1
/
5

役員インタビューVol.2 髙木 智史

自己紹介お願いします!

髙木:同志社大学3回生の、、、

明石:ちゃうちゃうww

髙木:ごめんなさい。まちがえました。株式会社アスナロの髙木と申します。

   社長と東役員と一緒に株式会社アスナロの設立という部分に関わってきまして、

   無事になんとか3期目を迎えているという形になります。


アスナロに入る経緯、馴れ初め 教えてください。

髙木:大きく分けて二つあるんですよ。

   一つは代表の中川と友人だったこともあって、声かけてもらったときにワクワクしたというか、

   友人でもあるし、尊敬もしている人物だったので、そういう彼と一緒に働ける

   というところに魅力を感じたというところです。

   これはアスナロのメンバーみんな同じような回答をするのかなと思います。

   もう一個は、自分の中での考えっていうところ、もともとファッション業界にいたので

   採用も軽くはやっていたけど、がっつりはやっていなくて、言ったら全く違う業界、

   違う職種をやっているのだけれど、自分の中で課しているミッションが

  「すべての人が自分の気持ちに素直になれる世の中」にしたいというところがあった。

   それが故にファッション業界を選んだというところがあって、これは自分自身の経験

   でもあるんですけど、"ファッションで着飾ったときに自分が自分の気持ちに素直になれた"

   っていう思いが強くて。これ詳しく話すと長なるから置いとくとして、、、

   それでファッション業界にいたんだけど、キャリアに携わるという部分に関して

   自分で考えたときに、手段は前はファッションだったけれどキャリアであっても広い範囲に影響

   を及ぼせるんじゃないかって。

   そこを深く考えたので自分自身の考えに沿っている部分っていうところがあったから入社した。

   大きくこの2つかなって。

明石:ありがとうございます。結構ヒロさんと話す機会が多いんですけど、さとしさんが2つある

   って仰っている中で実は3つ目があると思うんですよ。

   何かっていうと、以前ヒロさんと話していた時に元々さとしさんが起業したかった

   っていうのを聞いていて、それとたまたま時期が被ったから入ったっていうのを聞いていて、

   それは実際のところどうなんですか?

髙木:あんまりそれは関係ないかな。

   たしかにそこに対しての自分の中での願望あったけども、ぶっちゃけ何していいかもわからん

   かったし。まあ、少なからず自分の中で目標として置いてるから。

   ただ、それが前面に出てくるかといえばそうでもないねん。

   たまたま被ったから入ったってそんなう〇こみたいな理由は違うww

   挑戦してみたいなっていう、彼(ヒロさん)が言っているロマンの部分は自分も感じたい

   ってところもあったし、一緒に立ち上げからやらせてらっているっていう形なんですよ。




会社とか事業を展開するにあたって、なにかしらの意義とかあると思うんですけど、アスナロの中でどういう事業に携わっていてどういう理念を体現しているとかあれば教えていただければと思います。


髙木:僕はですね「キャリアバイト」っていう長期インターンを希望している学生さんとインターン生を

   受け入れたいっていう企業さんをマッチングするメディアをご紹介させていただいている役割

   になっています。

   まず、アスナロっていう会社がサプライズバリューとかフィロソフィーがあったりとか

   いろいろな考え方がある中で、最終的に着地したい部分で行くと

   「人生の想い出に残る温かいコト」っていうところをしっかりと体現していきたい

    っていう部分があります。

    その中で第1章としては「次世代の可能性の最大化」と「彼らの就業機会の最大化

    っていうここが一つ目のミッションとして大きく意識しながら働いている部分なので、

    そこを体現する手段として「キャリアバイト」を紹介している形ですかね。

明石:先程仰っていた「すべての人が素直に」っていうところにもリンクしている形ですか?

髙木:それはすごく。やっぱり一番いいなって思った部分でいくと、もっと細かくわかりやすくいった

   ときに、結局は僕らより若い方の就業機会、可能性を最大化させることこそ、その人たちが

   自分の気持ちに素直に生きていけるっていう部分の証拠なのかなと思うので、

   そこはすごくシナジーがあるというか、一番共感している部分ですよね。

   サプライズバリューにww僕の中ではこのフレーズがすごく好きです。


実際にやられていたなかで、どういう人・企業さんにおススメしたいとか、こういう人・企業さんにこそ使ってほしいとかありますか?

髙木:まず企業さんの方で行くと、極論全部の企業さんに使ってほしいと思っています。

   これに関しては採用がうまくいきやすいだろうなっていう側面もあり、実際に売り手市場

   と言われている中で採用活動うまくいかないという企業さんが増えてきている。

   ただ、視点を変えてみたら、インターン市場は売り手市場じゃないと。

   ここは事実ベースで感じている部分なのですべての企業さんにやっていただきたいな

   っていうのは正直あります。ただこれじゃ答えになっていないかもしれないので、

   一番使ってほしいなていう企業で行くと、弊社みたいな会社だと思っています。

   というと、僕らの会社でいうと始め3人からスタートして、気が付くと会社の考え方に

   賛同してくれるメンバーが10数名集まってくれて、もちろん入れ替わり立ち代わりあるかも

   しれないけれど。やっぱり3人だけでは成し得なかったことっていうのが規模が増えるにあたって

   成し得てるなっていう感覚がものすごくすると。キャリアバイト受注しましたっていうことに

   関しても、僕一人の手ではなくてインターン生の助けが絶対にあるわけだから、彼らの実績でも

   あるのかなと。組織に活気を生むだけではなくて、しっかりと成果をもたらしてくれるような

   子たちが集まってきてくれると思うので、同じような規模感の会社さんとか、

   同じような考え方の会社さんに使っていただきたいなっていうのはあります。

明石:机上の空論とかではなく、智史さん的に体感してみてですもんね。

   とはいえ、マネジメントコストかかってしまうとか、大学生ではあるのでアルバイトと何が違う

   ねんとかもあったりすると思うんですよね。そういうところに関しては実際どう思われますか?

高木:マネジメントコストがかかるっていうところに関して言うと、事実確かにそこはかかります。

   でも、仕事をするうえで欠かせないところって人と接する機会で、この人は何を考えているのかな

   とか、この子は何が喜ぶのかなとか。たぶんそれが、代表もよく言っていることなんですけど、

   相手を思うことこそビジネスの本質だと。そういったところで学生の子たち含めて、

   マネジメントすることですごく養われるなと、自分自身もすごく感じています。

   失敗することもあるし、なかなか上手くいかないこともあると思うけれど、

   ビジネスの本質が学生をマネジメントするっていうところに直結しているなっていうのが、

   ここ1年くらいやってきてすごく肌で感じるので。わかりやすいんですよ。

   言い方悪いかもしれないですけど、学生の子ってわかりやすくて、こっちがうまく伝えられて

   いなかったら、まったく伝わっていなくて全くできない。良くも悪くも。

   でも、しっかり向き合って伝えてあげることによって、明らかに成長しているなとか、

   できるようになっているなって見えるので、これは本当にマネジメントの練習にもなるな

   と思います。なので、マネジメントコスト云々って話もあると思うんだけど、

   長い目で見たときに組織っていうところを考えると、ここの苦労というかここで工数割いてでも

   着手していく価値はあるんだろうなと思います。

明石:短期的な目で見たらマネジメントコストがとかマイナスな部分に目が行きやすい部分がある

   けれども、長期的な、理念浸透とかの目で見たときはプラスに働くのではないかなといったところ

   ですかね。企業側の意見を聞かせてもらったので逆に求職者、長期インターンっていうと

   比較的に心理的ハードル高いかなと思っていて、例えば意識高い系学生とか言われたりだとか、

   後ろ指さされることってあると思うんですけど、そういう学生に対して一言といいますか、

   後押しのコメントとかいただければ。

髙木:後押しの一言になっているかわかんないけど、僕がキャリアバイト使ってほしいとか、

   長期インターンに挑戦してほしいって思う人は1個しかなくて、

   「自分変えたいと思っているけど何したらいいかわからないやつ

    これがいまのセールスのメンバー(旧SC事業部)の採用基準になっていた部分で、

    あくまで僕個人かもしれないけど、次世代の可能性最大化とかそういう部分に関しては、

    今までになかった価値観とか、不器用な奴がこれをすることによって変わりましたっていう

    ところを、自分たちが機会をあげることがまずはそれを体現していることになるのかなと

    思っているので、そういう人たちに利用してほしいなってめっちゃ思います。

    これが自分が目指している「すべての人が素直な気持ちで」っていうところにつながってくる

    と思うので。




明石:大学生ってなっちゃうと、基本的に時間がバって与えられちゃったりして、何していいかわからなくなってしまう大学生って増えてるかなって思ってて、そこの時間つぶすとかではなくて、あえて濃い時間過ごしたいのであればその1個の手段として長期インターンもありなんじゃないかなっていう。比較的に、思っている以上にハードルも高くないと思っていて。僕も入る前はイメージめちゃめちゃ意識高いんやろなとか、長期インターンって聞くと「うっ」ってなってたんですけど、入ってみるといい意味でもハードル高くないなって。やってて密度濃い時間過ごしているので個人的にはすごくお勧めだと思います。

髙木:もちろん入る企業とかにもよるかもしれないけど。あとは、すべての人にあてはまるかわからんけど、あからさま優秀な子たちっていうのももちろんいると思っていて、スキル身に付けることが大事だとか、いろいろ議論はあると思うんだけれど、そうじゃないと思っていて、いかに泥臭い仕事とか、何か苦になるようなことにちゃんと着手できるとかがポイントかなと。

なんか、今までずっとサラリーマンやってきたし、あまり感じなかった部分ではあるんですけど、いざなかなかうまくいかないとき含めて、会社の創業メンバーとして感じることは、来てくれるだけでまず嬉しい。来てくれ子たちが、会社やばいねんなとかこっちで思いながらも、でもひたむきに自分がやらないといけないことを全うしている姿を見るとすごくうれしいというか、たぶん望んでいる採用のペルソナ像というか、どの企業もそうやと思うけど客観的に見て優秀なやつよりも、うまくいかん日が近いのかもしれないけれど、とりあえずもがいて精いっぱいやっている人こそ仲間にしたいんじゃないだろうかと。

そういう姿を見ていると、僕も何回も心折れそうになったし、いつ辞めることになるんやろうなと思ったこともあったけど、彼らのそういう姿を見ると頑張らないとって。励ましているようで励まされているっていうのはめちゃめちゃ帰属心。なんも考えていないアホばっかやら、そんなん考えんと動いてくれてると思うけど、事実彼らに励まされて今の自分がいるっていうのは言い切れるので。

だから、インターンやる子たちに関しては、とにかくがむしゃらに自分のやらないといけないことを徹底的にやるっていうことを意識してほしいなって思いますね。

明石:おっしゃる通りですね。ありがとうございました。


働くにおいて大切にしたいコトとか、譲れない思いとかあればおっしゃっていただければと思います。

髙木:これは、抽象度高い回答かもしれないですけど、僕仲間が傷つけられること絶対嫌なんですよ。たとえば、僕のアスナロと関係ない友人とかにアスナロディスられることも全く嫌やし、もっといえば学生の子たちをディスられるのも嫌やし。

そうさせへんためにも自分頑張らないといけないなっていう。だから、大事にしているっていう言葉でまとめてしまうと、「仲間を傷つけられないように」というか、「仲間を良く思ってもらえるように」頑張りたいっていうのがあります。

僕は全然何言われてもいいんですよ。目細いなとか。ちゃうわ!

明石:wwwwwww

髙木:何言われても全然いいんだけど、一緒に働いている子たちがそう言われるのだけは耐えられないので。これですね。

明石:ちょっと嬉しいですね、、。


さとしさんにとってのサプライズバリューって何なのかと、サプライズバリューなエピソードがあれば教えていただきたいです。

髙木:サプライズバリューっていうのはどの基準のことを言うのかっていうのは人それぞれあると

   思うんですけど、これは簡単には成し得ない概念だと思うんですよ。

   やっぱり、企業としてサプライズバリューっていうフィロソフィーを掲げている以上、

   僕たちが頑張って頑張ってそれを見せていかないといけないっていうのが事実あるんだけれども、

   今現時点でいくと、サプライズバリューは目指している姿だと思います。

   結局何をゴールにするかって個々人あると思うけれど、サプライズバリューって言っている時点で

   だめだと思うんですよね。さっきもちらっと話したと思うけど、作っている時点で

   サプライズバリューじゃないなと。サプライズでもなんでもないじゃないかと思ってて。

   ほんとにそれが相手に対する善意で行えている行動なのか、無意識になんかわからんけど、

   あの人こうやったら喜ぶかなって気ついてやってましたくらいの感覚じゃないと。

   今現時点でサプライズバリュー体現できている人間っていうのはもしかしたらいないのかも

   しれない。いたとしてもたぶん少ない。っていうのが自分の中でのサプライズバリューかな

   と思います。そういう意味で行くと自分はまだまだサプライズバリューを体現できていないん

   じゃないかなと。

   もちろん、例えば細かい話で行くと訪問する先にお菓子持っていたりとか、あの人こんなこと

   言ってたから、これちょっと情報入手しておこうとか色々こういった細かいことは、

   自分でいうのもあれやけどマメなのでやってるつもりだけども、それはサプライズバリュー

   でもなんでもないなと。

   そこは、アスナロっていう会社からサプライズバリューっていうフィロソフィーがなくなった

   としても体現できているような人間になりたいなと思います。

明石:なるほど!深いですね!いつもはう〇こしか言わない智史さんが、、、

髙木:めちゃくちゃきれいな言葉でしめられたので爪痕残しとこうとwww

明石:なるほどw あ、そう言えば、最近サプライズといえば、お子さんおめでとうございます!!

   やっぱりかわいいですか?

高木:めちゃくちゃかわいいです。あれこそ存在がサプライズバリューですよ。

   無意識に体現してるわwwww

明石:さすが、アスナロ役員の息子です!

   お子さんのアスナロ入社に期待です!w

   本日はお時間いただきましてありがとうございました!^^

株式会社アスナロ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more