1
/
5

代表取締役インタビュー 中川 皓之

 簡単に自己紹介をお願いします。

中川:オッケーです!! 株式会社アスナロで代表やってる、中川と申します。

   年齢が30で、前職が2年前までネオキャリアグループで人事採用部長をやらしていただいてました。

   自分の就活の時から入社後みたいなとこを簡単に話すると、

   就職活動の時にどちらかというとスタート結構出遅れてしまったタイプで、

   大学2回生の時に、ちょっとビジネスに携わらせていただく機会があったっていうのもあり

   その中で就活が始まるタイミングの時にはあんまり初っ端から説明会ガンガン参加する

   みたいな動きが特に特段出来ておらず、3ヶ月ぐらいビハインド持ってスタートしました。

   そのとき考えてたみたいなところでいくと、

   基本的にはその時に「安定って何だろう」みたいなのをすごい考えていた感じになります。

   世の中一般で言うところの安定みたいなところが個人的にその当時あんまり理解出来ず、

   シンプルに例えば会社の安定っていうところ、まあ財務基盤的な安定っていうのと

   個人の人生の安定っていうのがイコールになる理由が特段見当たらないと。

   ただ、そこで違和感なく色んな人たちが『そういう風な道で歩めばある種

   人生はどうにかなります』みたいな風潮に対して最終的に理解しきれないままでいました。

   『最終的に自分の安定ってじゃあ何なんだろう』って考えた時に、結局は自分の手で

   人生をコントロールできるかっていうのは凄いポイントやと思ってて、

   その自分の手で人生をコントロールするっていうのが、例えば仕事、プライベート、

   時間、お金みたいな。そういった色んなものがある中で自分の手でコントロールするのか、

   もしくは他人の手でコントロールされるかっていう。

   安定って結局は、自分の手か誰かの手かっていう、この主語がどっちかっていうのが一番大きい。

   ただ自分でコントロールするってそんな簡単なものじゃなく、

   自由と責任はセットっていう言葉がよくあるように

   それなりの力が無いといけないし、それなりの責任も追えるような人間じゃないといけない。

   で、その当時考えていたのが、結局力をつけるにはどうしようと裁量というところが

   出てくるものの、裁量ってビックワードなんでしっくり来てなかった。

   で、まあその裁量っていうのを分解すると自分は執行権限の範囲とあとは

   使えるリソースあとは時間軸。この3つのバランスが非常に重要やなと思っていました。

   多分世間一般で言うのって時間軸で何年目でどうなれるかみたいな話がメイン。

   ただ、自分はやっぱりそれだけじゃ意味ないと思ってたんで、結局は肩書が欲しいわけでもなく

   20代で経験・スキル・知識っていう不況が来ようが何が起ころうが自分がボケない限りは消えない

   っていうこの資産の方が金銭的な目に見える資産以上に安定財産やなというのがあったんで、

   その執行権限の範囲とかは結構特に重要やったわけですね。

   で、いくと各社A・B・Cっていう会社があったとしてどの会社でも部長人がいる中でも

   その部長が持ってる権限の範囲が全然違うと。だからそういうところをベースに質問させて

   いただいた上で最終的に決めていったと。 決めていった中では最終的に某大手IT会社に

   行こうと思ってたものの、4回生の7月に前職の副社長と出会って

   まぁ、それが自分の中で結構衝撃的な出会いというか、所謂それまでの就活を通して

   なんて言うかな、悪い意味の大人を知ってしまったというか。

   例えば学生時代なんて夢見がちなことをいっぱいアウトプットする中で色んな方々に

   「甘いよね」みたいな話とか「それってやっぱりまだまだ子どもの考えやんね」みたいな。

   ただ副社長だけは自分以上に子どもやったというか、いい意味で。

   小3のカブトムシとか追いかけてる男の子とほぼ変わらんような何かロマンを持ってるというか、

   そういうところに結構惹かれて飲み仲間になって気がついたら前職にに入社していました。

   1年目は関西の方で人事採用の立ち上げやらしていただいておりました。

   ただ、何でそういった背景になったかって言うと自分が学生時代に結婚もしてて子どもも居てて、

   何より4回生で家を買ってしまっていたっていうのがどうしても引っ越しができないっていうことが

   あったんで、まあそれを会社に言うのも失念してるわと。失念っていうか聞かれることが

   一切無かったんで、「お前って家買ってるか?」みたいな質問もちろん来るわけなくて

   入社する時に固定資産税とかを提出して会社のほうに発覚し、怒られて無理やり関西にして

   もらったって感じ。で、「中川何させる?」みたいな話になって

   何故か自分の同期が150人居て149人がセールスで何でか自分だけ人事っていうスタートを

   最初にしてるっていう感じですね。で、「まあすぐに上司誰かつけるね」って話はもらってた

   ものの1年間めでたく誰も来ず、1年目が本当にオフィスにいて1人で朝礼して1人で終礼して

   みたいなんを繰り返し1年終わり。で、まあ幸い関西の採用が上手くいったんで2年目のタイミング

   で名古屋と福岡もちょっと拠点を広げるっていうので名古屋と福岡にも採用拠点を広げて西日本

   新卒採用責任者をやったのが2年目。3年目が国外と国内なんでその時イギリス行ったりとか

   あとはベトナム行ったりとか国外側の採用と国内側の採用っていうところで、

   300人ぐらいやらしていただいたという感じになります。

   4年目のタイミングで新卒関係なくグループ全体の役員周りから中途採用、新卒採用、

   アルバイト、まあグループ会社29社全体のそういった人事採用の責任者に就任してもらいました。

   そっから1年勤めてちょうど1年後に独立をし、株式会社アスナロを創ったという背景になります。



   そこからもこの会社設立の経緯みたいなところでいくと、まあ大きく言うと3つあって

   まず1つが、そもそも幼少期から起業したいっていうのがありました。

   何であったかっていうと、Wantedlyにも記載してるように自分は両親が若い時に産んでもらってる

   子どもで「産んでで良かった」って思ってもらいたいっていう欲求が結構強く、

   幼少期から自分なりに勉強からスポーツから何から何までとりあえず1位を獲ろうっていうところは

   決めて色々やってました。音楽をたまたま父親の影響でやってて1つ音楽でギターで曲を弾ける

   ようになった時に、結局こんなの弾けるやついっぱいいるなと、

   で、結局スポーツも勉強も1位になってるやつなんてどの学校にだっていっぱいいんねやろうなと。

   別にそこに対して自分の中でのアイデンティティを見出せず、ただ曲を作る、

   その時のミスチルの櫻井克敏やっぱり凄いなと、まあ自分がいくら音楽の勉強をしてもミスチルの

   曲を作るのは不可能で、なぜならあれはやっぱり彼の世界観を1つはメロディーにして1つは言葉に

   変えてそれをくっつけて歌にし、感動を届けると。凄いやっぱり唯一無二の存在やなあ

   っていうのをそこで思って、こうなれば産んで良かったって間違いなく思ってもらえるだろう、

   その存在価値が非常に高い人間やなあと思って、そこからただ自分も諦め早かったんで

   中学校終わりぐらいでその道は余裕で諦めて、たまたまホリエモンがライブドア事件で

   世間は騒がれており、そのホリエモンのライブドア事件をメディアで見る中で彼が言ってたのは、

   お金儲けがしたかったとか別にそんなことはなく一貫してもっと日本をこう変えないといけない

   とか、こういうところがおかしいとかっていう事後実現って言うところに対してのアウトプットが

   すごい多かったなと。でも、別に自分はアーティストになりたかったのかって言われると

   別にそうでもないかもしれんなと。多分表現者になりたいんやなと。その表現者の手段が

   アーティストしか知らなかっただけで、まあたまたまそれきっかけに

  「ああこういった世界もあるんやな」と。まあ父親も幸いにも経営してたんで

   そのハードルが高いとも思うこともなく、

  「まあ親父にできたんやったら自分にできないわけがない」ぐらいの感覚で、

   その当時まだ高校ぐらいの時に起業を将来したいなと。ただ、何かそっからアクション起こした

   とかは全くそんなことはなく、初めて起こしたのが大学2回生の時に1回学校やめよっかなぐらい

   まで思ってた時に起業してる先輩に出会って、本当にその時はマインドであったりとか

   自分の力で稼ぐこと、だから時給のアルバイトなんか辞めろみたいな話をすごいされ

   時給のアルバイトは基本的にはやらない方向に持っていって本当にその時色々とやらせて

   いただいて、やっぱり時間じゃなくてお金、能力か、で稼ぐ、自分の力で稼ぐっていうところを

   色々と教えてもらったのは本当にいい機会やな。

   まぁ、そんなのもあり、就活の時に最終的にはさっき言った安定っていうそこの分解した軸と

   結局はどこにするってところってほぼほぼイコール。

   自分の手でコントロールする、自分の手で人生の全体をコントロールするっていうのを目的

   でいくと、安定とあとは自分で事業を起こすっていうのは自分の中では等しくイコールやと

   思ってました。突発的に急に思ってやりたかったわけでもない。

   ただ、タイミングを結構見計らってて毎年辞めるって言っててずっと辞めれなかったんですね

   その時は。多分一年おきぐらいに上には辞めるっていう話をして、ちょっと待ってくれ、

   じゃあ部長やってくれ、じゃあその次役員も道としてあるやないかと。

   これ役員までなっちゃうともう自分の独立したいから辞めていいですかみたいな話じゃないなって

   いう基本的になのでちょっとこれはさすがにまずいなってなって、部長は最後にしますっていう

   話になって元々の話が進んだというのが1つめ。

   2つめが、関西と関東の機会格差に違和感を感じたこと。

   関西関東の学生を面接する機会って自分多かったんで、その時の本当にレベルの違いとかって

   やっぱり長期インターンとかをデフォルトでやってるっていうか質問してくる角度が全然違うと。

   例えば「何か質問ある?」って最後に聞いた時に「今ちょっと自分がチームを持ってる中で

   マネジメントに悩んでてそのKPIの設定が正しいのかも自分の中で結構疑問なんでそれは

   中川さんからしたらどうですか?」みたいな、まあ、結構衝撃というか、

   こいつまじで3回生なんかよみたいなレベルの子がすごい多かった。

   それで関西戻ってきて質問あるか聞いたら「雰囲気っていいんですか?」みたいな、

   そんなところがすごい全然違うなと。

   情報格差ってやっぱり言われがちなんですけど個人的には情報格差っていうよりかは

   機会格差が今は問題やな。ただ東京の学生ってダメなのかって、

   全然良くてむしろ健全やと思ってるんですね。

   早期に学んで社会に出ていくってことは何ひとつマイナスの要素がないというか

   ただかわいそうやなって思ったのは親世代って東京、関西であろうが学生時代にビジネスを

   学ぶっていうような時代じゃないんで社会人1年目がよーいどんなんですね。

   今の子はもうよーいどんじゃないわけじゃないですか。

   同じ内定者でこうやって内定式の時にグループになって「お前何してんの?」って質問してみたら

   今長期インターン先でマネジメント10人ぐらい抱えて目標設計からそこの推進みたいなことを

   全てやってますと。もうその時点で出落ち。終わったなと。

   俺のこの会社のキャリアは一旦終わったなっていう。でもこういう状況って多分各会社で

   絶対あるんですよ。でも、それは致し方ないというかさっきも

   言った通りじゃあやってた側って悪かったっけ?って言うと何ら悪くなくて別に。

   じゃあ逆に関西の子が悪いんですか?って別にそうでもない。

   ただ、やっぱりそういうことができる機会がないなって言うのをすごい思った。

   もうひとつ面白かったんが自分が人事やってるとやっぱり関西人の方が幹部になっていく率が

   非常に高かったんですね。大体80%くらい関西人やしポテンシャル自体はすごいあるはずやな。

   特にマインド面がやっぱり物応じしないし。まあ、結構やっぱり頭の回転が早い。

   やっぱ関東に行けば行くほど、まあこれは別に地域で判断したいわけじゃないけど、利己的。

   自分の成長がとか、部下のケツ拭くとかあんまりそういうのはうざいって思っちゃう子が多い。

   でも関西の子はポテンシャルあるのにもかかわらず機会がないって大問題やでこんなんって。

   で、まず一旦関西で若い子たちっていうのを育てるものを作っていきたいなと。

   その当時それをビジネスに反映させるかって考えきれなかったんで、まず一旦長期インターンで

   自分たちで教育をしよう。それを今は長期インターンじゃなく所謂CLUTCHのユーザーって

   ところをどういう風にプログラム化してある一定水準まで持っていってあげられるかってところが

   ポイントになってくるかな。なんで、2つ目が人事を通して感じた色んな思い。

   3つ目が結構子どもとかも影響はしてて例えば自分の子ども、それこそ友人の子ども、

   今は、4年前とかと違って自分の周りには新しい命が沢山生まれていっていると。

   まあ、欲張りなんでその子たちにもどうやったら幸せに出来るんかなってすごい考えた時に、

   一番やっぱりお金残しても仕方ないんで、残さないといけないのは社会やなと。

   社会を残すってなるとやっぱり膨大というか

   漠然な話でやることいっぱい、もっと言えば不満もいっぱい、それが1つの会社でできるんだっけ?

   って言うとまあ厳しいやろなと。じゃあ出る側の人間を教育して変えていき今ノンイノベーティブ

   な人材しかいないのであればそこをイノベーティブな人材になり得るような教育を施して

   社会に出してあげれば各産業、各業界に対してのインパクトは1つ出るんじゃないかと。

   そういう風に社会を残していくっていう1つ基板の一角を担えるかなっていうのがまず

   1つあります。もっと言うとこういったサービスを作ったことによっていつか自分の子どもたちも

   使ってもらえればいいなっていうのがあって、結局こういう人材サービス、特に新卒領域って

   一般的に自分たちの子どもがどうしても通る道になる可能性が非常に高いわけですね。

   例えば、他の多分商材とかメーカーとかって使う、使わないってやっぱり携行品って、

   好みによっちゃうと。やっぱり就活って好みの問題じゃないんで。

   受験と同じくある一定の大体の子たちがどうしても経験をするポイントになると。

   かつ、やっぱり受験以上にストレスかかると思ってるんですよねここって。

   そもそも受験ってやっぱりある一定の答えがあると言うか偏差値が示されてたりとか、

   あとは大体自分の大学的にここかなみたいな。ただ、就活ってなるとまず自分の人生どうしたいか

   みたいな話、もっと言うとそこで自分の可能性にそもそも気付いてしまう子も多々いる中で

   このCLUTCHを通して人生を変えるような1ついい経験をさせてあげれば自分たちの親父たちが

   作ってたもんってこういうもんやってんなって初めて理解をしてもらえて、なんか親父の仕事って

   基本的にやっぱり分かりにくいじゃないですか?基本的には。

   ただ、分かってもらいやすい領域で働いてるっていうの行く行く凄い価値がある1つになるかなと

   思ってる。今言った3つぐらいが理由でやっているという感じになります。




 ここでもっと伝えたいメッセージはあったりしますか?

中川:世界観として持っているのは1つ、それはいつも伝えてる通り対社会でいくと利便性の追求を

   する気は無くてやっぱり今でも、何かその利便性の追求ってやっぱり得意なやつがやればいいと

   思ってるし、やっぱり便利になるから幸せになるって何か個人的にはどうしてもしっくりこない。

   自分がそういう感覚がなさすぎるんで便利を追求するっていうのはもういいかなと。

   これ以上便利になることってほんまに重要やっけって凄い自分としてはあるんで。

   どうしてもどうせ死ぬんであればその死ぬ時の引き出しをどう増やしてあげるかってとこに

   フォーカス当ててサービスは展開したいなってのは変わらずあります。

   だから、この今回のHRのサービスとかもただただやることが嫌なのは思い出に残るレベルまでの

   サービス提供ができないとやっぱりやってる意味ないと思ってるんで、「あれ何やったっけ」

   って言われてる時点で全然ダメで、自分の人生にとって非常に重要なテーマになり得る。

   例えば60歳ぐらいでライフラインもう1回書き直した時にこのCLUTCHっていうサービスが

   出てくるぐらいのレベルでのサービスを提供したい。

   後は、本当にアベンジャーズみたいな個々人がしっかり個性を活かし、

   それぞれの役割分担が出来て、ただそう言った人たちが集合することで本来解決し得なかった

   ところを解決していくプロフェッショナル集団みたいなのは個人的にはどうしてもカッコイイなと

   純粋に。そう言うのが好きやなという感じ。なんで、組織としてはそういうものを作りたいのと、

   それに、やっぱり余白って凄い大事やなと思ってて、何でもかんでも標準化していくってのは

   ビジネスにおいて再現性はもちろん大事。でも、それはやっぱり追求し過ぎると

   次に働く側がちょっとマシン化してくるし、そこら辺を上手いことどう余白を残して

   そこに関しては自分の力でアレンジさせるかっていうことを色んな局面で作っていかないと

   入ってくる人たちが本当にただのロボットみたいな、一、人員でしかないような会社には

   したくないなってのがどうしてもあるって感じですね。


 人材業界に対する想いを教えていただきたいなと思います。

中川:じゃあまず、いわゆるユーザーに対しての部分でいくとやっぱり凄い個人的には好きで、

   元々別に人材ビジネスがやりたくて前職に勤めたわけじゃないんで全く。

   たまたま人材やったぐらい、個人的には初めから人材に携わりたかったとか別にそんなんはなく、

   ただ、一番適切な業界に神様が入るようにおしてくれたんだなと今になったら思える。

   何がやっぱり楽しいかやりがいを感じるかって言うと、仕事って結局マイナスをプラスに

   持っていく仕事とか、ゼロをプラスにするとか、プラスをプラスにとか分けれると思ってて、

   分かりやすくブライダルとかってよりプラスにするっていう仕事でマイナスなわけがなくて

   そもそも、就活とか転職とかってお客さんがマイナスというか不安要素が大きいんですね。

   なので、そこに対して価値提供できることが大きければ大きいほど

   やっぱり恩になりやすいというか、

   その人にとって本当に「あの人いなかったらヤバかったかもな」っていうようなインパクトを

   創出しやすいっていうのが凄いある業界だと思います。

   なので、ただやり方次第とかそれなりに働く側が知識をつけないといけなくて、

   多分参入障壁も低いし誰でもやろうと思ったらやれるんで、斡旋業者しかいない。

   基本的に人あたってとりあえず流してみたいなHRの知識どれぐらいあるんですか?って

   ほんまに皆無的なところも沢山あるんで、こういう人たちがそういう事業側を

   やっちゃうからいつまでもこういう業界ってチープなんやろなっていうのは凄い思う。

   ただ、マーケットでいくと凄いこっから必要な業界って間違いなくて、

   何でリーマンショックの前、いわゆる1950年から2000年ぐらいにかけて不動産があんなに

   伸びたかってシンプルで、人が増え続けたから住む場所が必要になるっていう話。

   ただ、今どうなってるんですかって、

   次に人は増えない、人は減る、次どうなるかって言うと企業側は人に困る。

   人材業界、マーケットがもちろんこの不景気ってところに左右されるもののマーケット全体として

   縮小するかって言うといくらRPAとかロボティクスが進もうが、やっぱり人材業界のニーズは

   高まり続ける一方かなと思いますと言う感じです。

   まとめると、ユーザーに関してやる価値提供っていうのは凄い意味があるビジネスやと思います。

   ただ、人材会社がいけてないところはすごい多いと思っています。

   凄いマーケットとして今後特に日本においては非常に重要な業界の1つではあるかなと思ってます。



 サプライズバリューなエピソードをお聞かせいただけますか?

中川:前職の時の話も交えるとやっぱりね、自分が肌で手触り感持って「あ〜こういうことなんや」と、

   恩はもらうものじゃなくて送り続けたら気づけば勝手に返ってくるからみたいなよくいう話

   あると思うんですけど、それがほんまに実感できたのが前職の2、3年目ぐらいの時で何やったか

   って言うと人事やったんで自分はスタンスとして落ちた子も全然いつでも話しに

   来いと。でも、自分も人事としてミッションもあり責任もあるその中でいくと君は今の現時点で

   そこに値しない。ただ、これは俺がお前を嫌いっていう話じゃないしっていうような感じで関係性

   はすごい落ちたこともあってほんまにその子たちが「他社受けてるんでちょっと面接対策

   してください」って「おっしゃやるか〜」と毎日業務外とか土日とか使ったりしてました。

   本当にそんなんやるのが好きやったんで、それで2年目3年目なって結構母集団は増えていって

   その子たちに「なんで来たんですか?どこから知りました?」って聞いた時に

   「〇〇さんが絶対に行け、説明会行って中川さんって人が出てくるまで

   選考登った方がいいって言われました」みたいなのを結構ブワーって前いた時に、

   やっぱ紹介してくれてる子たちが別に自社の子たちでもなく内定者でもなくてその当時自分が

   普通に、人間としてお付き合いをしていた子たちでその子たちからそうやって知らんところで

   言ってもらい紹介してもらえてたっていうのと、あとは4月1日入社式のタイミングで他社に

   行った子たちからいろんな連絡をもらってFacebookのメッセンジャーとかで、

   「あの時に就活で出会えてなかったら自分の人生全然違う道やったかもしれないです」

   みたいなのとか「違う会社にはなりましたけど、また何か機会があれば次はビジネスっていう

   フィールドで一緒にお仕事できたらいいなって思ってます」みたいなのが色んなところから

   ブワーって来て、向こうが覚えてくれてて4月1日にわざわざ送ってくれるんやってことに

   対しては個人的には、あ〜人事やっててよかったな〜とかそういう人付き合い、

   人との向き合い方をしてよかったなっていう思いがいっぱいあって、

   結局こういうもんやなっていうのがビジネスってそんなものをどれだけちゃんと提供し続けるかが

   凄い大事やなと思えましたね。


最後に、会社の運営において大切にしたい想いなどあれば教えて頂ければと思います。

中川:そうやね、どうしてもこの社会を残していくというところに対して展開をしたいし、

そこをミッションに事業を運営したい。ただ、会社運営においては

働いている各々が自分が会社を作ってるっていう感覚を持ち得るような会社にしたいし、

やっぱり自分自身が本当に左右し続けてる感覚を持ち得るような会社でいたいと思っています。

でも、稼ぐことは本来そんな大事な議論じゃ無い。

もっといえば、それは普通に出来た上でもっともっと社会に対してどうできる?

みたいなのを議論するのをもっと増やしていきたいね!

株式会社アスナロ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more