決めました。

入社前と入社後のイメージを教えてください

入社前は漠然とカッコいいスタートアップ企業なんだろなと思ってました。入社してからもそのイメージは変わりません。ただ、入社前と比べて確実にギャップを感じたのは、社員の方々の熱量です。ユーザー(顧客)に"サプライズバリュー"を届けるにはどうすればいいのかを第一に、常に考えていることから、熱量が高い社員の方々が多いなと思いました。熱量は入社してからでないとわからない箇所だと思っているので、良い意味でイメージの変化はありましたね。

自身の成長を実感したエピソードを教えてください。

マルチタスク能力が身に付いた経験についてお話しますね。
私は入社当初、自社メディアの運営を任されました。当時は右も左もわからなかったのですが、上司の方からのマネジメント等によって助けられ、何とか仕事をこなしていくという日々が続きました。1か月ほどすると、自身の主体性や業務のきめ細かさが評価され、新たにCS業務も担うことになりました。そこでも業務の効率化を図り、タイムマネジメントを行うことで、今度はSNS運用やイベント運営まで任せていただけました。このように入社当初なにもできなかった僕が、入社から3か月たった今では多くの業務を経験し、マルチタスクをこなすことができています。

現在の仕事内容を教えてください

現在は自社メディアの運用SNSマーケティングなど自社サービスの認知度を最大化するための業務を兼任しています。それだけにとどまらず、CS業務や、就活イベントの運営なども同時並行で行っています。

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください

仕事のおもしろい部分はスポーツと似て、成長実感を感じやすい点ですかね。一つ一つの物事に対して、小さなPDCAをいくつも回すことで、徐々に自分ができることの幅が広がり、結果的に組織に貢献できていると実感することができます。このように自分の取り組み次第で、成長を感じ取りやすいのが仕事のおもしろい部分かと思います。
難しい部分は結果にコミットすることです。自分がいくら頑張ったとしても結果が伴わないときもありますし、逆にあまり頑張ってなくてもたまたま結果が出るときもあります。これは仕事に限った話ではないですが、仕事上ではいかに自分の結果を最大化させるためにプロセスにこだわれるしか手段はありません。そのため結果にコミットするというのは非常に難しいと痛感しています。

1日のスケジュール

08:45~09:00 朝礼
09:00~11:00 CS業務
11:00~12:00 会議A (Growth)
12:00~13:00 会議B (Aura×Growth)
13:00~13:30 昼休憩
13:30~14:00 SNS運用
14:00~18:00 メディア記事執筆

新しくインターンを始めようと思われている方にメッセージをください!

アスナロでは一人の学生としてではなく、一人のビジネスマンとして扱われるため、非常に成長できる環境が整っています。ビジネスを学びたい、とにかく成長したい、学生時代に頑張ったといえることを一つでも作りたいと思う方にはぴったりの環境だと思っています。エントリーお待ちしてます^^


株式会社アスナロ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings