1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【アイデミー社員紹介】子育てと両立して“がっつり”働きたい人のロールモデルを目指す! -Sales&CS 金沢さん-

アイデミー社員紹介をお届けします。今回はSales&CSの金沢さんです!

【自己紹介をお願いします!】

金沢晶子です。2020年10月に入社しました。

これまでの職歴としては営業がメインです。メーカーでの法人営業、広告代理店でWeb広告のプランナー、求人広告の会社で、パートナーセールスの経験があります。

【現在の所属と業務内容は?】

事業本部のSales&CSに所属しています。NEP(Next Executive Program)や、Aidemy Business Cloudのセールス(直販)の他、パートナーセールス(代理店販売)も担当しています。CS(カスタマーサクセス)としては十数社を担当し、CS業務に付随してセミナーの運営も行っています。

【アイデミーへの転職のきっかけを教えてください】

「先端技術を、経済実装する。」という企業理念に惹かれたことと、子育てと両立して営業の仕事ができそうな会社を探していたことがきっかけです。

ーー今回は「子育てしながら働きたい」という気持ちが、大きな転職理由のひとつになったわけですね。そこでアイデミーで働くことにした決め手は何でしたか?

最初はアイデミーの事業内容に興味を持って、色々調べていくうちに、リモートワーク制度やコアタイム以外は自宅勤務でもOK(※新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じてフルリモート可)など、柔軟な働き方ができることを知りました。これなら子育てしながら働けるんじゃないかな、と思ったのが決め手ですね。

ーー制度が後押ししてくれたところも大きそうですね。

そうですね。とは言え、子育てしながらの働き方には不安があったので面接で正直に話してみると、そのときに面接官だった木之内さんにも小さいお子さんがいらっしゃるとのこと。具体的に「子育てしながらこういう働き方もできるんじゃないか」、という話も聞かせてくれたので、これなら大丈夫と思って入社しました。

ーー実際に子育てしながら働いている方には説得力がありますね。

前職にも木之内さんと同年代の方はいらっしゃいましたが、どちらかというと奥様に子育てを任せているような方が多かったんです。木之内さんのように理解のある人が上司であることも、ひとつの大きな安心材料だったと思います。

▲リモートでのミーティングが多いため購入した、音質のよいマイク付きの高性能イヤフォン。

【実際に入社して、働いてみた印象はいかがですか?】

アイデミーには、リモートワーク然り、Slack文化然り、業務を効率化するための環境が整っているので、すごくありがたいですね。自分が積極的に効率を追求すれば、その分上手く時間を使うことができそうです。

私は出産してから初めて働く会社がアイデミーだったので、その点では他と比較できないのですが、ママ友から聞いていた通り自分の時間がないので、今以上に業務を効率化していきたいと思っています。

ベンチャー企業なのでもっと混沌とした感じを想像していたんですが、テキストベースでナレッジが残っていることや、わからないことは誰に聞けばいいかなどが明確なので、とても仕事がしやすいです。

ーー会議やミーティングの時間設定についての配慮はありますか?

役員クラスの方も子育てに理解のある方が多いので、例えば夕方6時以降にミーティングがセッティングされていた時に「子どものお迎えがあるので出られません」と伝えると、家庭を優先させてくださるなど、配慮していただいています。

ーー欠席を認めてくれるのですか? それとも早めの時間に設定してくれるのでしょうか?

個人のミーティングであれば時間を調整してくれますし、大勢が集まる場合は「前半だけ聞いてくれればいいですよ」ということもあります。また、大勢であつまるようなMTGは基本的にZoom配信なので、後から録画した内容を確認することもできます。

ーーなるほど、ケースバイケースということですね。ただ、「リモートだから、多少遅い時間でも仕事できるかな?」という考え方にもなってしまいそうですが、ご自身ではどのようにメリハリをつけていますか?

今はまだ子どもが小さいので、夕方6時頃までには保育園へお迎えに行く必要があるため、そこで強制的に一度仕事を終わらせるようにしています。夜に子どもが寝静まってからまたちょっと仕事してしまうこともありますが、眠いのでやめています(笑)。たまにすごく遅い時間にSlackにいると、木之内さんやチームの方に「大丈夫?」と言われます。

ーー見てくださっている!そうやって気を配ってくださる方がいるのは心強いですね。

それは私だからというよりも、遅い時間には他の方にも同じように声をかけているのかもしれません。ありがたいです。

【アイデミーの特徴はどんなところだと思いますか?】

私が所属している事業本部は皆さんフラットで、良い意味で上下関係がきっちりしていないので意見交換も活発です。「上司がこう言ったから」と、ただそれに従うだけではなく「私はこう思います」と言えるような会社だなと。ベンチャー企業であるにしても、これはすごいなと思いましたね。

ーーSlackでは金沢さんが積極的に発信したり、わからないことを聞いたりしてる様子がわかります。意見を言いやすく、質問もしやすい関係があるからなのでしょうか。

そうですね。イヤな顔をする人も、情報の出し惜しみをするような方もいないですからね。特に、私が担当しているNEPは社内でも複数の部署が関わっている上に、社外の共催パートナーとのやりとりもあるので、なおさら社内で意識を統一するために頻繁にコミュニケーションをとるようにしています。

ーーNEPは、入社直後の金沢さんに担当者として白羽の矢が立ちました。

そもそもNEPは、私が入社した10月くらいからスタートしたプロジェクトでした。まだ誰も手をつけていない状態から取り組む方がすすめやすいんじゃないか、と考えてもらったのかなと思います。社内での経験年数がNEPに関してはクオリティに影響しない、といった判断があったのかもしれないですね。

ーー共催パートナーの方達とのやり取りはいかがですか?

以前ゲームメーカーにいた頃、共催パートナーの方々とイベントを開催したことがあったので、その時の感覚を思い出しながらやっています。

ーーなるほど、経験が生かされているのですね。

それでも、すごく緊張しました。それまで新聞やテレビでしか知らなかった経団連とのやり取りなど、普通のベンチャー企業であればなかなかできない経験ですので。

【入社から半年経ちました。大変だったのはどんな時でしたか?】

子どもが風邪をひいて保育園を休むことになった時ですね。今は夫もほぼ在宅勤務なので、お互いにどうしても外せないアポイントがある時は、交代で面倒を見て乗り越えますが、社内ミーティングは「出られません」と伝えて了承してもらいました。

ーーよかったですね。リモートワークだからといって、どんな状況でも仕事ができるというわけではないですもんね。

【新入社員のバディ制度は、どのように活用しましたか?】

私は入社から1か月間にわたって、ほぼ毎日1時間、バディの藤山さんに時間を取ってもらいました。藤山さんは本当に何でも知っているので、業務のことをメインに、メンバーの個性やコミュニケーションの取り方のコツなども教えてもらいました。

ーーSales&CSは、アイデミーの中では人数の多い部署ですよね。チームでやっている実感はありますか?

ありますね。仲が良く、比較的集うチームだと思います。もちろん普段はリモートですが、今のところコミュニケーション不足だと思うことはそれほどありません。例えば自分がメイン担当ではないセミナーなども、みなさんが積極的に手伝ってくれました。

▲PC台。少し角度がついて首が痛くなりにくいのでおすすめとのこと。

【今後はどんなことをやっていきたいですか?】

今は、相対してるお客様に知識レベルが追いついていないことを実感しているので、お客様を超えるくらいのDX/AIに関する知識を身につけたいですね。その上でお客様の課題を聞いて、それに対するソリューションを提供することが、今以上にできるようになりたいです。

ーーなるほど。そのためには具体的に何か考えていますか?

まずは私自身がさらにAidemy Businessで学習することです!あとは、経験による部分も大きいので、いろいろなお客様に接することですね。情報のアップデートが頻繁な領域だと思うので、それを自分でキャッチしていきたいです。

また、今後は要件定義などコンサルティング的な業務も、勉強してできるようになりたいですね。

ーー業務外も含めて、知識をアップデートするための勉強は必要ですよね。ただ、これは子育てしながら働いている人にとって最大の課題なのではないでしょうか。

まさにそれですよね。通常業務をいかに効率良くこなして時間を捻出するか。そして睡眠時間の確保との兼ね合いですね。

ーー通常業務の効率化に関して、意識していることはありますか?

まずはタスクを羅列して、優先順位を付けます。今日やるべきこと、今週中にやるべきこと、などの整理をします。GoogleスプレッドシートにあるToDoリストのフォーマットを使って、書き込んでは消し、書き込んでは順番を変え……これを繰り返しています。

あとは情報整理ですね。調べている時間が一番もったいないので、よく使う情報は自分の手元にまとめておいたり、メールはフォーマット化しておいたりしています。

【今後の働き方や目指すところなど、ご自身の展望を教えてください】

「先端技術を、経済実装する。」というアイデミーの理念は、いくらでも追求していけるテーマだと思うので、できればずっと関わっていきたいですね。

働き方としては、私自身がそうだったように「がっつり仕事したいけれど子育てとの両立に悩んでいる方々」のロールモデルになって、そんな方々が働きやすい会社にできたらいいなと思います。

【アイデミーに興味をお持ちの方へメッセージをお願いします!】

「先端技術を、経済実装する。」というテーマや、AI、最先端のテクノロジーに興味があり、学びたい意欲があれば、それを吸収できる土壌がアイデミーにはあると思います。

子育てと両立した働き方もできる会社だと思うので、ぜひ一度アイデミーを知る機会を持っていただきたいなと思います。

募集中の求人はこちら!
お客様と共にAI事業を推進する、toBコンサルティングセールスを募集!!

こちらもぜひご覧ください!
株式会社アイデミー

株式会社アイデミー's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings