1
/
5

グループホーム運営会社の現役社長が語る「障がい者の自立」~無視され続けてきた当事者のニーズ~

■高齢者介護と障害者福祉の違い

田口 まず、藤田さんと言えば、介護のイメージが強いと思うのですが高齢者介護と障害者福祉の世界ではどう違うのでしょうか?

藤田 高齢者介護と障害者福祉の大きな違いで言うと戦後の身体障害者福祉法まで遡りますよね。そこから、今、障害者総合支援法の法律の時代までやっときて介護の世界は1964年の老人福祉法の制定からの始まりです。かつ、2000年に介護保険制度が制定され、その後18年経っています。その両方を比べると、介護の方が先に介護保険ができて民間企業の参入がOKになり、民営化され、歴史自体も30数年で民営化されているので歴史が短い分、鬱積したものがそこまでなかったんですよ。だけど、障害者福祉は、歴史が長い分、鬱積しているものがあります。だけど、そこは考え方で、障害って身体・知的・精神がありますよね。最近は発達障害も入ってきますけれども。多様性の領域なんですよ、障害って。それに比べて、高齢者介護は多様性の領域ではないんですよ。認知症、寝たきりがマジョリティで、高齢者なので、世代もある程度、一緒。障害福祉は多様性の領域で、年齢も若い方から64歳(最近は亡くなるまで)まで障害特性もバックグラウンドも様々。介護は障害と比べると多様性が低い。なので、背景が全く違います。障害分野の人たちの方が何か新しいものを求めているんですよ。

■無視されてきた障害者のニーズ

田口 なぜ、グループホーム(以下、GH)で動物と暮らすというスタイルを取っていらっしゃるのですか?

藤田 これは総務省の統計にも出ているんですけど70%の障害者の人たちが動物が好きなんですよ。なのに、動物と一緒に暮らせたり、通えたり、過ごせたりする障害者福祉サービスは皆無なんです。70%の人が好きなんだったら、通常のマーケットでいえば70%の人が動物と暮らせるようになっているはずじゃないですか。

田口 それだけ障害福祉はタブーだった部分もあり、踏み込まれなかったのでしょうか。

藤田 そうですね。診療報酬との絡みもあって、特に精神や重度の知的障害の方は病院やコロニーに隔離政策で入れられていた歴史がありますね。財政的に病院へ入れておくと高コストで精神医療だけで年間約7兆円くらいかかっているんですよ。そこを財務省がなんとかしたいというところから(現行の障害福祉政策は)スタートしているんです。理念というよりも。動機は善か悪かというと、ちょっと悪いんですけれどそれで病院に長期入院している人たちを退院させていこうという政策に切り替わってきて出すにも実家には帰れない、1人暮らしはできないとなると第三の場所が必要となります。その第三の場所(サードプレイス)がたぶん僕らのやっているGHですね。

■異なる障害特性による補完関係
田口 私は発達障害に関する取材をしているのですが発達障害の方の最大のネックとなるのはコミュニケーション障害の部分ですよね。また発達障害の方は二次障害で精神疾患を負っていらっしゃる方もいますよね。グループホーム(以下、GH)で一緒に暮らすとなった場合、トラブルにはならないのですか?

藤田 わおんと他のGHの何が違うかというと他のGHのほとんどが障害の種類で区切っているんですね。例えば、知的障害の方向けです、精神障害の方向けですとか。

田口 そうですね。そういった区切りがありますね。

藤田 わおんでは障害で区切らずに「程度」で区切っています。障害区分は1~6までありますが、区分1~3を対象にしていて障害の種類は関係ないという形にしています。これが一番大きい要因といってもいいですが、障害を「種類」で区切ってしまうと区分1~6までくるじゃないですか。そうすると、区分1と6の人は絶対にコミュニケーションを取れないわけです。1の人が6の人を馬鹿にして、マウントを取るじゃないですか(笑)そうしたら、6の人は怒るじゃないですか。そして、走る、暴れる、ぶん殴るとなってしまう(笑)そうやって負の連鎖にはまっていってしまう。だけど、1~6という「程度」で障害をみると精神障害、身体障害、知的障害の人もいらっしゃって「程度」は一緒ですけど、出る症状が違うので補完関係が成り立つんですよ。

田口 どういった補完関係ですか?

藤田 例えば、GHにいる知的障害の女性の方は、お給料が出ると全部UFOキャッチャーに使ってしまうんですね。そうすると、精神障害の方が「全部使っちゃったら、これから何も買えなくなっちゃうよ」と言ってそれからはお給料が出ると、必ず精神障害の方が必ず付き添っていくんですよ。「今日は2,000円までね」とか言って(笑)

■犬猫とのコミュニケーション
田口 なるほど。私は取材で発達障害の支援者の方に関わると支援者の方ですら、コミュニケーションの部分で「関わりたくない」となってしまうという声を聞くんですね。そういった部分は補完し合えるものなのですか?

藤田 まずは、発達障害の方もどこの部分が欠落しているかというのが人それぞれ違いますよね。それが病気(特性)なのか、性格なのかによっても全く支援者側の対応は全く違ってきますよね。僕の知り合いに精神科医がいるんですが、彼の持論は例えばADHDも発達障害もうつも統合失調症も原因は一つだと言うんですね。そこで薬を処方してもらったら、ごく普通に暮らせるようになってしまったという例もあるので支援だけで何とかなるという単純な話でもないですね。投薬も含め色んな支援の仕方があって、人間対人間でコミュニケーションが苦手な方でも犬や猫とはコミュニケーションが取れる人もいるんですよ。人と人だと壁を感じてしまって、怖くてしゃべれないけど犬猫とはめちゃくちゃ話せる人もいるんですよね。

■支援をしていく上での大変さ
田口 支援をしていく上での大変さはどこにありますか?

藤田 基本的には皆さん、「外向きな人」というよりは「内向きな人」たちですよね。「自分はダメだ、ダメだ」と自分に「矢印」が向いてしまっている人が入居者の大半なんですよ。これは障害者全般にいえます。その「矢印」を外側に向けていくということが一番大変です。きっかけは何でもいいんです。わおんのスタッフも、まず聞くのは「好きなことは何なの?」ということです。
例えば「〇〇さんの好きなこと何なの?」といった感じで。そうすると「ディズニーランドが好き」とか「UFOキャッチャーが好き」とか女性だったら「おしゃれをしたい」とか男性なら「病院に入院していて、飲みに行けなかったから飲みに行きたい」とかありますよね。本来は「自分はああしたい、こうしたい」と思っていたんだけど「自分はダメだから」と思って、外に出なくなってしまった人に対してもう一度、何をしたいかという自己覚知をしてもらうという作業をしてから王道の「働きに行く」という部分に結び付けていきます。

■今の就労支援事業所はダメ?
田口 就労支援もなさっているんですよね?

藤田 わおんに入居している人は7割、一般企業に就職しているんですよ。

田口 かなり高い割合ですね

藤田 財務省も経産省も障害者雇用を水増ししているじゃないですか。日本全国の一般企業・中小企業もみんな水増ししていたんですよ。それがばれてしまってから、一般企業も(水増しを)やめようとなって、雇わなきゃとなった(笑)だけど、労働問題は怖いので、どこの企業も受け入れ態勢をきちっと作っているんですよ。なので、就労支援事業所に行くよりも、一般企業の障害者雇用枠で例えば特例子会社などに就職した方が、研修制度が格段に充実していて担当者もついて、フォロー体制もすごいんです。A,B問わず就労支援事業所を経営しているのは、中小零細企業が多いんです。なので、そこまでの受け入れ態勢ができていなかったり酷いところだと「居てくれればいいから」という事業所もあります。だったら、障害者雇用枠で一般企業へ就職してしまえばお給料を18万~25万円もらえますから。

田口 そうしたら、普通に自立して暮らしていけますよね

藤田 そうです。生活保護からも脱却できますし、お金の使い道も自由ですし。

■藤田英明社長が考えるグループホーム(以下、GH)での「自立」とは?
田口 GHに入居される方は、GHで生涯を終えるのですか?

藤田 GHは全国に7,000件くらいあるんですけど、過去の統計からお話しすると平均入居期間は約20年なんですよ。基本的に出ていかないんです。出ていくときは入院、死亡などですね。

田口 現在、藤田さんが展開している「わおん」も生涯暮らすというイメージでよろしいのですか?

藤田 できるだけ1人暮らしを目標に据えてやっていますが「自立」という概念が「一人暮らし」なのかという議論が深まっていなくて「一人暮らしが自立だ」という解釈になってしまっているんですよ。「そうなの?」と僕は疑問に思っています。その人がGHで生活し続けながら、働きに行って病気や障害をあまり気にせずに楽しく暮らしている状態が「自立」なんじゃないのかと思っています。無理やり色々と制限して、「何でも自分でやるんだよ」「朝起きて会社に行くんだよ」とやってしまうのが果たして「自立」なのかという風に思っています。

■自立へのステップ
田口 どういったステップを踏んで、藤田さんが理想とする「自立」へと向かうのですか?

藤田 グループホーム(以下、GH)から自立させるために、普通のアパートの一室とかを借りて、サテライトができるんです。ここで支援を受けながらアパート等で暮らす。これができたらアパートで一人暮らしをする。こういう段階を踏めることになっているんですけど、だいたいここに至ると、薬を飲まなくなってしまう。会社に行かなくなってしまう。そして、また症状が出てきてしまう。また、入院。そして、またGHに戻る。そういったサイクルの繰り返しになってしまうんですね。この期間が無駄なんじゃないかと思っています。
今、わおんのGHに彼女のいる男性がいるんですけど、彼女も障害者なんですよ。わおんには男性棟と女性棟があって、8か所くらいやっていますが彼は今度、女性棟に入居したいと言っているんですよ。結婚したら、家族棟を作って欲しいと。そこで家族で支援を受けながら生活しつつ2人で暮らしたいと言うんです。これもある意味、「自立」だよなと思いました。GHを出て、また病気が再発して、病院に入院してという期間が1~2年あるじゃないですか。人生の1~2年って長いですよね。

■居宅介護は儲かる?
田口 東京の一人暮らし支援には、ヘルパーさんが朝・昼・晩と入っているスタイルのものが多いですが、果たしてそれが「自立」なのかという疑問はありますよね。

藤田 それは事業所の都合なんですよ。GHで暮らしてもらうより、一人暮らしさせて、そこにヘルパーの介助を入れた方が儲かるんですよ。介護保険と違って上限額がないから、居宅介護はめちゃくちゃ儲かるんです。

■地方と東京では福祉の上で「別の国」
田口 NPO法人や社会福祉法人と藤田さんのようなベンチャー企業とは、あまり絡みがないのですか?

藤田 地域性ですね。地域性が非常に強くて、昔からのやり方を頑なに通しているエリアと「福祉はもっと開かれて、多様性を受け入れないと駄目だよね」というエリアで違いますね。多様性を受け入れるエリアの方々とは絡みがありますよ。

田口 地方出身の福祉職の方が「福祉の面では23区は別の国だ」とおっしゃっていたのですが東京は保守的なんでしょうか?

藤田 東京は高齢者介護も障害者福祉もめちゃくちゃ遅れているんですよ。東京には「福祉の世界を変えたい!」と言っている人たちはたくさんいるけれど地方の人からすると「そんなことは昔からやっているし」ということも多いですね。

■地方の障害福祉事情
田口 地方出身の福祉職の方に聞くと、地方では障害を持っていても地域で支えるので、障害者同士の結婚なんて当たり前だし、地域で支え合うのでそんなに問題にならないといいます。東京に来るとそれが支援の枠にはめられて、特別な環境でしか生きられないのはなぜでしょう?

藤田 それは比率の問題もあるでしょうね。例えば、高齢者問題も、地方から高齢化していきますよね。人口に占める高齢者の割合が地方の方が高くなるので、それだけ接する機会も増えますし、理解や支援の方法のノウハウは、事例が多ければ多いほど蓄積されますよね。それに比べて、東京は高齢者が人口に占める割合が地方と比べると相対的に低いじゃないですか。障害福祉の問題も同じです。目黒区の場合だと目黒区民に占める障害者の割合は2.3%です。これが千葉県の八千代市になると、11.3%です。足立区だと10%を超えています。同じ23区でも偏在していますね。

田口 どことは言いませんが、東京の福祉関係の方を取材すると割とドリーミーなことをおっしゃるのはその比率の差でしょうか(笑)

藤田 幻想みたいなことを言ってる人は多いですね(笑)ドリームみたいなことを言ってないで、普通に暮らさせてやれと思います(笑)

株式会社アニスピホールディングス's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more