This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

[GCP] Professional Cloud Architect を取得しました!

こんにちは。エンジニアの飯野です。

先日、Google Cloud Platformの認定資格であるProfessional Cloud Architectを取得しました。

取得検討中の方の参考に勉強方法などをまとめておきます。

取得への経緯

自分が受験するに至った経緯は2つです。

  • 業務やプライベートでは得られないユースケースやアーキテクトを学ぶため
  • 3年弱GCPを使ってきたので何か形にしようと思った

自分のスペック

  • サーバーサイドエンジニア(8年)
  • インフラ兼務(2, 3年)
  • 本番でのGCP使用経験(3年弱)
  • プライベートな開発もGCPを使うことが多い
  • 資格試験は基本情報くらいしか受けたことがない

試験勉強について

勉強期間

1~2ヶ月程度。通勤中にドキュメントを読んだり、休日に2,3時間程度勉強したり。

トータルで20時間くらいは勉強していたと思います。

勉強方法

他の方の勉強体験記を読んでイメージを膨らませた後は、実力を確認するためにとりあえず模擬試験を受けてみました。正解率は60%くらいだったと思います。

その後は、ひたすらドキュメントを読む、Udemyのコースを受ける、Codelabsで未経験なサービスを試すを繰り返しました。

全ては公式ドキュメントに記載されているのでドキュメントの理解度が重要になりますAWSやAzureとの違いや、Googleが推しているサービスには特に目を通しておくといいでしょう。

少し古いですがUdemyのコースも良くできていて、コースを受けるだけでも主要なサービスは理解できると思います。頻繁にセールが行われているので、安くなった時に購入するのがおすすめです。会社に受験料を支払ってもらっていたので躊躇なく購入しました。

IoT CoreやDataprepなどの新しいサービスはCodelabsを通して慣れていきました。GCPではアカウントを作成すると(たしか)3万円分のクレジットがもらえるので、サンプル作成に利用しましょう。

試験の感想

GCPのサービスに関する内容はもちろんのこと、オンプレミスからの移行などのGCP以外の知識も求められました。

その他にも、試験ガイドに記載されている通りケーススタディからの出題やIoT Coreなどの比較的新しいサービスからも出題されました。選択肢に悩む問題も多く、時間いっぱいまで見直しに費やしたと思います。

ケーススタディの一例を公式サイトより引用します.
このような設定を与えられた上でビジネス要件と技術要件を満たすための設問が課されます。

JencoMart のケーススタディ

会社の概要
JencoMart は 16 か国に 10,000 店以上の店舗を展開している世界的な小売販売店で、取り扱い商品は食料品、タイヤ、宝飾品など多岐にわたります。同社は、優れたカスタマー サービスを会社の中心的な価値の 1 つとして掲げています。最近では、今後 5 年間で炭素排出量を 50% 削減するという環境ポリシーも導入しました。

背景
1931 年に雑貨店として創業を開始した JencoMart は、世界最大手のブランドの 1 つにまで成長し、リーズナブルな価格設定と優れたカスタマー サービスで知られています。従来の実店舗のみの経営から店舗とオンラインを組み合わせたハイブリッド モデルの経営へと少しずつ移行し、今ではオンラインでの売り上げが 25% を占めるまでになりました。JencoMart にとってアジアは未開拓の市場ですが、将来の成長に欠かせない市場だと考えています。

ソリューションのコンセプト
JencoMart は重要なアプリケーションをクラウドに移行したいと考えていますが、移行に必要なエンジニアリングとクラウドの適合性に関する技術レビューがまだ終わっていません。現在は、すでに生産もサポートも終了しているインフラストラクチャ上ですべてのアプリケーションをホストしている状態です。

既存の技術的環境
JencoMart のすべてのアプリケーションは 4 つのデータセンター(北米 3 か所、欧州 1 か所)でホストされており、そのほとんどがデュアルホームです。
JencoMart は自社のオンプレミス アーキテクチャの依存関係とリソース使用状況の指標について把握しています。

アプリケーション: 顧客ロイヤルティ ポータル
JencoMart が所有する米国内の 2 つのデータセンターからサービスを提供している LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)アプリケーション

データベース
Oracle データベース: ユーザー プロフィールを保存
20 TB
複雑なテーブル構造
管理の行き届いた、クリーンなデータ
強力なバックアップ戦略
PostgreSQL データベース: ユーザー認証情報を保存
シングルホーム(米国西部)
冗長化なし
12 時間ごとにバックアップ
100% の稼働率を保証するサービスレベル契約(SLA)
すべてのユーザーを認証

コンピューティング
米国西海岸に 30 台、各マシンの仕様:
ツイン、デュアルコア CPU
32 GB の RAM
ツイン 250 GB の HDD(RAID 1)
米国東海岸に 20 台、各マシンの仕様:
シングル、デュアルコア CPU
24 GB の RAM
ツイン 250 GB の HDD(RAID 1)

ストレージ
各ロケーションで、100 TB の共有 SAN にアクセス
テープ バックアップ(毎週)

ビジネス要件
ピーク時の容量とオフピーク時のコストを最適化する。
サービスの可用性とサポートを保証する。
オンプレミスのデータセンターのフットプリントと、関連する財務と環境への影響を減らす。
アウトソーシング モデルに移行して、インフラストラクチャの購入に伴う高額の初期費用を回避する。
アジア市場にサービスを展開する。

技術的要件
重要なアプリケーションのクラウドへの適合性を評価する。
アプリケーションをクラウド対応に変更する。
アプリケーションを新しいインフラストラクチャに移行する。
可能な限りマネージド サービスを活用する。
既存のデータセンターの容量の 20% を廃止する。
アジア地区からサービスにアクセスする際のレイテンシを短縮する。

ref: https://cloud.google.com/certification/guides/cloud-architect/casestudy-jencomart


取得後

以前よりも取れる手段が増えたことと、サービス一つ一つの知識が深まったと思います。勉強は大変でしたが業務にも活きているので受験してよかったです!


AnyPayではGCP/GKEの勉強会を開催しています!

10/23にGCP/GKEに関するトピックやPCI-DSSに関する勉強会を開催します!
LT枠などもありますので、

  • GCP / GKEでのインフラ構築に普段から接していらっしゃる方
  • GCP / GKEにこれからチャレンジしたいと思われている方
  • PCI-DSSにこれから挑まなければならぬ方
  • AnyPayに興味有る方


などなどに当てはまる方はぜひおこしください!ぜひGCPでのインフラ設計の話や実務に基づく泥臭いエピソードなどを話し合いましょうー!

AnyPay株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

GCP

Weekly ranking

Show other rankings