This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【APV’s People #03】日本とゲームが好き。日越を飛び回れる人材を目指して

こんにちは、APVインターンの三上です。APVで働くスタッフの方々を紹介するこの企画。
第3回は、現在ブリッジSE(BrSE)兼PMとして働くDatさんにお話を伺いました!


─日本語お上手ですね!

私は大学で3年間日本語を勉強して、卒業後は新卒でオルトプラスジャパンに入社しました。APJで働いていた3年の間、BrSEとして日本のお客様とたくさん話すことができたので、そのおかげで日本語の能力が伸びたのだと思います。去年の6月からはハノイに戻って今は主にPMの仕事をしています。


─どうしてエンジニアになったのですか?

ITが好きだからです。小さい頃からゲームとコンピューターが好きでした。私の家には昔からコンピューターがあったのですが、これは当時のベトナムでは珍しいことです。5歳ではじめてパソコンを触り、ゲームにどハマりしました。


─どんなゲームで遊んでいたのですか?

当時一番遊んでいたのはスーパーマリオです。


─他に好きなゲームはありますか?

エンパイアーズ&アライズ「Empires & Allies」でよく遊んでいます。これは国を作って近代武器を生産し、攻撃と防衛を繰り返す軍事戦略ゲームです。好きなゲームはたくさんありますが、遊ぶゲームはこれ一つに集中しています。同時にいくつかのゲームをすると、時間を取られ過ぎてしまいますので(笑)


─オルトプラスベトナムの好きなところを教えてください

一番良いなと思うところは、オフィスです。APVが入居しているカンナムビルはベトナムで最も高いビルです。オフィスのある31階からの眺めは最高で、すごく気持ちが良いです。気持ちがよくなることで仕事のやる気も高まります。加えて、他のIT企業と比べて若い女性が多い。それも働いていて楽しいと思える要因の一つです。社内はいつも明るいです。


─以前はオルトプラスジャパンにいたこともあるとのことですが、ジャパンとベトナムと、環境はどのように違いますか?

仕事の環境として、特に違うところはありません。日本にいてもベトナムにいても、ベトナム人の仲間とコミュニケーションを取りながら日本のクライアントと仕事をする。それは変わらないです。

あえてあげるとすると、やはりAPJにはベトナム人が少ないことでしょうか。当時APJには200名近い社員がいて、その中でベトナム人は8人だけだったのでそれが少し寂しかったですね。


─オルトプラスジャパンに戻りたいと思うことはありますか?

あります。寂しい気持ちもありましたが、逆にベトナムに戻った今、やはりもっと日本語を使いたいと思うことが多いです。

オルトプラスジャパンにいた頃に日本人と話したことや、食べた料理、感じた社会など、日本でのいろいろな経験がとても懐かしいです。


─日本のことは好きですか?いつから好きになったのですか?

もちろん好きです。

私が中学生の時、日本人が学校に訪問し授業をしてくれる機会がありました。そこで初めて日本人と関わったのですが、彼女の話し方はとても丁寧で親切な印象を受けました。そこから日本に興味を持つようになりました。

また、私は小さい時からドラえもんが大好きです。ドラえもんの漫画で日本の国のイメージを膨らませ、魅力的な国だなと思っていました。そしてそれがどんな国なのかを実際に見てみたいとずっと思っていたんです。オルトプラスジャパンに受かることができたので、それでようやく日本に行くことができました。


─今後挑戦してみたいことはありますか?

まずはもっと仕事を頑張って成果を出して、PGM(Project General Maneger)にアップしたいです。PGMに昇格して、出張などで日本にも行けるようになりたいです。

実はもう結婚をしているので、日本に長く滞在することは難しいと思います。だけどやっぱり、私は日本に行きたい。なので、ベトナムと日本の間になるような人になれればなと思っています。3ヶ月くらいのスパンで日越を行き来するような働き方ができれば最高ですね!

インタビュイー:Nguyen Quy Dat (ALTPLUS VIETNAM Co.,Ltd BrSE/PM)
インタビュアー:三上蒼太
株式会社オルトプラス's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings