1
/
5

ユース生インタビューVol.11 杉崎 宏太

自己紹介をお願いします。

杉崎:株式会社アスナロCA/マーケチームの杉崎 宏太と申します。

  現在、大阪私立大学経済学部の4回生で体育会のボート部というところに所属をしております。

 内定先の企業で20代のうちに役員になることを目標としているので、良い社会人のスタートを切れる

  ようにアスナロでインターンをはじめました。よろしくお願いいたします!


明石:はい、よろしくお願いしますー!すごい上手な自己紹介でびっくりしましたw


杉崎:ありがとうございます!w


アスナロに入った経緯

杉崎:アスナロを知ったきっかけが、自分自身がもともとユーザーで東さんに面談をしていただいて、

   そこで、現状の内定先を紹介していただいて、段々面談を通して目標が固まっていくうちに

   『じゃあ、内定もらったらしっかり社会人のスタート切れるように、今からビジネスを学んで

   他の人と差をつけないか』とお声がけいただいたのが知ったきっかけです。




社員とユース生に対する印象

杉崎:全体的に頭がおかしいっていうとあれなんですけど、

   やっぱり他の社会人(大手企業)の方と比べても、新卒1年目の明石さんとかの方が喋れてるって

   印象で、社会人1年目のレベルがすごい高いってのを感じていたのと、

   役員3人もめちゃくちゃ優秀で、自分自身が届かなさそうなところにいるなという印象があります。

   ユースに関しては、セールスは真面目な感じがするのが第一印象で、

   CA/マーケは、行動力や突っ走る力はあるって印象ですね。


明石:すごい的確な意見やね。おっしゃる通りだと思います。


杉崎:CA/マーケに属してるからかもなんですけど、やるときはやるけどできないときはできない

   っていうような大成功か大失敗に終わるケースが多くて、

   戦略立てるところが課題なのかなって感じてます。


明石:確かにチームによってカラー出てるよねー!


どんな仕事をしているのか、やりがいは?

杉崎:セールスはやることがシンプルなんですけど、CA/マーケはやること多いなって印象です。

   まず、企業イベントに対する学生集客やイベントの企画、面談に繋ぐことやSNSの運用など

   幅広いですね。現状CA/マーケではSNSチームとラインチームに分かれていて、

   LINEの運営やTiwtterやInstagramの運営をしています。

   僕は現在ラインチームに所属していて、LINE@の運営や学生の管理をしています。

   後は、イベントの設計や集客をしています。すごいざっくりしてますけど。笑


明石:なるほど。結構話聞いてる感じ、花形の仕事ではなく泥臭い業務が多い印象を受けたんやけど

   宏太の仕事のやりがいは何なんかな?


杉崎:やりがいを感じるときはやっぱり目標を達成したときだと思います。

   自分自身失敗してない中で、ようやく最近ちょっとずつですけど成果が出てきて、

   成果が見えているところがやりがいに繋がっています。

   特に前までオフラインで動いてたんですけど、そのとき自分が頑張ることによって

   数字が付いてくるのが楽しかったです。


明石:なるほど、手段としては泥臭いけど、自分が頑張ることによって成果が変動することと成果が目に

   見えてわかることがやりがいってことね。


杉崎:そうです!


サプライズバリューの意味とエピソード

杉崎:サプライズバリューは『お客さんの思った以上の価値を届けること』だと思います。

   自分自身ユーザーとしてクラッチを使ってて救われたので、今困っている人たちをクラッチに

   繋げることによって絶対就活の状況とかって変わるなって思っているので、

   ここになんとか繋げる・泥臭いことをするというのが自分のバリューだと思います。


明石:はい!ナイスバリューです!

   将来、高速で役員なれるようにこれからもガシガシ頑張ってください^^

株式会社アスナロ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more