1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

私たちは、「INSIDE TECH」をMISSIONに掲げ、ヒトの表面的な情報だけでなく見えない領域(INSIDE)も含めたあらゆる情報を、テクノロジーによって可視化し、ヒトの新しい可能性を拡張する革新的取り組みを進めています。これまでのデモグラフィックデータだけでなく、あらゆるヒトの情報を取得する技術開発と、企業・個人が有益と感じるサービスを創る事業開発を両軸で捉え、“おもしろい”を創出していきます。ヒトの膨大な情報を分析、マインド年齢や趣味・嗜好までも可視化することができる特許技術のプロファイリングAIを軸に、企業のマーケティング支援からはじまり、ソリューション開発支援、BtoCのサービスまで、独自で開発から販売を行います。 INSIDE TECHについて詳しくはこちら →https://aiqlab.com/insidetech/ 【プロファイリングAIを活用したマーケティング事業】 ① インスタ版SEO分析ツール「AISIGHT」 「流入」を増やすハッシュタグ運用や、「エンゲージ」を伸ばす豊富な分析・検証機能など、Instagram運用に必要なあらゆるデータを可視化し、顧客接点の”量と質”を最適化するInstagram版SEO分析ツール。 「AISIGHT」→https://aiqlab.com/aisight/ ② リーチ保証型インフルエンサーマーケティングサービス「MATCH ENCER」 SNS全体を瞬時に分析し、確実にターゲットへリーチ!ターゲット含有率の高い、拡散力のある最適なインフルエンサーを選定。成果に直結する課金形態を可能にしたインフルエンサーマーケティングサービス。 「MATCH ENCER」→https://aiqlab.com/matchencer/ ③ インサイトマーケティングリサーチ「SOCIAL PROFILING」 Instagramの膨大なUGCを、画像解析と自然言語処理を掛け合わせ、トレンドや、デモグラフィック・サイコグラフィックなどの属性情報をプロファイリングAIで瞬時に可視化!リアルな利用シーンからインサイトを解析。ユーザーインサイトの解析につながるマーケティングリサーチサービス。 「SOCIAL PROFILING」→https://aiqlab.com/social_profiling_b/ 【R&D(技術開発支援)我々が培ってきたAIテクノロジーを活用して、さまざまな分野のお客様と共同開発】 代表の高松を筆頭に技術力の高いエンジニアが在籍しています。業務課題解決や、新規事業立ち上げに向け、AIを始めとする最先端テクノロジーを駆使し、技術開発支援または企業との共同開発を行なっています。東京本社と札幌ラボの2拠点を設け、よりパフォーマンスを発揮できる環境を整えています。 R&D事例 →https://aiqlab.com/rd/case1/

Why we do

組織から個の時代へ移り変わる今、個がより一層重要であり、もっともっと個が活躍できる環境づくりが、これからの社会発展に必要不可欠です。個=ヒトと捉え、「ヒトのさらなる可能性をテクノロジーで探求する」ことをVISION(目指す方向性)とし、そのためにはヒトの表面的な情報だけでなく見えない領域(INSIDE)も含めたあらゆる情報を、テクノロジーによって「ヒトを知る」ことが重要と考えます。 そして、いつの時代もテクノロジーがヒトの可能性を広げているように、その可視化された情報から、ヒトにとっての新しい気づきや出会いを創出し、さらに活躍できる世界を広げることをMISSION(社会的の役割)と掲げています。

How we do

各フェーズ、部門で高い目標を掲げておりこれらを達成するためには、今いるフィールドに止まることなく、さらにフィールドを拡大することが必須であります。弊社のVALUEである常に「冒険者でいよう!」に共感できるメンバーが必要です。 些細なことでも積極的に自ら仕事の領域を広げようと努力を惜しまない仲間を募集しています。 新しいオフィスを構え、働き方としましてはかなり自由な職場ではありますが、その分年齢問わず責任のある仕事が多いです。弊社のVALUEにもある「挑戦」「スピード」「スキルアップ」を全社員が意識しており、正直ハードな部分は多々ありますが、社員同士切磋琢磨する環境で、また困っている社員を見過ごしたりはしません。 東証一部上場企業の役員や大手金融機関、大手外資系コンサルティングファーム、大手プラットフォーマー出身者など、スキル・熱量ともに高い社員が多く在籍しています。経営陣はその経験を踏まえて、組織が大きくなるにつれて、スピード感がない、リスクヘッジばかりでは成長につながらないこと、また社員のモチベーションを下げることを十分に理解しています。プロジェクト・事業を進めるかの判断の起点は「今でにないおもしろさ」で、ベンチャーらしく「自由と責任」を両立させながら、意思決定のスピードと、やる気があり自ら率先して手を上げる社員を応援する企業風土が醸成されています。 ・採用ページには我々の思いが込められておりご覧いただき、何か熱いものを感じた方はぜひお待ちしています。 https://aiqlab.com/career/ ・採用ブランディング映像 https://www.youtube.com/watch?v=yq_MVVy0NcM ・2TOPの対談(採用メッセージ)映像 https://www.youtube.com/watch?v=2yoVLJyQ9uM ※技術(代表高松)×ビジネス(取締役渡辺)この両軸を引っ張る2名の対談で、AIQで働く仲間について語っています。