This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

関連特許三件出願中の独自技術「行動認識技術(Asilla Behavior Recognition; ABR)」
TVで紹介された富士通とのオープンイノベーション
【事業概要】 四期目のAIベンチャー。AIサービスの企画開発及び運営。 視覚野の代替となるAI技術を用いて、社会課題の解決を目指している。 ■技術/DeepLearning ・Generative Adversarial Network ・Convolution Neural Network ・Recurrent Neural Network ・Long Short-Term Memory ■手段 ・AI-OCRサービスの提供 ・不適切コンテンツフィルターAIのご提供 ・大企業のオープンイノベーションを活用した技術提供 ・グローバル事業(情報通信、農業) ・法人向け、親子向けのAIセミナー ■取引先 日本信号、KDDI、日産自動車、NTTデータ、富士通など

Why we do

富士通と共同開発した「AI高齢者見守りサービス」の実証実験の様子
三件の特許出願中「行動認識技術」を用いた転倒予知・検知システム
介護業界、農林水産業界をはじめ、今後人手不足になる業界の手助けとなる視覚野の代替システム(=人の目に代わるAI)を人に寄り添う「優しいAI」として世の中に広げ、社会課題を解決していくこと。

How we do

ミラノ工科大修士、ハノイ工科大修士などグローバルエリート揃いのハノイ研究開発拠点の様子
東京側は事業企画、コンサル営業、広報宣伝、データ作成・収集を主に担う
東京の技術陣からなるビジネスチームと、ハノイの研究開発チームのタッグにより、世界最高峰のディープラーニング技術でAIサービス企画開発を推進しています。

Page top icon