1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【1年目社員ディスカッション】2020年、学生から社会人になった彼らに、1年間を振り返ってもらいました!

こんにちは!
アンファー人事の中村です。

昨年6月配属前、期待と不安でいっぱいだった彼らにインタビューしてから約8カ月が経ちました。7月に本配属をされてそれぞれの環境で実務に取り組んできた彼らに、現在の仕事について話を聞いてみました。

就職活動も解禁になったということで、学生の皆さんも、他社の若手社員の皆さんも楽しんでご覧いただけますと幸いです。


中村:皆さん、お疲れ様です。

全員:お疲れ様です。

中村:今回は座談会ということで集まってもらったけど、前回のインタビューって見返しました?

境:8カ月しか経ってないのに、懐かしくなりました。

種﨑:商品開発部に配属されたんですが、前回のインタビューでやりたいなって話していたのが叶って嬉しいです!

武石:配属前とモチベーションは変わらないんですが、想像以上に働くって大変だなと。社会の現実を見ているなっていう感じはします。

中村:なるほど。仕事に楽しさを感じてくれてはいるけど、その反面しんどいところがわかってきたんだね(笑) 

配属部署と現在任されている仕事を教えて下さい!

須部:メンズブランド課 デジタルマーケティングユニットに配属され、お客様にあった商品提案が主な業務になります。基本はYahooショッピングをメイン担当としているので、そこでの売上達成が1番の目標になります。楽天スーパーセールやYahooショッピング、超PayPay祭などはお客様がお買い求め頂きやすい期間になるので、キャンペーン企画、ページ制作、メルマガの配信を行っています。他にも自社サイトのメルマガ配信やプロモーションにも少し携わっていて、様々な業務に関わり徐々に業務の幅を広げているという段階です。

中村:メルマガ配信って一言で言っても、その先にはたくさんのお客様がいるよね!

須部:メルマガそれぞれの売上も見られるようになっていて、上位3通の中に私の分が入っている事が多いので、それが今のモチベーションにも繋がっています!

中村:早速売上の1チャネルでランクイン!すごいね!!!続いては種﨑さんはどう?

種﨑:商品開発部 新規領域開発課に配属になり、新規ブランドの新商品を主担当でやらせてもらっています。先輩のサポートとかアドバイスを頂きながら進めては行くんですけど、先輩からは最後に決めるのは主担当だから周りの意見を上手く取り入れて納得して貰えるようにしなさいと指導いただいています。私がお客様のことを考えてどのような商品を作って行きたいか、どのような効果があり満足頂けるかを考えながら作っています。私が想像した商品が作れるのがモチベーションにもなるし、責任とやりがいを感じます。他にも商品作りのための取引先との折衝、連携部署のディレクション、新しい企画を考えて改善を行っています。

中村:いやぁ〜1年目から商品を作るって想像できないな!誰もがやってみたい仕事に早速取り組めてるんだね。続いては、外山さんどう?

外山:メンズブランド課 プロモーションユニットで"THE プロモーション"って仕事をしています。例えば、種﨑さんが考案した商品をどのように販売していくかを今から考えたりもします。あとはCRMですね。お客様に身近なものだと商品に合わせて梱包しているご案内やお試し等の企画、ご購入数日後に使用感を伺うメールですね。

中村:ウチって著名人通して商品アピールを行っていたりするよね。もうすでにそれやってるんだ!!

外山:最近だと「デオドラント」っていう匂いに特化したシャンプーのYouTube動画広告の撮影手配をし、商品をより良く映すために監督さんと相談しながら撮影を行いました。こちらからご覧になれます!【頭皮のニオイの原因は!?】「寝てるとなかなか気づかない篇」スカルプD デオドラント(40秒動画)(URL: https://www.youtube.com/watch?v=XKmL1zpIXw4

中村:おぉーーー。これを外山さんが作ったのね!僕も寝ている間の頭皮のニオイ気になってきた(笑)

須部:3月公開のは載せられないんですが、私の11月に行った超Paypay祭用LPも載せて下さい!
(URL: https://shopping.geocities.jp/angfa/category/2020paypay/index.html

中村:自分の仕事がこういった形になるのも感慨深いですよね。一年目から言える仕事があるのうらやましい!次は、境さん!

境:先に宣伝をさせて下さい(笑)女性のための人間ドッククレアージュ東京 レディースドッククリニック3月23日(火)にグランドオープンなので、是非お越し下さい!
クレアージュ東京 レディースドッククリニックHP (URL: https://www.creage.or.jp/ladies/

私は、クレアージュを世間へ広めて行くにはどうしたらいいか考える仕事をしています。大まかに2つに分けられて、① PR、②商品開発になります。①PRは、セミナーを通して法人の方や一般の女性の方々にクレアージュがどんな施設かを広めています。ゆくゆくは近隣企業の方にも利用して頂けるように営業を行っていくつもりです。②商品開発はクレアージュで販売する女性用の生理用品やナプキンが要らない生理ショーツを案として考えている段階です。

中村:宣伝を前のめりで入れてきましたね(笑)開院、営業、商品開発って領域広いね。

境:正直、領域広過ぎて色んな経験値は上がりそうなんですが、深く勉強出来るかで言うとそうじゃないのかも?と言った不安もあって。。。仕事は、不安半分嬉しさ半分と言った感じです。

中村:「いろいろやったことがある」というのがいつか大きな財産になる(スラムダンク風)。今度のセミナーは企画兼司会なんでしょ?いきなりすごいね!是非頑張って!次は、武石さん。

武石:私の所属はウィメンズブランド課 デジタルマーケティングユニットです。この座談会のために仕事内容を洗い出したのですが、一応今軸としては三つあると考えています。
①②はまず2つのブランド担当、「スカルプD ボーテ」「ドクターズ ナチュラル レシピ」です。私はドクターズナチュラルレシピを担当したいというのを入社前からずっと志願していました。そんな仕事を実際にすぐ担当できているというのはすごく嬉しいです。
1案件1人担当というのがウチの課の基本体制です。基本的にスカルプD ボーテもドクターズ ナチュラル レシピもディレクションメインの業務です。
両ブランドともに4半期に一回ブランドでキャンペーンを実施するのですが、起案から LP 作成、構成作り、結果を振り返るところまでを全部やっています。4半期のもの以外にも定例で実施するキャンペーンも担当しています。
大きいものでは来期、あるブランドのリニューアルがありまして、新商品の LP 改修があります。全部で4本LPを作るんですが、その中の2本を担当しています。全くの新商品なので、ゼロベースで構成案を1から考える必要があり、他社事例を集めたり、ヘアカラーの知識勉強をしたり。CRMとの連動も同時にディレクションします。
LPに関しては数値分析をもとに、どこを伸ばしたいか、改善したい数値はどれか、自分でKPIを考えて実際に構成を作ります。広告も担当しており、リスティングや一部のSNS広告に関しては半月に一度レポートをもらいその振り返りを元にPDCAを回してやっています。
他にも、楽天ルームとの取り組みや、商品発送時の同梱リーフレット(先程、外山が話していた)、他企業様とのコラボの商品、卸様とのやり取りもしています。
③が新商品開発です。女性ブランドの強化で有志募集があり、先ほど境から宣伝がありましたクレアージュ東京で扱えるような女性の悩みに寄り添ったような商品を考えています。市場調査から、社内プレゼン、他社商品比較で商品の優位性を考えて、どのようにクリニックと連携するかを考えています。
私願っていれば叶うって思っています! ドクターズ ナチュラル レシピ担当も、プロテインの LP 改修も、「やりたい!」って配属されてからずっと言い続けていたんですよ。もちろん目的や KPI を決めて提案しなければなりませんが、きちんと提案すればやらせていただけることになったので、これが一番今自分の中でモチベーションになっています。


中村:ずっと言ってたもんね!(笑) 新入社員はまずは仕事をもらうのが仕事!自分でゲットした仕事が主軸になっているのはやりがいあるよね!素晴らしい!次は、村山さん!

村山:商品開発部 期間領域開発課で行っている仕事内容は大きく三つあり、①スカルプD、②スカルプD ネクスト、③お客様参加型企画(モノづくリンク URL:https://www.angfa-sankakuproducts.jp/があります。①スカルプD、②スカルプD ネクストは共に我社の中では大きなブランドで、現在の商品はお客様からの満足度や魅力度が非常に高いです。基幹商品のため何か進めるにしても、様々な高いハードルがあり変えない方がいいのでは?という考え方も他社ではあると思います。ただ我社としては既存商品の更なる改良のため、お客様毎のニーズ合わせて商品を細分化してもいいのではないかということで、都度アンケートや市場調査を行っています。まずは調査を行った上で、ニーズに合わせて処方を考えていく構成になっています。

中村:大事な基幹ブランドだからこそ、実態調査やアンケート回数が他より多いんだね。影響力が大きい分、お客様の声に忠実に耳を傾けるという感じかな?

村山:調査が業務の大部分を占めていますね。実態調査を行う前に予想を立てるんですが、面白いことに結果が違うことが多いんです。私は20代なので、ターゲット層である40代の考えや希望を予想しているんですが、商品への考え方や魅力と思っている部分が異なっていてそれを発見出来た時はすごく面白いし、楽しいなと思います。

中村:顧客視点って想像よりもずっと難しいよね。でもその分奥が深くて面白い!それを楽しく感じながらできているところが素敵だね。最後は、九鬼さん。

九鬼:私はコマースデジタルデザイン部 EC課なのでデザインやサイト制作が主ですが、細かくいうと①自社ストアの運用と改善、②他部署からの依頼によるキャンペーンページのデザイン制作/運用対応、③公式ストアアプリの運用と配信内容の起案、④モノづくリンクのページ更新担当(アンケートページ作成、データ集計、サイト改善) 、⑤会報誌内容の起案、⑥作成全般を任せてもらったコーポレートサイト(現在はサイト改善の最終段階)、⑦ハートキャッチプロジェクトのデザインとサイト制作を行っています。

中村:デザインとサイト制作って会社のほぼ全ての商品に携わっていることになるよね。特にストアアプリの運用はお客様への入り口になるから、売上にも直結しそうだよね?

九鬼:その通りなんです。各配信がお客様にどれくらい見て頂けたかは数字で把握出来るんですけど、自分のイチ押しが全然ウケていなかったり、少し自信ないのが意外と見透かされて売上に繋がったりしていて。生のデータを見られる半面、自分の管理責任を実感します。その分数値で上がったのも実感できるので、その時はすごく嬉しいですね。

中村:顧客接点が命って社長も常々言っているし、重要なポジションだね!

中村:みんなそれぞれ一人前に、前向きに仕事をしていてうれしいね!加えて僕も同じ一年目だけど本当に任せてもらえる社風というのがあるのを実感しました。みんなありがとう!!


今回はここまでとなります!

次回は、今回の続きをお伝えしたいと思います。是非、お楽しみに!

アンファー株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more